高単価セールス

高単価セールスを成功させるために効果的なメソッド9選

高単価セールスを成功させるために効果的なメソッド9選
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、高単価商品やサービスのセールスを成功させるための具体的なメソッドを9つ紹介しています。

これらを意識することで、高額商品のセールスの成約率も改善されるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

高単価の商品は値段が高いだけあって簡単に売れるものではありません。

購入してもらうためには見込み客に対してセールスをして商品の魅力や価値を知ってもらう必要があります。

しかし、セールスを上手に出来る人はなかなかいません。

セールスをするものの思うように商品が売れないと感じている人は多いです。

また、高単価の商品を売るのが怖くてセールスは苦手という方もいるでしょう。

セールスの力をつけていきなりセールス上手になるのはなかなか難しいです。

ただし、セールスを成功させるために効果的なメソッドを押さえればセールスは苦手でも成果が出るようになります。

効果のあるメソッドを知っているのと知っていないのとではセールスのしやすさが大きく変わってくるでしょう。

そこで今回は覚えておくだけで変化が出る高単価セールスを成功させるために効果的なメソッドを9つご紹介します。

セールスをしてもなかなか商品が売れなくて困っている方や商品はあるけどお客様にセールスをする勇気が出ないという方はぜひ参考にしてくださいね。

高単価商品をセールスするときに効果的なメソッド9選

高単価商品をセールスしてお客様に買ってもらうにはいくつかコツがあります。

そこで高単価セールスをするなら知っておきたい効果的なメソッドを9つご紹介します。

1.セールスの時間をしっかりとる

安い商品は商品について簡単に説明するだけでも購入してもらえます。

しかし、高単価商品を販売するときにはそうはいきません。

お客様にとって高い買い物になるので、じっくり説明し、納得してもらう必要があります。

どれだけ時間をかけるべきかは商品の内容もよりますが、どんな商品で、どんなメリットがあって、どんな変化が期待できるのかということを徹底的に説明しなくてはいけません。

そのため、例えば高額のコンサルなどはセールスに1時間以上かけることもあります。

かなり時間はかかりますが、こうしてじっくり説明することでお客様の疑問や不安を解消し、さらに必要な商品だと理解してもらえて購入に繋がります。

そこでセールスをするときには時間を十分にとり、お客様に時間を長く空けてもらうよう、事前にお願いしておきましょう。

2.将来どうなりたいのかを聞き出す

高単価セールスをするときにはお客様に将来どうなりたいのかという理想像を聞き出しましょう。

理想像が分かればお客様の心を動かすセールスができるようになります。

例えば、起業コンサルタントの場合、お客様が「将来のためにも月30万は稼げるようになりたい」と言えば、「過去にコンサルをした〇〇さんはゼロから起業を始めて現在では月に35万稼いでいるんです」などと言えば説得力のあるセールスになりますよね。

そこでセールスをする中で自然にお客様の理想像や願望を聞き出しましょう。

3.実績を具体的に示す

高額商品を買うかどうか迷っているお客様は「高いお金を出して結果が出なかったらどうしよう」と不安になります。

そこで説得材料としてこれまでのビジネスの実績を具体的に紹介しましょう。

例えば、コンサルタントなら過去の受講生の名前と顔を出して、その人の感想を紹介したり、変化を数字を用いながら説明すると説得力があります。

感想を語る動画を用意したりしても良いでしょう。

こうして実際に結果が出た人がいると分かると「私もやってみたい!」という気持ちにさせることができ、セールスの成功率も上がります。

4.長期のメリットを強調する

高単価商品を勧めたとき、お客様が迷われる点はやはり金額です。

数十万、数百万する商品を買うのはやはりハードルが高く、簡単には首を縦には振れません。

この金額のハードルを超えるためには長期のメリットを強調することが大切です。

今、目の前のサービスだけに高額を支払うのは確かに気が引けます。

しかし、この商品を購入することで起業して毎月30万円稼げるようになったら、年に360万、10年続けば3600万稼げるようになります。

こうして長期的に見てどんなメリットがあるかを提示すればお客様は高い金額にも納得し、購入しようという気になれます。

5.感情的なメリットを提示する

月に○円稼げるようになる、エステをしてお肌が綺麗になるというのは目に見えるメリットです。

これはもちろんお客様にとって魅力的なメリットです。

高単価セールスをするならこうした目に見えるメリットだけでなく目に見えないメリットをアピールすることが契約いただくコツになります。

目に見えないメリットとはいわば感情的なメリットのことです。

  • 月に○円稼げるようになって経済的な余裕が出て安心することができる
  • 家で働くことで子供と一緒に過ごす時間ができて嬉しい
  • 綺麗になって自分に自信が持てる

といった感情的なメリットこそ、お客様の心を動かし、高単価商品を買おうという動機になります。

高単価セールスを成功させたいなら、自分の商品がお客様にどんな感情的なメリットをあげられるのか考えておきましょう。

6.相手(お客様)のことを考えながら説明する

高単価商品を売るとき、つい「この商品が売れれば売上が伸びる」と力が入ってしまいがちです。

しかし、セールスをするときには売りたいという気持ちでいるのはよくありません。

高単価商品を売るときにはその商品が相手のためになるから勧めているという気持ちを持っておきましょう。

自分本位ではなく、相手のことを本当に考えることが大切です。

相手のためになるからと思いながらセールスをするとお客様は売り込まれているように感じませんし、お客様に刺さるような言葉を自然と選べるようになり心を動かせるというメリットもあります。

7.保証制度をアピールする

お客様が高単価商品を買うときに恐れるのが高いお金を出して効果が出なかったらどうしようという点です。

数十万、数百万という大きなお金を出したにも関わらず見返りがないと悲しいですよね。

そんなお客様の不安を払拭するためにも保証制度をアピールしましょう。

「使ってみて納得できなければ全額返金します」、「○万円稼ぐまでずっとサポートします」など、保証があることが分かれば安心して高い買い物をすることができます。

そこでお客様が納得できるような保証制度を考えて用意しておきましょう。

8.「あなただから勧めている」としっかり伝えて臨場感を出す

高単価セールスをするとき、「〇〇さんなら成果が出せると思ったので勧めています」というように「あなただから」という特別感や臨場感を出してセールスをすると効果的です。

誰にでも勧めているわけではなく、きちんと相手を選んでいることが分かるとお客様は嬉しく感じて「じゃあやってみようかな・・・」と行動しようとします。

ただし、軽く言ってしまうと「売りたいからこんなうまいことを言っているんだ」と警戒されかねないので、「あなただけ」と思う理由をしっかり伝えて本当だと思ってもらう工夫が必要です。

9.購入に迷っていたら「どこで迷っていますか?」と聞く

最後のメソッドはお客様が購入するかどうか迷ったときに「どこで迷っていますか?」と一言尋ねることです。

高単価商品を前にするとどうしてもすぐに「買います!」とは言いづらく、迷ってしまう人はたくさんいます。

しかし、その商品を買えば理想の状態になれるのに色々と理由をつけて断ろうとしてしまうのはお客様にとってもよくありません。

そこで断られそうになったら「どこで迷っていますか?」と一言聞いて、お客様が抱えている不安材料を一つ一つ解消していけば、お客様のYESを引き出すことができます。

まとめ

高単価セールスを成功させるためには

  • セールスの時間をしっかりとる
  • 将来どうなりたいのかを聞き出す
  • 実績を具体的に示す
  • 長期のメリットを強調する
  • 感情的なメリットを提示する
  • 相手のことを考えながら説明する
  • 保証制度をアピールする
  • 「あなただから勧めている」と伝えて特別感を出す
  • 購入に迷っていたら「どこで迷っていますか?」と聞く

の9つのメソッドを使うと効果的です。

今はセールスが苦手でもこうしたコツを押さえて練習すれば必ずいつか上手に高単価商品を販売できるようになりますよ。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい