起業

【初心者必見】フリーランスが仕事を獲得できる案件サイト10選

【初心者必見】フリーランスが仕事を獲得できる案件サイト10選
売上コミット
コンサルタント
とみたつづみ

フリーランスになりたての頃はどうやって仕事を見つけたら良いか分からず、困ってしまう方も多いと思います。

今回はフリーランスが仕事を見つけられる案件サイトをまとめていくので、フリーランス初心者の方はぜひ参考にしてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

フリーランスは自分で案件を見つけて仕事をこなすことで稼いでいかなくてはいけません。

仕事を探す方法は色々あり、そのうちの1つが案件サイトを使うことです。

案件サイトでは業務を外注したい個人や企業が仕事を募集しており、応募して、採用されれば仕事を獲得することができます。

フリーランス向けの案件サイトは色々な種類があるので、

  • どのサイトを選べばいいのか
  • 未経験でも採用されるのか

と分からないことや不安がある方もいるのではないでしょうか?

そこで、今回はフリーランスの方が自分に合ったサイトを選べるよう、様々な案件サイトについて、簡単な特徴やメリット・デメリットなどを解説していきます。

WEBライター、WEBデザイナー、エンジニアなどあらゆる職種のフリーランスの方におすすめです。

案件サイトを活用して安定した収入を得る方法もご紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

この記事に書かれている内容は2021年7月現在のものです。

目次
  1. フリーランス向け案件サイトの種類2つ 
  2. クラウドソーシング型フリーランス向け案件サイト4選 
  3. エージェント型フリーランス向け案件サイト6選 
  4. フリーランスなら一般の求人サイトを使うという方法も
  5. フリーランスが案件サイトを使って安定して収入を得る方法4つ 
  6. まとめ 

フリーランス向け案件サイトの種類2つ 

案件サイトには主に2つの種類があります。

まずはこの2つの違いや特徴についてご紹介します。

クラウドソーシング型案件サイト

仕事を外注したい個人や企業と仕事を探しているフリーランスが直接マッチングできるサイトです。

様々な仕事が募集されており、応募して採用されれば仕事を獲得することができます。

直接担当者とやりとりができるので、納期や報酬の交渉も可能です。

また、自分のプロフィールに経歴やスキルを書いておけば、企業側からスカウトが来ることもあります。

未経験OKの募集もあり、初心者の方でも仕事を獲得するチャンスがありますよ。

エージェント型案件サイト

クライアントと直接マッチングできるクラウドソーシング系求人サイトとは異なり、専属エージェントが間に入って、案件探しや条件の交渉などを代わりにしてもらえます。

フリーランス初心者は報酬の相場がどれくらいなのか分からない、交渉に苦手意識があるといった様々な不安を抱えている人も多いと思いますが、そういったこともエージェントに任せれば心配ありません。

本業があり、案件探しにあまり時間を割けないという方にもぴったりです。

クラウドソーシング型フリーランス向け案件サイト4選 

まずはクライアントと直接マッチングできるクラウドソーシング系の案件サイトをご紹介します。

メリット・デメリットもまとめたので、ご自身に合いそうなものを探してみましょう。

クラウドワークス

ユーザー数は400万人超え、利用企業は72万社、仕事発注数は570万件と実績のある案件サイトです。

求人サイト選びに失敗したくない、たくさんの人が利用しているサイトを使いたいという方にはぴったりです。

クラウドワークスのメリット

  • 200種類以上の幅広いカテゴリーの案件がある
  • 未経験でも応募できる案件が多数
  • アプリがあるため、本業の合間に仕事探しができる

クラウドワークスのデメリット

  • 好条件の案件は競争が激しく採用されないことも
  • 報酬の5〜20%の手数料を支払わなければいけない
  • 外部に誘導しようとする悪質なユーザーも稀にいる

公式サイトはこちら

ランサーズ

250種類以上の職種のカテゴリーがあり、案件は常に約210万件とこちらも豊富な実績のある案件サイトです。

仕事に応募するだけでなく、自分でサービスを出品して案件を獲得することもできます。

ランサーズのメリット

  • 24時間365日体制でサポートしているので初心者でも安心
  • おすすめ案件を自動で紹介してもらえる
  • サービスを出品することで主体的に活動できる

ランサーズのデメリット

  • 好条件の仕事を獲得するにはスキルが必要なことが多い
  • 相場よりかなり低い単価の案件もある

公式サイトはこちら

ココナラ

自分が持っているスキルを使ったサービスを出品し、クライアントに購入してもらうことで案件を獲得できます。

クラウドワークスやランサーズはフリーランスが仕事を探しますが、ココナラではクライアント側がスキルを持っているフリーランスを探します。

受け身ではなく、主体的に活動したいという人にぴったりです。

ココナラのメリット

  • 価格や条件を自分で決めることができる
  • 好きなジャンルでサービスを作れる
  • テキスト、ビデオチャット、電話などあらゆるコンテンツが使える

ココナラのデメリット

  • サービスが売れると手数料と手数料に対する消費税を支払わなくてはいけない
  • 購入者からの連絡がやりとりの途中で途絶えてしまうことがある
  • 自分をアピールする力がなければ案件を獲得するのが難しい

公式サイトはこちら

クラウディア

会員数100万人以上の求人サイトで、ライティング、WEBデザイン、データ入力など様々な案件があります。

クラウディアのメリット

  • 手数料が3〜15%と他の案件サイトよりも低め
  • 非公開の高単価オファーがある
  • 時給方式の案件がある

クラウディアのデメリット

  • 他のサイトに比べると案件数が少ない
  • サイト外でのやりとりが可能なのでトラブルに巻き込まれるリスクがある

公式サイトはこちら

エージェント型フリーランス向け案件サイト6選 

続いて、エージェント型の案件サイトをご紹介します。

エージェント型はデザイナーやエンジニアなどIT関連の職種の方に向けたサービスが多いです。

レバテック 

登録者数20万人で、ITエンジニア・クリエイター専門エージェントとして15年の実績があります。

年3000回もの企業訪問を行い、会社について詳しく調査しているため、就職した後の「想像していたのと違った・・・」というミスマッチを防ぐことができます。

レバテックのメリット

  • 60%のユーザーの年収が平均50万円アップしている
  • 常時5000件以上の案件がある
  • 単発ではなく3〜6ヶ月の長期契約も結べる

レバテックのデメリット

  • 企業に常駐する案件が多いので、在宅で働きたい人には合わない
  • 週5勤務の募集が多く、副業として働きたい人には向かない

公式サイトはこちら

クラウドテック

クラウドソーシング系の案件サイトとしてご紹介したクラウドワークスを母体にしているサービスです。

エンジニア、デザイン、ライティングといったジャンルの募集があります。

専任のキャリアアドバイザーがつくので、初めてフリーランスとして活動する方でも安心です。

クラウドテックのメリット

  • リモートワークの案件もあるので在宅勤務が可能
  • 週4、週3勤務の募集もある
  • 企業からの評価が良ければ契約金額の1%を上乗せして報酬が支払われる

クラウドテックのデメリット

  • 週5でしっかり働きたい人には向かない
  • ライティングや翻訳も扱っているが、案件は少ない

公式サイトはこちら

ワークシップ

エンジニアやデザイナーに限らず、ライター、広報、人事などの募集もあります。

在宅勤務や土日のみなど様々な募集があるので、理想の働き方を実現することができます。

ワークシップのメリット

  • 週1〜3勤務の案件もあり
  • 案件成約時に1万円のお祝い金がもらえる
  • 一部の案件は自分で直接応募することも可能

ワークシップのデメリット

  • 大手求人サイトに比べると案件数が少ない
  • 都市部以外の案件が少ない

公式サイトはこちら

ITプロパートナーズ

利用企業数は2000社以上と、多くの企業から信頼されている案件サイトです。

職種はエンジニア、デザイナー、マーケター、プロデューサー、広報の5つです。

ITプロパートナーズのメリット

  • 週2、3勤務の案件が他の求人サイトに比べて多い
  • クライアントと直接契約しているので高単価案件が多い
  • スタートアップやベンチャー企業からの募集もある

ITプロパートナーズのデメリット

  • 未経験では高単価案件を紹介してもらいにくい
  • 都市部の案件が多い

公式サイトはこちら

ギークスジョブ

2020年度の契約数は12000件と実績のある会社です。

フリーランス初心者向けのセミナーが定期的に開催されているので、いきなりサイトに登録するのは不安という方はぜひそちらを利用してみましょう。

ギークスジョブのメリット

  • 市場価値診断を通して自分の価値を知れる
  • 20年以上ITフリーランスを支援してきた実績がある
  • 契約後、請求書などの書類の作成や発送を代行してもらえる

ギークスジョブのデメリット

  • 東京、大阪、名古屋、福岡の案件が中心
  • 常駐の案件が多い

公式サイトはこちら

ミッドワークス

フリーランスエンジニア・デザイナー専門のエージェント系サービスです。

大手企業から中小企業まで様々な案件が用意されています。

ミッドワークスのメリット

  • 正社員並みの保障つき
  • 福利厚生サービスを受けられる
  • 非公開案件も豊富

ミッドワークスのデメリット

  • 東京と大阪の案件が中心
  • 週5勤務の募集が多く、副業で働きたい人は仕事を見つけにくい

公式サイトはこちら

フリーランスなら一般の求人サイトを使うという方法も

クラウドソーシングサービス型とエージェント型の案件サイトをご紹介しましたが、フリーランスが仕事を探すときには一般の求人サイトを使うという方法もあります。

転職先やアルバイトを探すときに使うような求人サイトでも業務委託できる人材を探している企業はあり、フリーランスが仕事を獲得するチャンスがあります。

ご自身の職種や地域で検索して良い案件がないか調べてみましょう。

フリーランスが案件サイトを使って安定して収入を得る方法4つ 

案件サイトに登録すれば必ず収入が入るわけではありません。

フリーランスが稼いでいくためには計画的に案件サイトを利用する必要があります。

そこで、最後に案件サイトを使って安定した収入を得るために覚えておくべきことをまとめました。

複数のクライアントと契約する

案件サイトを使うなら複数のクライアントから仕事をもらうのがおすすめです。

なぜなら、一社だけに絞っていると、その会社が倒産したり、いきなり連絡が途絶えてしまったりすれば収入が止まってしまうからです。

一方で、複数のクランアントと契約していれば、一社との仕事が終わっても収入が途絶えることはありません。

フリーランスは常に複数の収入源を持つことを意識しましょう。

複数の案件サイトに登録する

フリーランス向けの案件サイトは1つだけではなく、複数登録することもできます。

いくつかのサイトを並行して使えば、より多くのクライアントに出会えますし、自分に合ったサイトも見つかります。

特に、フリーランス初心者で仕事が少ないうちは色々な求人サイトを使ってみましょう。

単価が低すぎる案件は受けない

案件サイトを見ると、相場よりもかなり低い報酬が設定されている依頼もあります。

このような単価の低い依頼は採用こそ決まりやすいものの、時間をかけて取り組んでもまとまった収入になりません。

そこで、求人サイトで仕事を探すときは相場以上の報酬の案件を狙うようにしましょう。

ただし、未経験の方にはこうした案件を受ければ実績が増えるというメリットがあります。

リピートしてもらうことを目指す

フリーランスはクライアントにリピートしてもらうことを目指しましょう。

リピーターになってもらえれば安定して収入が入るというメリットがあるのはもちろんのこと、案件が終わるたびに新しい募集を探す手間を省くことができます。

リピートしてもらうためには、クライアントからのメッセージにはすぐに返信する、サービスの質を上げる、締め切りは必ず守るといったことを意識しましょう。

まとめ 

フリーランスが仕事を見つけられる案件サイトにはクラウドソーシング型とエージェント型の2種類があります。

クラウドソーシング型は幅広い職種の募集があり、一方で、エージェント型はエンジニアやデザイナーなどIT関連の仕事に特化しているものが多いです。

ご自身に合った案件サイトを利用し、フリーランスでも安定して稼げるようになりましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい