起業

【起業準備】自宅サロンを開業するときに必要な準備15選

【起業準備】自宅サロンを開業するときに必要な準備15選
売上コミット
コンサルタント
とみたつづみ

自分のサロンを持つって何だか憧れますよね。

お客様に喜んでいただけて、売上が上がるサロンにするためには色々な準備が必要です。

今回は自宅サロンを開業する人がすべき準備をたくさんご紹介します。

いつかサロンを開いてみたいと思っている方は必見ですよ。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

美容を仕事にできることから、自宅サロンを開く女性が増えてきています。

お店を持つことに憧れがあり、自分もいつかサロンをやってみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

個人でサロンを開くには色々な準備が必要です。

お客様をお迎えして、施術をし、お金をいただく場所だからこそ、自宅で開くとはいえ、きちんとしたお店にしなくてはいけません。

例えば、お客様が安心して過ごせるような環境を整えることが大事ですし、自宅が賃貸なら大家さんや近隣の方の理解も得なくてはいけません。

また、たくさんのお客様にご来店いただくために集客に力を入れることも欠かせません。

私も過去にサロンを経営していたことがありますが、オープンして2ヶ月はずっと赤字でいきなり閉店のピンチに陥ったことがあります。

3ヶ月目でやっと月商100万円を達成し、赤字から抜け出すことができましたが、十分に準備ができていなければこんな苦しい事態になることもあるんです。

そこで、今回は自宅サロンを開業するときに必要な準備をご紹介していきます。

自宅でサロンを開きたい、具体的にどんな開業準備をすれば良いのか分からないという方はぜひ参考にしてくださいね。

自宅サロンの開業に必要な下準備4選 

サロンの開業準備に本格的に入る前にしなくてはいけないことがいくつかあります。

ここをおろそかにしてしまうと、サロンをオープンしたときにトラブルになる可能性もあります。

これからご紹介していくので、まずはここから取り掛かりましょう。

サロンの業種を決める

サロンといっても色々な業種があります。

例えば、エステサロン、ネイルサロン、アロマサロンなどがありますよね。

業種が違えばすべき準備の内容も変わってくるので、まずはどんな業種のサロンを開業するのかを決めましょう。

開業に必要な技術を身につける

自宅サロンを開業するなら技術を身につけることが欠かせません。

なぜなら、十分な技術がなければ、お客様が求める変化を出すことができず、満足いただけないからです。

これまでサロンで働いたことがあり、既に技術が身についている人以外は、開業準備を始める前に必要な知識や技術を身につけましょう。

個人でサロンを開業したい人向けのスクールや講座があるので、こういったものを活用すると便利ですよ。

家族からの理解を得る

自宅サロンを始めるなら必ず事前に家族の理解を得ましょう。

なぜなら、自宅の一部をサロン用に使うことになり、さらに、家族以外の人を頻繁に家に入れることになるからです。

それに対して難色を示す家族もいるかもしれません。

家族の不満を押し切って開業すれば後にトラブルになる可能性もあります。

もし、反対意見があったり、疑問があったりするようなら、しっかり相手の話を聞いた上で、自分の考えを説明しましょう。

話し合いは大変かもしれませんが、家族に応援されながらサロンを経営するためにも根気強く説得しましょう。

自宅が営業目的で使えるかを確認する

家が一軒家ではなく、賃貸の場合は営業目的で部屋を使えるのかを確認しましょう。

ここがクリアできなければ、どれだけ技術があっても、家族に理解してもらえても、自宅でサロンを開くことはできません。

もし、確認せずにオープンするとオーナーとトラブルになりかねないので、必ず契約書を見たり、管理会社やオーナーに直接聞いたりして確認しましょう。

営業目的で使うことができない場合は、自宅以外でスペースを借りてサロンを開くことになります。

自宅サロンの開業に必要な準備11選 

最低限の準備ができたら本格的に開業に向けて動き出しましょう。

自信を持ってお客様をお迎えできるようにするためにも、これから紹介する準備を忘れずにしてくださいね。

サロンのターゲットを決める

個人サロンに限らず、お店を開くならターゲットを決めることが欠かせません。

どんな人に来て欲しいかを具体的に決め、それを念頭に置いた上で準備をすることで、狙ったターゲットがたくさん来てくれるサロンになります。

具体的なターゲット設定の方法はこちらの記事で解説していますよ。

開業に必要な資金を把握する

お店を開くときに必ず確認すべきなのが開業資金です。

開業資金とはお店を始めるために必要なお金のこと。

サロンの場合は、ベッド代、道具代、化粧品代などが必要ですね。

自宅サロンはテナント料がかからないので普通のサロンに比べると開業資金は安く済むと思いますが、それでもある程度のお金を用意しなくてはいけません。

必要な額が分かったら、そのお金を準備しましょう。

サロンの売上目標を決める

自宅サロンを経営するなら売上目標を決めましょう。

売上目標は「これくらい収入があればいいな」という理想だけで決めるのではなく、1回の施術にかかる費用や、サロンの経営にかかる固定費などを考慮した上で決めましょう。

こちらの記事で売上目標の立て方を詳しく解説しているので、ぜひ読みながら目標を設定してみましょう!

メニューや価格を決める

売上目標が決まったらサロンのメニューやその価格を決めましょう。

価格を決めるときは一人でも多くのお客様に選ばれるために安くしようとする方が多いですが、それではまとまった売上を達成することが非常に難しくなってしまいます。

価値が高いサービスなら価格が高くても納得してもらえるので、自信を持ってお客様に与えられる価値に見合った値段をつけましょう。

具体的な価格のつけ方はこちらの記事で解説していますよ。

住民からの理解を得る

賃貸で自宅サロンを開くときはオーナーだけでなく近隣の住民からの理解を得る必要があります。

なぜなら、毎日のように見たことがない人があなたの家に入るのを見ると不審に思うからです。

そこで、オープン前に近所の方に挨拶に回ったり、普段からご近所との関係を良くしたりしておいて、理解を得られるようにしましょう。

損害保険に入る

施術中にお客様を怪我させたり、事故が起きたりしたときに責任を取れるよう、損害保険に加入しておきましょう。

もし、保険に入っていなければ損害賠償を全て自己負担で払わなければいけなくなります。

月々数千円ほどの少ない負担の保険もあるので、開業したてでまだ売上が安定していないときでも入りやすいです。

保険を決めるときは複数の会社から見積もりを取り、補償内容やサポートなどあらゆる面を比較した上で総合的に良いところを選びましょう。

集客動線を構築する

せっかく始めたサロンを長く続けるためには絶えずお客様にご来店いただくことが欠かせません。そのためには、集客に力を入れましょう。

詳しい集客の方法はこちらの記事で解説していますよ。

カウンセリングの練習をする

お客様からの信頼を獲得し、リピーターを増やすためにはカウンセリングに力を入れましょう。

なぜなら、サロンのお客様は何かしらの悩みを抱えているからです。

例えば、「人前で肌を見せることに抵抗がある」、「産後の体型が戻らない」など人によって様々です。

そんなお客様の悩みをカウンセリングによって引き出し、あなたのサロンで解決できることを伝えれば、お客様は何度も通ってくれるでしょう。

こちらでサロン経営者のカウンセリングの方法をまとめているので、ぜひ読んでくださいね。

サロンの内装を仕上げる

自宅サロンに必要な道具や設備が揃ったら内装を仕上げましょう。

サロンはお客様にとっては特別な空間なので、心地よくて長く居たくなるような空間を目指しましょう。

見映えの良い内装ならSNSやブログで発信したときに見ている人の心をつかむことができるでしょう。特に、画像が投稿のメインになっているインスタで発信すると効果的です。

お店の詳細を決める

オープンの日が近づいてきたら店名や営業時間などお店の詳細を決めましょう。

決まったらブログやSNSに記載し、あなたの個人サロンに興味を持った人が詳細を調べられるようにしましょう。

また、サロンのアクセスについても決めておく必要があります。

自転車や車でも来れるようにしたいなら、スペースを借りられるかオーナーさんに交渉したり、一軒家なら近所の駐車場と提携したりといった準備が必要です。

オープンの告知をする

オープン直前になったら、チラシを配ったり、ブログやSNSで発信したりして告知をしましょう。

オープン記念でキャンペーンをやると集客につながりやすいです。

最初からたくさんのお客様に来ていただける自宅サロンになるよう、初日に向けてしっかり仕掛けておきましょう。

サロン経営で結果を出している人にやり方を教えてもらう方法も 

自宅サロンの開業に必要な準備を知ってどうでしたか?

これを全て自分でやるのは大変そうだと感じた方もいるのではないでしょうか。

そんな方にはサロン経営で既に結果を出している人にやり方を教えてもらうのがおすすめです。

既にサロンを成功させている人に手取り足取り教えてもらえれば何をしたら良いか分かるだけでなく、結果を出せるやり方を教えてもらえるので、自宅サロンの経営が早くから軌道に乗ります。

ある自宅サロンのオーナーさんは自己流でサロンを始めたところ、最高月商2万円と売上が上がらない日々が続いていました。

そんなときに私のことを知り、売上を上げたいと相談に来られました。

そこで、私がサロン経営していた頃のノウハウをお伝えしたところ、連続で月商100万円を達成できるサロンへと成長を遂げました。

経営ノウハウを知っているのと知らないのではこんなに差が出るんです。

もし、早くから自宅サロンを成功させたいなら、既に結果を出している人にサポートしてもらうことも考えてみてください。

まとめ 

自宅でサロンを開業するとき、やらなければいけないことが山ほどあります。

準備するのは大変ですが、たくさんのお客様に喜んでいただけるサロンにするためには欠かせないことなので、一つ一つこなしていくしかありません。

コツコツ準備をして、素敵な自宅サロンをオープンさせましょう!

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい