マーケティング

【決定版】エステサロンをオンライン化する方法|施術しなくてもサービスが売れる理由とは?

【決定版】エステサロンをオンライン化する方法|施術しなくてもサービスが売れる理由とは?
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

こ記事では、エステサロンをオンライン化するための具体的な方法や手順を紹介しています。

このような時代だからこそ、店舗だけの経営ではなく、オンラインでもサービスを提供できる仕組みを作ることが大切です。

そのための事例や方法を解説していますので、これから、オンライン化を検討されている方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

最近、エステサロンをオンライン化したいという相談が増えています。

「もっと売上を上げたい」

「コロナによって売上が下がってしまったので何とかしたい」

などその理由は様々です。

エステサロンはお客様に店舗に来ていただいて施術を受けてもらうことが前提ですから、オンライン化なんてできないと思う人は少なくありません。

しかし、非対面でもエステで売上を作ることは出来ますし、オンラインエステで成果を出している人はたくさんいます。

さらにオンラインエステには実店舗での施術にはないメリットもあるので、エステサロンをオンライン化するのはとてもおすすめです。

しかし、今まで施術をするだけだっただけにどうすればオンラインでサービスが売れるのかわからないという方も多いと思います。

オンライン化は方法さえ知っていれば出来ますし、もちろん売上を出すことだって可能です。

そこで今回はエステサロンをオンライン化する方法やその具体例、さらに成功させるためのポイントをご紹介していきます。

コロナで売上が下がってしまった方、もっとサロンの売上をアップしたい方は必見ですよ。

目次
  1. エステサロンをオンライン化するメリット4つ
    非常時でも収入が途絶えない方法
  2. セルフケアの方法(ノウハウ)を教える。
    エステサロンをオンライン化する方法3つ 
  3. エステサロンのオンライン化の具体例2つ 
  4. エステサロンのオンライン化を成功させるために必要なこと3つ 
  5. 「やりたい!」と思われるサービスを作る。エステサロンのオンラインビジネスモデルを作るポイント3つ 
  6. ターゲットに合ったSNSやツールを使おう。
    エステサロンのオンライン集客で使えるSNSツール3つ 
  7. オンラインでセールスを成功させるポイント3つ
  8. まとめ 

エステサロンをオンライン化するメリット4つ
非常時でも収入が途絶えない方法

オンライン化は大変そうだし、お客様に直接施術をして喜んでもらうことが好きだから実店舗だけでサロンをしたいという方もいるかもしれません。

しかし、オンライン化すれば大きなメリットを得ることが出来ますから、エステをしている方ならぜひオンライン化について考えて欲しいです。

そこでまず初めにエステサロンをオンライン化するメリットをまとめていきましょう。

1.オンライン化することで収入源が増える

まず1つ目のメリットは収入源が増えることです。

エステサロンの収入源といえば対面での施術と化粧品などの物販だと思います。

その上でオンラインでもサービスを提供し始めれば新しい収入源ができるため、当然売上もアップします。

確かにオンラインでサロンのビジネスをするためには準備が必要で、大変に感じることもあると思いますが、その準備も惜しくないほどの嬉しい結果が返ってきますよ。

2.コロナ禍でもビジネスができる

新型コロナウイルスの流行により、エステに限らず様々な実店舗ビジネスが打撃を受けました。

売上も利益も出ていて順調に経営できていたにも関わらずコロナのせいで売上が大きく下がったというお店も多いでしょう。

一方でオンラインのビジネスはお客様と実際に会ってサービスを提供しないため、コロナによる影響はあまり受けません。

むしろ、コロナによって売上を伸ばしたビジネスもあるほどです。

エステサロンをオンライン化すればコロナ禍でもお客様にサービスを届けられ、仕組みさえ作っておけば、万が一将来別のパンデミックが起こってもピンチにならずに済みます。

3.災害など予測困難の非常時でも収入が入る

エステサロンに打撃を与えるものは病気の流行だけではありません。

災害もまた売上を大きく下げる要因になります。

特に日本は災害が多い国ですから、ビジネスをするなら災害が起こったときの対策も考えておくべきだと言えます。

オンラインビジネスは例えば地震で店舗が運営できない状況になっても、ネットが繋がる環境さえあればサービスを届けられます。

オンライン化は非常事態でも収入を確保できるという強いメリットがあります。

4.日本だけじゃなく、世界中のお客様にサービスを提供することも可能

店舗型のビジネスをしているとターゲットとなるお客様はお店の近くに住んでいる人に限られますよね。

一方でオンラインビジネスではお店のように商圏が限られず、世界中の人にサービスを提供できます。

つまり、ターゲットが一気に増えて、その分お客様の数を大きく増やすチャンスになります。

オンライン化はあなたのサービスをもっと多くの人に体験してもらう機会になるのです。

セルフケアの方法(ノウハウ)を教える。
エステサロンをオンライン化する方法3つ 

エステサロンをオンライン化する方法は大きく分けて3つあります。

どの方法も実際に売上を出している人がいて再現性のあるものなので、ぜひオンライン化するときの参考にしてくださいね。

1.効果的なセルフケアの方法を教える

エステサロンをオンライン化する方法の1つはセルフケアの方法を教えることです。

非対面でのエステは実際にお客様に施術をすることはできませんが、マッサージの方法を教えることで自分でケアし、綺麗になってもらうことは出来ます。

Zoomなどのオンライン会議ツールを使えばお客様の顔を見ながら、自分で実際にやってみせることでセルフケアの方法を教えることができます。

教えるのに時間がかかる場合は2日間に分けて教えるなど工夫しましょう。

この方法なら

「コロナが怖いからお店に行くのは気が引ける、でも綺麗になりたい」

というお客様の願いを叶えられますし、単純にお客様にとってはエステに通うより安く済む、お店に行く手間がかからないといったメリットもあります。

2.エステサロンの協会を作る

エステサロンのオンライン化にはエステの協会を作るという方法もあります。

協会とは講座を開き、それを受講した人に独自の資格を発行し、資格を持った会員を増やしていくというビジネスモデルです。

エステに限らずフラワーアレンジメントやヨガなど資格が取れる講座がよく開講されていますよね。

エステの協会はそのエステ版で、エステのやり方を教える先生を養成します。

特に今はオンラインでできるビジネスのニーズがとても高いので、オンラインでも対面でも出来るエステの方法を教えれば受講生をしっかり集められるはずです。

エステはサービスの単価が高いため、養成講座は20万円など高い値段で設定することができます。

セルフケアの方法を教えるだけなら単価は数千円、高くて数万円くらいでしょうから、売上が全然違うことが分かりますよね。

エステサロンをオンライン化するなら協会ビジネスを始めることで売上をバッチリ確保できますよ。

3.オンラインで物販をする

サービスを提供する他にオンラインで物販をするという方法もあります。

最近は簡単にオリジナルのネットショップを作れるサービスがあります。

またネットショップを作らなくてもインスタなどSNSのDMで注文を受け付けることでも物販が出来ます。

店舗だけで販売していれば買ってくれるのはサロンに来たお客様だけですが、ネットで販売すれば日本中のお客様に商品を提供することができます。

日本でコロナが広がる前にオンラインで物販をする仕組みを整えていたサロンオーナーの方はコロナの影響で施術のキャンセルは出たものの、逆に物販が伸びて売上が落ちなかったそうです。

このようにネットでも商品を売れば売上が伸びるのはもちろん、非常時でも収入を生み出してくれます。

エステサロンのオンライン化の具体例2つ 

エステのオンライン化について具体的な例を知りたいという方も居ると思います。そこで実際にオンラインエステで結果を出した2つの具体例をご紹介します。

1.エステの協会 

あるエステサロンのオーナーの方は小顔マッサージの方法を2日間に渡ってZoomで教える教室をしており、さらにその教室を開く先生を養成する協会も立ち上げました。

マッサージ教室を開く資格を取得するための講座の受講費は20万円ほどです。

さらにもう一段階上の資格として先生の養成講座を開ける資格も用意しており、そちらはプラス10万円で取得することができます。

2.インスタグラムを使った物販

サロンのインスタで施術の予約を受け付けたり、物販をすることで100万円の売上を達成したという例もあります。

物販では数千円、数万円する化粧水や10万円以上する美顔器などを販売しており、DMから注文を受けています。

単価が高いものはネットでは簡単に購入しないのではと思う方も少なくありませんが、いつもサロンを利用している人やあなたのファンになった人なら喜んで購入してくれます。

インスタは写真が投稿のメインになるので美容系のビジネスとの相性は良く、サロンをしているならぜひ活用したいSNSの1つです。

エステサロンのオンライン化を成功させるために必要なこと3つ 

オンラインエステは実店舗とは大きく環境が異なるため、ビジネスのやり方もオンラインに合わせて変えなくてはいけません。

オンライン化はただネットでサービスを提供すれば良いという訳ではなく、売れるための仕組みを作らなければ結果は出せません。

そこでエステサロンのオンライン化を成功させるためにすべきことを3つご紹介していきます。

1.ビジネスモデルをしっかり作る

商品が売れるかどうかはビジネスモデルがしっかり作れているかで大きく左右されます。

オンラインでのサービスを用意してもお客様が「やりたい!」と感じるものでなければ当然売れません。

逆にお客様のニーズに合っているものならどんどん売れていきます。

そこでオンラインエステをするなら売れるサービスを作ることを意識しましょう。

2.オンラインでの集客導線を作る

ネット上でサービスを提供するということは当然集客もネット上で行わなくてはいけなくなります。

つまり、サロンに来ていただくためにしていた集客とは違った方法をしなくてはいけません。

もしこれまでの集客と同じようにしていたらせっかく良いサービスを用意できていてもお客様は集まりません。

そこでお店やサービスの認知を広げ、サービスを受けたいと思うお客様を増やす集客導線を作りましょう。

3.オンラインでも売れるセールス方法を身につける

サロンで高額なコースをおすすめするときにはお客様に直接セールスをしていますよね。

一方でオンラインでビジネスをする場合はお客様とは実際に合わずにセールスをすることになります。

直接合わずに高額商品を買ってもらえるのかと疑問に思う方も居るかもしれませんが、正しい方法でセールスをすれば例え高額商品でもすんなり売れてしまいます。

実際に私もオンラインで高単価商品を販売していますが、最高で月商1200万円達成したこともあるんですよ。

そこでオンラインエステをするならオンラインでも売れるようにセールスの方法を身につけておきましょう。

「やりたい!」と思われるサービスを作る。エステサロンのオンラインビジネスモデルを作るポイント3つ 

エステサロンは元々実店舗でサービスを提供していたからこそ、オンラインのサービスはどういう風に設計すれば良いのか分からないという方も多いと思います。

そこで、エステのオンラインビジネスモデルを作るときのポイントをまとめました。

1.お客様ファーストのビジネスにする

エステに限らずどんな業種でもビジネスをするなら絶対に持っておいて欲しいマインドセットがあります。

それが「お客様ファースト」です。

これはお客様のことを第一に考えるということです。

ビジネスモデルを作るときにもお客様ファーストのマインドは重要です。

例えば一般の協会では、講座を提供するだけで会員へのアフターケアは何もなかったり、年間の更新料が高く設定されていることで協会だけが得をして会員は資格を取ってもあまりメリットがないということも多いです。

一方で協会の先生が資格を生かせるように講座では技術や知識だけでなく集客の方法も教えたり、年間更新料は取らずに講座を開くときのコンテンツ使用料だけをいただくような仕組みにしておけば協会も会員の先生もどちらも嬉しいですよね。

このようにオンラインでのビジネスモデルを作るときには自分もやりたいと思えるようなものを作ると多くの人に利用してもらえますよ。

2.動画コンテンツを作る

協会の資格は指定の講座を受けて必要な知識や技能を身につけることで取得できます。

講座は毎回Zoomを使って1対1で教えることももちろんできます。

しかし、この方法では毎回自分の時間が奪われてしまいます。

そこでおすすめしたいのが動画コンテンツを作ることです。

講座で教える内容を動画に撮って編集して動画コンテンツにすれば自分の時間を使わなくても受講生に知識や技術を伝えられますし、受講生にとっても何度でも見返せるというメリットがあります。

動画の編集作業は自分でも出来ますが、編集のプロにお願いすれば早く、そしてクオリティの高いものを仕上げてもらえます。

もちろん費用はかかりますが、外注することで時間を節約できて良いコンテンツが仕上がることを考えれば決して惜しくない出費ですよ。

3.オンライン化に成功している人に教えてもらう

エステサロンのオンライン化をするならぜひ既にオンライン化に成功している人にやり方を教えてもらいましょう。

成功する方法を知っている人に教えてもらうことによってきちんと売上が出るビジネスを立ち上げることができますし、結果が出るスピードも速くなります。

ただし、成功している人と言ってもその人だけが成功しているだけではダメで、その人だから成功できた方法ではなく、他の人でも成果が出せるような再現性のあることを教えてくれる人に教えてもらいましょう。

ターゲットに合ったSNSやツールを使おう。
エステサロンのオンライン集客で使えるSNSツール3つ 

オンラインでサービスを提供するならオンラインで集客をしなくてはいけません。

集客ができるツールは色々ありますが、その中からターゲットが使っているツールを見極めて使うことが大切です。

エステサロンのネット集客に使えるツールを3つご紹介していきましょう。

1.インスタグラム

インスタはサロンとの相性が抜群のSNSです。

まず、インスタの利用者は女性が多いため、サロンのターゲットにアプローチしやすいです。

また、投稿では必ず写真を使用するため、内装や施術の様子、さらにお客様のビフォーアフターの写真を載せることによってサロンの魅力をアピールできます。

インスタにはTwitterのリツイートやFacebookのシェアのように投稿を拡散する仕掛けがないので、多くの人に投稿を見つけてもらえるように

「#エステサロン」、「#美肌」

といったターゲットが検索しそうなワードでハッシュタグをつけておくのがポイントです。

2.アメブロ

アメブロはAmebaが提供するブログサービスで、芸能人で使っている人も多いため、知っている方も多いと思います。

ユーザーは女性が多く、さらに主婦世代に特に使われているため、サロンの集客にはぴったりです。

SNSは過去の投稿が見にくいというデメリットがありますが、アメブロなら過去の投稿も記事一覧やブログ内の検索機能で簡単に見つけられるのでサロンのことを詳しく知ってもらえます。

出来れば毎日更新し、ファンを増やしましょう。

3.LINE

皆さんが普段使っているLINEはビジネスにも活用できます。

LINEには普通の個人アカウントの他にビジネスアカウントというものがあります。

以前はLINE@(ラインアット)という名前で呼ばれており、こちらの方が馴染みがあるという方も居るかもしれませんね。

ビジネスアカウントでは一斉配信ができたり、画面下部に大きく表示されるリッチメニューを作れたりと個人アカウントにはない機能を使えるようになります。

もちろん、1対1のチャットもできるため、見込み客の方とお話しすることも可能です。

LINEのビジネスアカウントを作ったらインスタやアメブロからLINEに登録するように促し、登録者を増やしていきましょう。

SNSやブログを見るだけでなくLINEに登録をする人はあなたに本当に興味がある人です。

セールスの成約率も高いため、ぜひやりとりをしてあなたのサービスを紹介する機会をもらいましょう。

オンラインでセールスを成功させるポイント3つ

売上を作るためにはセールスをして購入してもらうことが大事です。

当たり前のように思えますが販売が出来ず潰れてしまうビジネスは多いです。

そこで最後にオンラインでのセールスを成功させるコツをまとめていきます。

1.ロールプレイングで練習する

セールスを成功させるためには事前に練習することが大切です。

例えばプロの野球選手は本番で良い結果を出すために毎日練習を欠かしませんよね。

それと同じで経営者もセールスを成功させるためにしっかり練習をしておくべきなのです。

練習は相手がいると仮定して一人で行うのも良いですが、お客様役を誰かにお願いしてロールプレイング方式で行うのが理想的です。

そうすればお客様からの予想しない質問に対応する力や間の取り方など本番で役に立つ力をつけることができます。

2.価格より先に価値を伝える

特に高額商品のセールスをするときに気をつけなくてはいけないことがあります。

それは価格を先に伝えないということです。

価格を先に伝えてしまうとそれだけが商品やサービスに対する判断材料になってしまい、予算を超えていれば後でいくらサービスの良いところを伝えても聞く耳を持ってもらえません。

そこでセールスでは価格より先に商品の価値を伝えるようにしましょう。

商品を通してお客様の問題が解決できたり、願望が叶えられたりすることがしっかり伝わっていれば高単価でも「安い!」と感じて、初めに想定していた予算を超えていても喜んで購入していただけます。

細かいポイントですが、セールスをするならこの点は絶対に押さえておいてくださいね。

3.協会のセールスではオンラインでも教室を開けることをアピールする

コロナの流行により店舗を持つリスクが認識され、さらには家で働きたいという人が増えているため、オンラインでできるビジネスモデルにはとてもニーズがあります。

そのため、エステの協会を作るときにはオンラインでも対面でも出来るエステの方法を教えるようにしましょう。

その上で協会の講座のセールスをするときには資格を取ればオンラインでも対面でも教室を開けることをアピールしましょう。

そうすればその点に魅力を感じて講座を受けてもらえる可能性が高くなります。

まとめ 

一見、実店舗を持たなければ出来なさそうなエステサロンもオンライン化は可能で、オンラインエステで売上を出している人はたくさんいます。

エステサロンをオンライン化するなら

  • 効果的なセルフケアの方法を教える
  • エステサロンの協会を作る
  • オンラインで物販をする

という3つの方法が成果が出やすいのでおすすめです。

お客様が「欲しい!」、「やりたい!」と思うビジネスモデルを作り、オンラインでも収入を確保して、売上アップを目指しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい