起業

【1人起業家必見】新しい商品・サービスのアイデアを生み出す8つの方法

新しい商品・サービスのアイデアを生み出す8つの方法
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、商品開発するための具体的な方法を紹介しています。

そして、その商品が顧客に求められているのか?を確認する方法も解説しています。

商品開発は非常に時間も労力も掛かり、一人で実践するのは大変です。

ぜひ、今回の記事を参考にしながら、なるべく負担を減らし、実践してみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

カフェならコーヒーや紅茶、美容院ならヘアカットやトリートメントなど、どんなお店にも提供する商品やサービスがあります。

1人で新しく起業するときにはこの商品やサービスを考えなくてはいけません。

売るものがなければ当然売上を作ることはできません。

しかし、この商品開発が意外と難しく、良いアイデアが浮かばずに悩む1人起業家は少なくありません。

これではビジネスを始めることもできません。

そこで今回は1人起業家が新しい商品やサービスのアイデアを生み出すための方法をご紹介したいと思います。

また、ただアイデアを出すだけでなく、本当に役に立つアイデアかどうか確かめるための方法もご紹介しますよ。

新しい商品やサービスのアイデアを生み出す方法8つ

起業してビジネスを始めるためには商品やサービスを用意する必要があります。

商品開発をするのは案外難しいです。

しかし、商品を作るためのアイデアを得る方法を知っておけば商品開発に繋がるヒントが見つかるようになります。

そこで1人起業家が新しい商品やサービスのアイデアを得る方法を8つご紹介しましょう。

1.自分の経験を整理する

ビジネスアイデアを見つけたい時は自分のこれまでの経験を思い出しましょう。

もし何かができるようになった経験があればそれがあなたのビジネスになるかもしれません。

例えば、ずっとブログのアクセス数が少なかったのに工夫をすることで毎日沢山のアクセスを集められるようになった経験があればブログ添削をビジネスにすることができるでしょう。

また子育てをしながら起業して成功したならママ向けの起業コンサルタントになれますね。

このように自分の経験に基づいて作った商品はニーズがある商品になりやすいです。

2.趣味や特技を活かす

自分の趣味や特技がビジネスになる場合もあります。

実は私は料理が好きで、友人から料理教室をして欲しいと言われたことがきっかけになって料理教室を始めた経験があります。

またその他にも、ハンドメイドが得意な人は自分のハンドメイド商品を売ることで売上を作ったり、英語が得意なら英会話教室を開いたり出来ますね。

 一度ノートに自分の趣味や特技を書き出してみるとビジネスになるようなアイデアが見えてくるかもしれません。

小さい頃から今まで何が好きだったか、何が得意だったかを思い出してみましょう。

3.日常の不満を解決する

生活する中で不満だったり不便に思うことはビジネスチャンスになります。

なぜならビジネスの基本は他人の悩みや問題を解決することだからです。

そこで日常の中で不便だなと思うことに注目しましょう。

もし何かに気づいたらそれをどうすれば解決できるかを考えることでビジネスアイデアが思いつくかもしれません。

また、家族や友人がふと「こんなものがあればいいのに」と言ったことも新しい商品やサービスを開発するきっかけになりますよ。

4.他人に感謝されたことを商品にする

もしあなたが友達に何かをしてあげて「ありがとう」、「すごく助かった」と言ってもらえた経験があるならそれがあなただけのビジネスになるかもしれません。

例えば友達の恋愛にアドバイスをして感謝された経験があるなら恋愛カウンセラーになれるかもしれません。

また、 家族にマッサージをして喜ばれたことがあるならあなたのマッサージは商品になる可能性があります。

これまで何か他の人から感謝された経験がないか思い出しましょう。

5.前職で培ったことを活かす

1人起業家で成功している人はサラリーマン時代に培ったことを活かしているケースが多いです。

サラリーマン時代に良い成果が出ていた人ほど前職の経験を活かせば成功しやすくなります。

例えば、前職が成績が常に1位だった営業マンなら起業して営業のコツを教えたり、 人気サロン店に勤めていた人がサロンの売上を上げるコツを教えたりすればビジネスになるでしょう。

このように前の仕事で培ったことで新しいビジネスができないか検討してみましょう。

6.既存のサービスの真似をする

商品開発をする時は完全に新しい革命的な商品を作ろうとする必要はありません。

そもそも世の中にある商品はほとんど既にある商品やサービスを変えたり改良したりしたものです。

既にある商品の真似をするメリットはすでに需要があることが判明していることです。

すでに売れている商品はニーズがある証拠なので真似をすれば購入してもらえる可能性が高くなります。

起業するなら他の人がしていないようなことをしたいと思う気持ちはわかりますが、確実に成功したいならこの方法がおすすめです。

もちろん明からさまにコピーすると訴えられる可能性もあるので自分の強みを入れたりしてオリジナリティを出しましょう。

7.既存の物を組み合わせる

すでに世の中にある物を組み合わせて新しい商品を作るのはよくある手法です。

例えばもうすっかりお馴染みになっている先に消しゴムが付いているシャーペンはシャーペンと消しゴムを組み合わせた商品ですよね。

また水を入れることでスチームが出るストーブは加湿器とストーブを合わせた商品です。

新しい商品のアイデアがなかなか出ない時はすでにあるものを組み合わせることでこれまでにない商品は作れないか考えてみましょう。

8.既存の商品の小さい版や大きい版を作る

新しい商品を開発する方法として既にある商品を大きくしたり小さくしたりする方法があります。

例えばコーラは缶があれば500mlや2Lのペットボトルもあるように、一つの商品を色々な大きさで提供している商品は意外とたくさんあります。

そこで既に何か商品やサービスがあるのならその規模が違う商品が作れないか考えてみましょう。

もしブログ添削のサービスをしているなら、1ヶ月ブログ添削し放題のサービスを作ったり、ブログの執筆を完全に代行するサービスを用意したりすることで商品のラインナップを増やすことができます。

この手法はこちらの記事でより詳しく解説していますよ。

新しい商品やサービスのアイデアにニーズがあるか確かめる方法3つ

新しいアイデアが思いついても、そこにニーズがなければ商品は売れません。

そこで新しい商品やサービスのアイデアにニーズがあるかどうかを確かめる方法をまとめました。

1.誰かの悩みを解決できるか

よく「こんなサービスをしたい」という理由で新しい商品やサービスを作る人がいますが、これはあまり良くありません。

自分本位で商品を作っても他の人の役に立たなければ売れないからです。

そこでアイデアが思いついたら他の人の悩みや問題を解決できるものかどうかを確かめましょう。

2.感情的なメリットがあるか

商品やサービスを購入する上で「綺麗になれる」、「アクセス数が増える」と言った目に見えるメリットは大事です。

その上でさらに大事なのが目に見えない感情的なメリットです。

「綺麗になって自信が持てた」、「アクセス数が増えて嬉しい」といったメリットこそお客様の心を動かします。

こうした目に見えないメリットがある商品になりそうかをチェックしましょう。

3.良いものを増やし、悪いものを減らしているか

そのビジネスアイデアが役に立つか判断する指標として「良いものを増やし、悪いものを減らしているか」というものがあります。

お金や時間など良いものが増える、もしくは不安や悩みといった悪いものを減らす商品ならお客様の役に立つはずです。

そこでアイデアが浮かんだら自分のアイデアはこの条件を満たしているか考えてみましょう。

まとめ

起業するときには自分で商品やサービスを作り出さなくてはいけません。

新しい商品を作るのは難しそうに思えますが、アイデアを出すための方法を知っておけば意外と簡単に見つかります。

ただし、思いついたものが全てニーズがあるというわけではないので、アイデアが出たら必要とする人がいるかどうかを確かめましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい