SNS集客

【保存版】Facebook集客のメリットとデメリットを徹底解説|知っておくべき6つの注意点

【保存版】Facebook集客のメリットとデメリットを徹底解説|知っておくべき6つの注意点
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、Facebook集客のメリットやデメリットを紹介しています。

Facebookには広告もありますが、どちらも活用できるとビジネスがより飛躍します。

SNSの特徴を理解して、ぜひ、あなたのビジネスに取り組んでみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

Facebookはイベントに招待できたり、広告を打てたりと集客に適した機能がたくさんあるSNSです。

Facebookをうまく使えばビジネスを成功させることも十分可能です。

私もFacebookを集客に利用し、これまでにFB集客単体の総売上2000万円以上を達成しています。

しかし、そんな便利なFacebookでも使うときにはいくつか注意点があります。

注意点を知らずに使ってしまうと集客をしようとしても思うように効果が出ないことにもなりまねません。

Facebookを最大限活用するためには特徴やメリットだけでなく注意点も知っておくことが大切です。

そこで今回はFacebook集客で知っておくべき注意点や、注意点を踏まえた上でFacebookを活用するための方法をご紹介していきます。

Facebookを集客に使おうとお考えの方はぜひ参考にしてくださいね。

長い間更新がないと離脱されてしまう。
Facebook集客で知っておくべき注意点6つ

Facebookで集客をするときには注意点を知っておくことが大切です。

注意点を知っておけば適切に対策をし、効果的に使えるようになります。

そこでまずはFacebook集客の注意点を6つご紹介していきます。

1.長期間更新されていないと離脱される

お店やサービスについて知るためにFacebookを見たとき、最後の投稿が1年前など古い情報だったときはすぐにサイトから離脱されてしまう傾向があります。

これはFacebookのユーザーによりタイムリーな情報を求めやすいという性質があるためです。

特にお店のアカウントの場合は長期間更新されていないと営業していないかもしれないと勘違いされてしまうことにもなりかねません。

2.更新しすぎるとフォローを外されてしまう

長い間更新されていないと印象が悪くなってしまうFacebookですが、反対に更新しすぎるのもよくありません。

タイムラインに頻繁に表示されるとうざったく感じてフォローやいいね!を解除されてしまう可能性があります。

更新の頻度はほどほどにするように意識しましょう。

3.宣伝ばかりの投稿は嫌がられる

ビジネスやサービスの宣伝のために使うFacebookページですが、投稿内容が宣伝ばかりだと嫌がられてしまいます。

人は買い物は好きでも、買わされることは嫌うので、直接的な宣伝ではなく買いたくなるように誘うことが大切です。

もちろん、たまに自分がしているビジネスについて話すのは問題ありませんが、そればかりにならないように注意しましょう。

4.フォローや友達の人数が増えればいいわけではない

個人アカウントの友達の数や、Facebookページのフォローやいいね!の数が増えると集客に成功しているような感覚になります。

しかし、数が多ければ良いというわけではありません。

ファンや友達は自分のビジネスのターゲットに近い人でなければ集客の効果は望めません。

ただ数を増やそうとするのではなく、ターゲットと繋がることを意識しましょう。

5.レビューに悪評をつけられる可能性がある

お店のFacebookページにはレビューを自由につけることができます。

もし、悪い評価を書かれてしまうとお店の信頼度が下がってしまいます。

Facebookでは実名登録が原則なので、良い評価も悪い評価も信頼性のある口コミになってしまうのです。

悪い評価をつけられてしまわないよう、良いサービスを届けることを意識しなくてはいけません。

6.デザインの差別化ができない

Facebookはサイトのデザインが決まっています。

どんなビジネスをしている人でも、どんな人でもFacebookのデザインは同じです。

そのため、デザインで差別化できないというデメリットがあります。

デザインでライバルと差別化したいなら自作のサイトやインスタグラムなどを併用すると良いでしょう。

多くの人の目に留まるチャンスあり!
Facebook集客のメリット4つ

注意点がいくつかあるFacebook集客ですが、もちろんメリットもたくさんあります。

そこでFacebook集客についてもっと詳しく知るためにメリットについてもご紹介していきましょう。

1.ユーザー数が多い

Facebookのメリットといえばやはりユーザー数が多いことです。
日本国内の利用者数は2600万人もいます。

そのため、多くの人に自分のビジネスについて知ってもらえるチャンスがあるのです。

メイン層は20〜40代ですが、10〜20代はFacebook離れが進みつつあるので、今後は40代くらいがメインになると予想されています。

つまり、40代くらいをターゲットにしているビジネスなら集客効果が特に期待できます。

2.拡散機能が充実している

集客ツールに使えるSNSはたくさんありますが、その中でも特にFacebookは拡散力が高いです。

投稿にいいね!やシェアをしてもらえるとその人のタイムラインに同じ投稿が表示されるなど拡散機能が充実しています。

タイムラインに表示されればその人の友達が投稿を見ることになるので、どんどん拡散し、認知が広がる可能性があります。

3.信頼性が高い

先ほども触れましたが、Facebookは実名登録が原則なので、口コミの信頼性が高いです。

悪い評価を書かれてしまう可能性があるのはデメリットですが、逆に良いレビューをたくさん書いてもらえればそれだけお店の評判が良くなり、見込み客の人に「行ってみよう!」と思ってもらいやすくなります。

4.ホームページ代わりになる

Facebookページではお店の住所、地図、電話番号など詳細の情報を載せることができます。

また、メッセージ機能を活用すればお店に問い合わせをすることも可能です。

このようにFacebookページはお店のホームページの役割を果たすというメリットがあります。

1からオリジナルサイトを作るのは大変なので、サイト作りにあまり詳しくない人にとってはメリットですね。

Facebookを集客に活用するための方法5つ

メリットもデメリットもあるFacebookを集客に最大限活用するためには注意点の対策をすることが重要です。

そこで最後に注意点を踏まえてFacebook集客を活用する方法をまとめました。

1.こまめに更新する

Facebookは最後に更新された情報が古いとお店の信頼性がなくなってしまいます。

そこでこまめに更新することを意識しましょう。

ただし更新しすぎると今度は逆効果になってしまうので、週に一度など適度な頻度で更新するようにしましょう。

2.ターゲットに近い人へアプローチする

Facebookのフォロワーや友達はビジネスのターゲットに近ければ近いほど集客効果が高くなります。

そこでターゲットに近い人へアプローチすることを意識しましょう。

例えば、Facebook広告では広告を表示する人の特徴を細かく指定することができるので、自分のビジネスやサービスを知って欲しい人を具体的に想定して指定すると良いでしょう。

また、プライベートの友達でサービスを利用しそうな人にフォローをお願いしても良いですね。

ビジネスのターゲット設定の方法はこちらの記事で解説しているので、まだターゲットが決まっていない方はこちらの記事を読みながら考えてみてくださいね。

3.役に立つ情報を発信する

Facebookでの投稿内容が宣伝ばかりになってしまうのはよくありません。

そこでフォローしている人にとって役に立つような情報を発信するようにしましょう。

読むだけでためになるような内容なら表示されても悪い印象を抱く人はいません。

むしろいいね!やシェアをして拡散してもらえるかもしれません。

私はFacebookで1記事投稿するごとにメインで情報を発信しているアメブロへ100件、多いときで200件誘導できています。

もちろん、そこからサービスを購入してくださる方もいます。

投稿の内容にこだわることがビジネスの成功に結びつくのです。

4.写真を活用して少しでも差別化を図る

デザインの差別化ができないのがFacebookの注意点の1つですが、写真やオリジナルの画像を投稿に貼り付けると少しでも印象的な投稿にすることができます。

ライバルとの違いを感じてもらうためにも、文字だけではなく、写真や画像を使いながら発信しましょう。

5.Facebook広告を利用する

Facebookでは広告を出すことができます。

皆さんもFacebookを使っているときに広告が表示されたことがあるのではないでしょう。

私はFacebook広告を利用したことで総売上1300万円以上を達成しています。

Facebookの広告は1日に数百円など少ない値段からでも始められるので、もし広告にお金をかける余裕がある方はぜひ利用してみましょう。

まとめ

Facebook集客では最後の更新が古いと離脱されたり、レビューに悪評をつけられる可能性があったりと、注意点がいくつかあります。

しかし、ユーザー数が2600万人いたり、口コミの信頼性が高かったりとメリットももちろんあります。

注意点があるからといってFacebookで集客できないわけではありません。

デメリットへの対策をしていれば集客の成果もきちんと出すことができます。

今回ご紹介した方法を使って、最大限Facebookを活用しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい