マインドセット

知らないと損する良いメンターの見つけ方|メンターの選び方で人生もビジネスも変わる

知らないと損する良いメンターの見つけ方|メンターの選び方で人生もビジネスも変わる
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、メンターの選び方について紹介しています。

良いメンターを見つけると、自信がつき、迷わずにコミットして突き進むことが可能になり、人生もビジネスもよりよくなります。

そのために、どのように良いメンターを見つければ良いのか?

を考えて、まとめてみました。

メンターは決して、1人の人だけではありません、複数人いても構いません。

あなたに合う人を見つけるためのヒントやきっかけになれればと幸いです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

欲しい結果を早く出すためにできることはたくさんありますが、その中でも効果が高いのがメンターをつけることです。

メンターとは助言者や指導者といった意味で、目標を達成するためにあらゆるアドバイスをしてくれる存在です。

ビジネスをしていると様々な壁に遭遇し、どうすれば良いのか分からなくなることがたくさんありますが、そんなときでもメンターが居れば正しい方向を示してくれるので切り抜けることができます。

有名な成功者でも最初のうちはメンターをつけていたという人はとても多いです。

ただし、メンターは誰でも良いわけではなく、自分に合った人をつけなくてはいけません。

良くないメンターをつけてしまえば望む結果は得られず、目標からはどんどん遠のいてしまうでしょう。

メンター候補は数え切れないほどいるからこそ良いメンターを見極める方法を知っておかなくてはいけません。

そこで、今回はビジネスをするなら知っておきたい良いメンターの見つけ方を解説していきます。

必要な助言をしてくれる師匠を見つけたい、早くビジネスで成功したいという方は参考になること間違いなしですよ。

ビジネスも人生も変わるメンターとは 

まずはメンターとはどういうものかという基本的なことから説明していきましょう。

メンターとはあなたに助言や指導をしてくれる人のことです。

ビジネスのメンターは事業を拡大したり、売上を増やしたりするために適切なアドバイスをしてくれる存在です。

単にノウハウを教えるだけでなく、時にはマインドやプライベートの面についても助言をすることもあります。

メンターは既にあなたが目標とする地位についている人なので、言うことを聞いて行動していけばどんどん望む結果に近づくことができます。

今では多くの人が知っている成功者でも過去にメンターをつけていた、もしくは今でもメンターをつけているという人も多く、ビジネスで成功したいならメンターをつけることが欠かせないと言っても過言ではありません。

メンターは複数人つけることも考えよう!

メンターと聞くとたった一人の人だけを思い浮かべるかもしれませんが、複数のメンターをつけることも考えるべきです。

メンターはあなたの人生全てサポートできるわけではなく、大抵の場合はそれぞれ専門があります。

そのため、あらゆる分野で効果的な助言を得られるようにするためにも複数人のメンターをつけておくのが望ましいのです。

例えば、一人起業家の場合は、起業についてトータルでサポートできる人をつけるという方法もありますが、商品設計、集客、ブログ添削、経営などそれぞれの分野でメンターを持つことも考えられます。

また、複数人のメンターをつけることで相性がいい人や、相談しやすい人など自分に合った人を見つけやすくなるというメリットもあります。

メンターをつけるメリット4つ 

メンターは必ずしもつけなければいけないというわけではありませんが、メンターが居ると居ない場合に比べて大きなメリットを得ることができます。

そこでビジネスをする人がメンターをつけるメリットをご紹介していきます。

1.欲しい成果を早く出せる

メンターはビジネスの成功のために様々な助言をします。

当然、ビジネスで結果を出している人のアドバイスなので再現性があり、実行すれば結果が出る可能性が非常に高いです。

そのため、メンターをつけると早く成功できるというメリットがあります。やはり誰でもビジネスは早く成功させたいもの。

日々頑張ってもなかなかお客様が集まらず、売上も上がらなければ辛い思いをすることになります。

欲しい成果をすぐに出したいならメンターをつけることを検討しましょう。

2.成功者のマインドを知ることができる

ビジネスでの成功に必要なのはノウハウやビジネステクニックだけではありません。

マインドもまた大切です。

ノウハウとマインドの両方が備わってこそ結果が出せるようになります。

ビジネスのノウハウは今やネットや本で簡単に集めることができますが、成功者が日頃考えていることまではなかなか知ることができません。

しかし、メンターがいれば貴重な成功者のマインドを知り、どんどん生活に取り入れることができます。

3.迷ったときに助言してもらえる

ビジネスは仕事だけにとどまらず、人生全体にも影響を与えるものです。

それだけに時に
「この事業を続けていていいの?」
「もっと違うことをした方が良いかもしれない・・・」

と迷いが出ることもあります。

そんな時、メンターがいれば正しい道を示して、どう行動すれば良いのかを教えてもらえます。

4.自分を取り巻く環境が変わる

成功者に助言をもらうようになると、ビジネスをしている人や、事業の成功を目指す人に出会う機会が増え、自分を取り巻く人がガラリと変わります。

人は周りの環境に大きく影響を受けるものなので、ビジネスに対して意識を高く持っている人と接する機会が増えることで自分に良い変化が起こり始めます。

ビジネスで結果に繋がる良いメンター6つの条件 

メンターは自分のビジネスや人生に大きな影響を与える存在ですから、望む結果へと導いてくれる良いメンターを選ぶことが非常に重要です。

そのためにはどんなメンターをつけるべきなのかを知っておく必要があります。

そこで良いメンターの条件をまとめていきましょう。

1.自分が欲しい結果を既に出している

まず、自分が欲しいと思っている結果を既に出せている人はメンターに絶対に必要な条件と言えます。

既にその道で成功している人は様々な経験をし、ノウハウも持っているため、精度の高い助言をしてくれます。

反対に結果を出せていない人や自分とは違う分野で成功している人にアドバイスを求めても効果的な助言はもらえず、いつまで経っても成果を出すことはできません。

2.継続的に結果を出している

さらに、自分が欲しいと思っている結果を継続的に出せているかも非常に重要なポイントです。

安定して経営していくためには一時的に売上が上がるのではなく、継続的に高い売上を出す必要があります。

例えば月商100万円になったことをアピールしている起業家はたくさんいますが、その中には毎月のように達成できている人もいれば、過去にたった1回だけ達成できたという人もいます。

当然メンターにするなら前者の方がふさわしいと言えます。

そこでメンターを探すときにはブログやSNSなどをよく読み、成功が一時的なものなのか、それとも常に達成できているのかを確かめましょう。

3.過去に苦労した経験がある

最初から上手くいったわけではなく、失敗を何度も繰り返した経験がある人も良いメンターになりやすいです。

成功者の中には下積み時代がほとんどなく最初から成功した人や、経営のセンスが秀でていてビジネスにおいてはなんでもスムーズにできてしまうという人もいます。

こうした人の場合、その人だから成功できたのであり、上手くいった方法を教えても、他の人では結果が出ないことが考えられます。

一方で、過去に苦労した経験がある人はたくさんの行動の中から見つけた再現性のあるノウハウを持っていることが多く、他の人でも結果を出せる可能性が高いです。

また、単純に辛い経験をしたことがあるからこそビジネスで結果が出なくて落ち込んでいるときに優しく寄り添ってもらえるというメリットもあります。

4.厳しいこともはっきり伝える

「絶対にできる」、「自分らしくやっていれば大丈夫」と優しい言葉や甘い言葉だけをかける人は良いメンターとは言えません。

今の状況を打破するためには厳しい助言が必要になることもあるからです。

優しいことをたくさん言ってくれる人の方がつい良く見えてしまいますが、本当にあなたのためを思ってくれている人は耳が痛くなるようなこともはっきり言ってくれるものです。

5.人として尊敬できる

メンターとはビジネスが成功するまでの長い間関わるため、人として尊敬できる人を選ぶ必要があります。

例え、いくら有名で大きな成果を出している人でも、なんとなく嫌な感じがしたり、気に入らないところがあったりすれば長くは付き合っていけないはずです。

そこで、メンターを見つけるときには自分との相性が良いか?、ついていきたいと思える人柄か?という点をよく考えましょう。

6.1対1で関係を持ってくれる

ビジネスの相談相手を持つには起業塾に入るという方法もあります。

このとき、1対多ではなく、1対1で自分に対応してくれるところを選ぶようにしましょう。

どれだけすごい成果を出している人の起業塾に入っても、グループコンサルや講義などをするだけでは具体的なアドバイスをしてもらえないので成果も出にくくなります。

反対に1対1で個人コンサルをしてくれるところであれば自分に必要なアドバイスをしてもらえるので、結果が出やすいです。

メンターを探す前にまずしておくべきこと 

良いメンターと出会うためにはまずしておかなくてはいけないことがあります。

それは自分がどうなりたいのか、何をしたいのかをはっきりさせることです。

メンターは自分がなりたいものになれるように助言をしてくれる存在なので、目標がしっかり決まっていなければ自分に合うメンターを見つけることは出来ません。

そこでメンターを探す前に今一度自分は何を目標に頑張っていきたいのかを整理しましょう。ここが定まればメンター探しもスムーズに出来ますよ。

理想のメンターの見つけ方6つ 

自分の理想とする将来像が定まればいよいよメンターを探すときです。

自分に必要なメンターを見つける方法はたくさんあります。そこで良いメンターを見つける主な方法をまとめました。

1.ネットで情報を収集する

ネットはメンター候補を探すのに非常に役に立つツールです。

検索機能を使ったり、ブログやSNSを見たりすることで色々な人に出会えます。

例えば、サロンを経営している人なら「サロン コンサルタント」、一人起業家なら「起業コンサルタント」、「SNS集客 アドバイザー」など関連語句を検索すれば目的に合う人を見つけられます。

2.興味のある本を読む

メンターを探すときにはネットだけでなく本も活用しましょう。

有名な人やある分野で結果を出している人は本を出していることが多く、本を読むことはメンターを見つける良い機会になります。

本ではその人の率直な気持ちが書かれているので、人柄や考え方まで詳しく知ることができます。

ぜひ書店に行って色々な本を見て、気になったものはどんどん読んでみましょう。

3.セミナーやイベントに参加する

気になる人が見つかったらその人が開催しているセミナーやイベントに参加しましょう。

実際にその人と会うことで自分のメンターにふさわしい人なのかを決めるための判断材料が手に入ります。

参加者に寄り添って相手が欲しい情報を惜しみなく与えているか、話し方や言い回しは分かりやすいか、親しみやすい人柄かといったあらゆる面を観察しましょう。

4.直接相談する

人によってはサイトのフォームや公式LINEなどから直接相談ができるようにしている場合もあります。

メンターを見つけるときにはこうした機会も活用しましょう。

実際に会わなくても、自分が抱えている悩みの相談に乗ってもらうことで、その人がメンターになったときにどう対応してくれるのかを垣間見ることができます。

誰かから相談される立場にいる人は常に忙しくしているケースが多いですが、その中でもしっかり相談に乗って、アドバイスもしてくれるようなら良いメンターになるでしょう。

5.提供しているサービスを購入する

メンター候補のことを詳しく知りたいならその人が提供しているサービスを利用してみるのもおすすめです。

サービスからは多くのことを知ることができます。

例えば、多くの人が結果を出せる再現性のあるノウハウを提供しているか?サービス内容は充実しているか?といったことが分かりますよね。

こうした情報からその人が自分の悩みを解決したり、目標まで導いたりしてくれるような人なのかも見えてきます。

もし、お試しで受けたサービスが良ければ継続講座や起業塾などもっと密接に関わってもらえるサービスを受けてみましょう。

6.既に良いメンターをつけている人に紹介してもらう

メンターは自分で探すのではなく、人に紹介してもらうという方法もあります。

信頼している人から紹介される人は自分で探した人と比べるとやはり信頼性が高く、良いメンターになる可能性が高いです。

もちろん、知り合いが紹介してくれる人がみんな自分に合うわけではありませんが、機会があれば紹介してもらうよう、周囲にお願いしましょう。

良いメンターをつけて結果を出すためのポイント7つ 

メンターをつければ必ず結果が出るわけではありません。メンターをつけた上で自分がどのように行動するかが結果を左右します。

そこで最後に良いメンターをつけた人が結果を出すためのポイントを7つご紹介します。メンターを見つけたらぜひこのポイントを意識して行動しましょう。

1.言われたことは素直に聞いてみること

結果が出る人の共通点の1つは言われたことを素直に聞くことです。

メンターはその道で結果を出している人なので、効果的なノウハウを教えてもらえます。

それを素直に実践していくことでどんどん目標に近づいていきます。

もし、このノウハウを「私には難しいからできない」と実践しなかったり、「大変そうだから自分でもできるようにアレンジしてやってみよう」と手を加えたりしたら結果は出ません。

2.たくさん行動する

素直に行動することに加えて大切なのはたくさん行動することです。

私が運営している売上コミットアカデミーの受講生さんにも素直になることと大量に行動することの2つをお願いしています。

ビジネスを大きくしていくためには行動量が求められます。

だからこそメンターに言われたことを次から次へとこなしていく人ほど成長していきます。

また、メンターにとっては自分のアドバイスをどんどん実行に移しているのを見ると嬉しくなるため、応援しようともっと良いアドバイスをしてもらえるようになるというメリットもあります。

3.こまめに状況を報告することでフィードバックをもらう

メンターをつけたらこまめに状況を報告しましょう。

状況を知ってもらうことでより自分に合ったアドバイスやフィードバックををしてもらえるようになります。

また、メンターにとっては自分が関わっている人が成長していることを知ることで「アドバイスをして良かった」と満たされるような気持ちになり、メンターとしてのモチベーションが上がります。

4.メンターとの接し方に気をつける

メンターと良い関係を築いていくためには馴れ馴れしく接しないことが大切です。

メンターはあなたの人生のあらゆる場面に関わりますが、決して友人ではありません。

仲良くなったと思って過剰に親しく接すると失礼だと捉えられる可能性があります。

「助言をする人」と「助言をされる人」という関係性を保つことで、緊張がある良い関係で居続けることができます。

5.メンターの時間を無駄にしない

メンターは自分の仕事をしたり、多くの人にアドバイスをしたりと非常に忙しい日々を送っています。

そのため、いかにメンターの時間を無駄にせずに接するかが重要になります。

分からないことがあるからといってその度に聞いていればメンターの時間を奪うことになり、決して良い印象は与えません。

分からないことがあるときはまず自分で色々調べてから
「こうしようと思うんですが良いですか?」というように、できることを一通りやった上で助言を求めるのがマナーです。

また、一度アドバイスしてもらったことをもう一度聞き直すのも相手にとっては良い気がしないので、言われたことはすぐにメモを取るといった工夫をしましょう。

6.メンターにメリットを提供する

メンターには与えられる一方だと思うかもしれませんが、こちらから何かを与えることも必要です。

「誰かのメンターになるような人に自分があげられるものは何もない・・・」と思うかもしれませんね。

しかし、あなただからこそ与えられるものがあります。

それは実績です。

助言をもらい、ビジネスを成長させることができればそれはあなたの実績だけでなく、メンターの実績にもなります。

そこで、結果を出したら「この人に教わりました」とブログやSNSで紹介することでメンターの実績を増やしましょう。

そうすれば喜んでもらえますし、「もっと教えたい!」と思ってもらえるでしょう。

7.目的を達成できたら卒業し、新しいメンターを探す

ビジネスで成功し、当初掲げていた目標を達成することができたらメンターから卒業するときです。

最初は師匠のような存在だった人でも、自分の頑張りによっては同じレベルまで追いつくことができます。

そうなればもう今のメンターから教わることは少なくなってしまうので、手を離れるときです。

成長するとビジョンもレベルアップします。

ずっと教わっていたメンターから卒業したら今度は次の目標に合ったメンターを探し、またゴールに向けて頑張りましょう。

まとめ 

ビジネスのメンターはあなたの事業を成長させるために色々な面でアドバイスをしてくれる存在です。

早く成功するコツは成功者の真似をすることだからこそ、メンターをつければ大きく飛躍することができます。

メンターはネットで探したり、気になる人の本を読んだりと色々な方法で見つけることができます。

気になる人が居たらぜひ連絡を取ってみましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい