起業

失敗しない経営塾・起業塾の選び方|お金や時間を無駄にしないために

失敗しない経営塾・起業塾の選び方|お金や時間を無駄にしないために
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

経営塾や起業塾はビジネスについて学べる場所。

しかし、起業塾に入ったのに具体的なアドバイスをもらえず、売上が上がらなかったという人はたくさんいます。

高いお金を払って入るものだからこそ、結果が出せるところで学びたいですよね。

そこで今回は、起業塾を選ぶときにチェックすべきポイントをご紹介します。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

起業塾はビジネスの仕組みを作る方法や経営の仕方などを教えてくれるところです。

事業を始めたいけれど何をしたら良いか分からないという人や、ビジネスで結果が出ずに悩んでいる方の役に立ちます。

しかし、経営塾や起業塾に入れば必ず成功できるわけではありません。

もちろん、結果が出る起業塾もありますが、高いお金を払って入ったのに思うように結果が出ないところもあります。

実際に、私のところには「以前、別の経営塾に通っていたけれど成果が出なかった」という相談がたくさん来ます。

そのため、経営塾や起業塾を利用するなら、きちんと結果を出してくれるところを選ぶことが欠かせません。

他の起業塾では結果が出なかった方が、私が主宰している売上コミットアカデミーに入って月商412万円、5ヶ月で1,192万円達成したという例もあります。

いかに起業塾選びが大事かが分かりますね。

そこで今回は、起業塾を選ぶときに確認すべきポイントをまとめました。

経営塾や起業塾の利用を考えている人はぜひ最後まで読んでくださいね。

ビジネスで成功したい人が入る経営塾・起業塾とは 

起業塾とは開業したい人や、ビジネスで成功したい人が入るもので、経営の仕方、集客のテクニック、ビジネスモデルの作り方など、事業をする上で必要なあらゆるノウハウを教えてもらえます。

ビジネスを軌道に乗せるためにはある程度時間が必要なため、塾の期間は3ヶ月〜1年と長いのが一般的です。

また、これだけ長期間関わるサービスのため、費用は何十万円、100万円以上と高額です。

起業塾には他にもビジネスを学ぶ人が居るため、同じ目的を持った仲間と出会うことができます。

起業塾に入り、ビジネスノウハウを学び、これまでとは違う環境に身を投じることによって、自分一人でビジネスをするよりも結果が出やすくなります。

経営塾・起業塾を慎重に選ぶべき理由3つ 

ビジネスノウハウを教えてもらえるからといって、起業塾ならどこに入っても良いわけではありません。

塾を選ぶときには真剣にどこにするかを選ぶ必要があります。

その理由をまとめました。

1.経営塾・起業塾に入っても結果が出ない人が多い

これから起業塾に入ろうとしている方に知っておいて欲しいのが、経営塾や起業塾に入ったのに成果が出ない人が多いという事実です。

実際に私のところには他の起業塾に入っていたけれど、成果が出なかったというご相談がたくさん来ます。

お話を聞いてみると、「全くサポートをしてもらえず、1円も売上が上がらなかった」、「3ヶ月過ぎてもバックエンドすら作れなかった」といった声がありました。

ちなみにバックエンドとは売上の中心となる高単価のサービスのことで、一人起業家がビジネスで成功したいなら欠かせない商品です。

このように、入っても結果が出ないところもあるため、起業塾選びは慎重に行うべきなのです。

2.受講費が高額

起業塾は数ヶ月に渡ってビジネスのサポートをするため、受講費は数十万円以上と高額なのが一般的です。

これだけ高いお金を払ったにも関わらず売上が上がらなければお金を無駄にしてしまいます。

決して安くない額を払うからこそ、本当に結果を出すことができる起業塾を見極めましょう。

3.失敗すると時間の無駄になる

起業塾選びに失敗したとき、もう1つ無駄にしてしまうのが時間です。

数ヶ月〜1年ほどの期間を費やしたにも関わらず結果が出なければ、その時間を丸々浪費してしまったことになります。

その時間を結果が出る起業塾に費やしていたら、受講費を上回るほどの売上を上げられていたかもしれません。

あなたの人生の貴重な時間を無駄にしないような起業塾を選びましょう。

結果が出ない経営塾・起業塾の特徴4つ 

「結果が出ない起業塾」といっても、具体的にどのようなものなのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこで次に、結果が出ない経営塾や起業塾の特徴をご紹介します。

1.具体的な行動指針が分からない

ビジネスの世界には誰がやっても成果が出やすい決まったやり方があります。

それを起業塾の講師に教えてもらうことで、売上を上げられるようになります。

しかし、起業塾の中には講師から具体的なアドバイスをもらえず、どう行動したら良いのか分からないというケースもあります。

売上コミットアカデミーの受講生さんの中には前に通っていた塾で、「成果を出すには時間が必要、行動を3倍にしろ」と言われるだけで、実際には何をどう改善したら良いのか分からなかったという方もいます。

ちなみにこの塾の受講費は100万円だったそうです。

起業塾を探すときには具体的な行動指針を教えてもらえるところを見つけましょう。

2.精神論ばかり

精神論ばかり語る起業塾も成果は出にくいでしょう。

確かに、ビジネスで成功するためにはマインドが大切です。売上コミットアカデミーでもマインドについてお伝えします。

しかし、ビジネスではマインドだけでなくマーケティングとノウハウをセットで身につけてこそ、飛躍することができます。

精神論だけでは売上を上げることはできません。

3.起業塾というよりコミュニティに近い

ビジネスについて学ぶことができると思って入ったのに、実際は起業塾というよりも、ビジネスをしたい人が集まったコミュニティに近かったという例もあります。

こうしたコミュニティは同じ志を持った仲間に出会えるというメリットはありますが、具体的なビジネスノウハウを学ぶことはできないため、売上を上げることは難しいです。

4.仲間内で集客している

起業塾の中には仲間内で商品を購入し合うことで、生徒の実績を作り出しているところもあるそうです。

この手法を使えば確かに「月収7桁」などのインパクトのある数字を作ることができるでしょう。

しかし、その実績は自分の手で作り出したものではないため、いざ独立したときにはお客様を自力で集めることはできなくなってしまいます。

起業塾に入るなら、自分一人で集客できるスキルを身につけられるところを選びましょう。

結果が出る経営塾・起業塾を選ぶために確認すべきポイント12選 

起業塾に入るなら時間やお金を無駄にしないためにも、本当に結果が出るところを見極めなくてはいけません。

そこで、良い起業塾を選ぶためにチェックすべきポイントをまとめました。

1.講師の実績

まず、起業塾の講師の実績を確認しましょう。

自分が成果を出していなければ、当然、他人にビジネスノウハウを教えることはできませんよね。

ブログやSNSを見るとフォロワーも多くて、すごい人に思えても、よく見ると実績はざっくりとしか書いておらず、詳しいことが分からないという人も居ます。

そこで、まずは本当にその人が結果を出せているのかを確認しましょう。

2.受講生の成果

講師の実績だけでなく、受講生の成果も確認すべきです。

なぜなら、その人自身はすごい結果を出せていたとしても、人にやり方を教えるのは下手という場合があるからです。

それでは入塾したとしても、講師と同じような成果を出すのは難しいでしょう。

有名で実績もある人の起業塾だからといって飛びつくのではなく、受講生の成果を載せているか、自分が目指している成果を出しているかといった点をチェックしましょう。

3.受講生のうちどれくらいの人が成功しているか

塾の生徒の実績を確認するときには、どのくらいの割合で成功できているのかも確認しましょう。

例えば、ある2つの塾で10人が月商7桁を達成していたとします。

ここで、片方の塾は生徒数が20人、もう片方が100人だった場合、どちらの塾の方が成果が出しやすいでしょうか。

それはもちろん、全体の人数が少ない前者の方ですよね。

このように、起業塾の良し悪しを見極めるときにはどれくらいの割合の人が成果を出せているかを確認することが大切です。

4.卒業生の成果

塾を卒業した生徒の活躍ぶりも起業塾の力を見極める指標の1つになります。

先ほども触れたように、起業塾の中には仲間内で集客し合い、塾に居るうちは実績を出せるけれど、卒業した途端にお客様を集められなくなるという例があります。

一方で、自力で集客できるスキルを教えているところであれば、卒業しても成果を出し続けることができます。

塾の卒業生が把握できるようであれば、その人達が独立しても成功できているか調べてみましょう。

5.「絶対に」、「誰でも」など甘い言葉を使っていないか

経営塾や起業塾の中には、「絶対に稼げる」、「誰でも稼げる」というような甘い言葉を使っているところがあります。

このような起業塾は避けた方が無難でしょう。

やはり誰でも失敗はしたくないので、甘い言葉につられそうになりますが、誰でもその通りにやれば絶対に成功できるビジネスノウハウというものはありません。

ある程度成果が出やすいやり方はありますが、それで稼げるかどうかは自分の行動次第です。

多くの人にサービスを購入してもらうための魅力的な言葉につられないよう、「絶対に」、「誰でも」といった言葉を見つけたら警戒するようにしましょう。

6.個別サポートをしてくれるか

起業塾に入ってビジネスの成果を出すためには講師に具体的な行動指針を教えてもらうことが欠かせません。

いくらビジネスノウハウを身につけても、最初は既に成功している人に手取り足取り教えてもらわなければ結果を出すことは難しいからです。

塾によってはノウハウをグループコンサルで全体に教えるだけで個別で面倒は見てもらえないことがあるので、個別サポートをしてくれるかどうかを判断基準の1つにしましょう。

7.自分と同じ職種の受講生が成果を出しているか

世の中には色々な職種があります。

例えば実店舗でサービスを行う仕事があれば、店は持たずにオンラインのみでサービスを提供する仕事もあります。

また、サロンのように直接お客様に施術する職業もあれば、コンサルタントやコーチのようにアドバイスをして悩みの解決に導く仕事もあります。

職種が違えば、売上を上げるためのポイントが若干違うことがあります。

そのため、起業塾を選ぶときには自分と同じ職種の受講生が成果を出していることが分かれば安心です。

8.講師との相性は良いか

塾や講師の力はもちろんのこと、講師との相性も見過ごせないポイントです。

起業塾に入ると数ヶ月〜1年ほど講師と関わりを持つことになります。

それにも関わらず、講師の話し方が好きではなかったり、なんとなく信頼できない感じがしたりすると、指導を受けるのが苦痛になってしまうでしょう。

すると、ビジネスにもあまり身が入らなくなってしまうかもしれません。

講師との相性は意外と重要なので、入塾を決める前にブログやSNSで発信している内容を読んだり、講師の話し声を聞いたりして長く関係を築けそうな相手かを確かめるようにしましょう。

9.契約書を交わしてくれるか

起業塾は多額のお金をかけて、長期間関わるもの。

だからこそ、契約書を交わしてくれるかどうかを確かめましょう。

契約書がなければ万が一トラブルが発生したときにこちらが不利になってしまいます。

また、契約書をもらい、詳しいサービス内容を確認すれば、入塾してから「こんなつもりじゃなかった」と後悔する事態を防ぐことができます。

10.無料で提供している情報の質

塾でどれくらい有益なノウハウを得られるかどうかは無料で提供している情報の質を見ることで推測することができます。

例えば、ブログやSNSを毎日更新し、ビジネスをしている人に役立つノウハウを発信している講師なら、起業塾に入っても良い情報を得られるでしょう。

一方であまりブログを更新していなかったり、更新していても内容が薄っぺらいと起業塾でためになるノウハウを教えてもらえるかは不安が残りますよね。

ブログやSNSから「この人は本当に読者のことを考えて発信している」と伝わるなら、入塾を前向きに考えてみても良いでしょう。

11.質問に親身になって答えてくれるか

塾について分からないことがあるときにはぜひ遠慮なく質問をしてみましょう。

その際、相手の対応をよく観察してみてください。

もし、親身になって質問に答えてくれるようであれば入塾してからも熱心に関わってもらえるでしょう。。

反対に、質問したら面倒そうにしたり、真剣に答えてくれなかったりする場合は、信頼できない塾である可能性が高いです。

12.成果保証をつけているか

私が主宰する売上コミットアカデミーでは売上アップ保証をつけています。

受講料が高い起業塾だからこそ、このように保証制度があると安心して入塾を決められますし、さらに、本気で受講生の結果にコミットしようとしていることが分かります。

起業塾を決めるときには保証制度があるかどうかをぜひ確認してみてください。

経営塾・起業塾に入って成功するために必要なこと3つ 

起業塾に入っても、全員が成功できるわけではありません。

必要な知識を学んだ上で、それを自分がどう生かすかが大切です。

最後に、経営塾や起業塾に入ってから成功するために必要なことをまとめていきます。

1.言われたことは素直に受け止める

まず、講師に言われたことは素直に受け止めましょう。

起業塾で教えられるビジネスの方法は言われた通りに実践することで効果が出やすくなります。

よく指示されたことを自己流にアレンジしてしまう人が居ますが、それでは結果は出にくくなってしまいます。

売上コミットアカデミーでも言われたことを素直にそのまま実践する人ほど結果が出ていますよ。

2.大量行動をする

もう1つ、起業塾に入って成功するために必要なのが大量行動です。

ビジネスで結果を出すためにはビジネスモデルを作ったり、ブログを毎日更新したりとやるべきことがたくさんあります。

そのため、行動すればするほど成功に近づくことができます。

たくさん行動するのは大変ですし、つい怠けそうになったり、後回しにしそうになったりすることもあるかもしれません。

しかし、そこで頑張ることによってライバルよりも抜きんでることができるようになります。

言われたことを素直に受け止める、そして、大量に行動する、この2つが成功する起業家に欠かせない要素です。

3.経営塾・起業塾に入るだけで売上が上がると思わない

起業塾に入るとき肝に命じて欲しいのが経営塾や起業塾に入ったからといって絶対に売上が上がるわけではないということです。

入塾して起業家に必要なノウハウやマインドを身につけても何もしなければ当然結果は出せませんよね。

そこで、稼げるようになるかどうかは自分次第という考えを常に持っておき、起業塾に入ったからといって安心せず、成功に向かってどんどん行動していきましょう。

まとめ 

世の中には色々な経営塾や起業塾がありますが、その全てが良い塾というわけではありません。

起業塾に入ったけれど具体的なアドバイスを得られず、結果を出せなかったという人はたくさんいます。

そのため、起業塾を検討する際には本当に成果を出せるところを見極めることが欠かせません。

今回ご紹介したポイントを必ず確認して、良い起業塾に入り、ビジネスの成功を目指しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい