高単価セールス

セールスの成約率を上げる方法|濃い見込み客を集めて効率的に販売するためのステップ

セールスの成約率を上げる方法|濃い見込み客を集めて効率的に販売するためのステップ
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、セールスの成約率が低い原因とどうすれば成約率が上がるのかを紹介しています。

また、良い結果に結びつくためには、濃い見込み客を集めていかなければなりません。

そのための方法も掲載していますので、ぜひ、参考にして見てくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

私の元には売上が上がらずに悩んでいる方からたくさん相談が届きます。

その中には「お客様は集まっているのにセールスが成功しないので売上が上がらない」というお悩みもあります。

ビジネスを始めても集客が上手く行かないと嘆く人も多い中、お客様を集められているのはすごいことです。

しかし、お客様はいるのにセールスが成功せず売上も上がらなければただ時間が取られるだけなのでとても勿体無いですよね。

せっかく集客が出来ているなら、セールスの成約率を上げて売上に繋げたいものです。

では成約率を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

セールスを成功させたいならただ闇雲にセールスするのではなく、あなたの商品を買いたいと思っている人に向けてセールスをすることが大切です。

つまり、まずはあなたに本当に興味がある人を集める必要があります。

そこで今回はセールスの成功率を上げる方法を徹底解説していきます。

集客は出来ているけれど売上が上がらないとお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

集客は出来ているのにセールスが成功しない理由はこれ!

集客は出来ているのに売上が上がらないとどうしてだろうと不思議に思いますよね。

お客様が集まっていれば自ずと売上も上がりそうですが、実はそれほどビジネスは単純ではありません。

セールスが成功しない原因はズバリ濃い見込み客を集められていないからです。

濃い見込み客とはあなたの商品やサービスについて本当に興味を持っているお客様のことです。

濃い見込み客に絞ってセールスをすれば自ずと成約率は上がります。

例えば、あなたのことを一度SNSで見たことがあるだけの人とあなたのブログを毎日読んで、考え方や理念に共感している人だったらどちらの方がセールスの成約率が高いでしょうか?もちろん後者でしょう。

このようにセールスの成約率を上げるためにはまずは濃い見込み客を集めることが必要なのです。

効率が上がり売上アップに繋がる。
セールスで濃い見込み客を集めるメリット4つ

あなたに興味を持った人全員にセールスをするのではなく本当に興味を持ってくれている人に絞ってセールスをすると色々なメリットがあります。

そこでセールスで濃い見込み客を集めるメリットを4つまとめました。

1.セールスの効率が上がる

濃い見込み客を集めて成約率がアップするとセールスの効率が上がるというメリットがあります。

最初の購入者を獲得したいとき、闇雲にセールスをしていてもなかなか購入者は現れないでしょう。

しかし、あなたに本当に興味がある人に絞ってセールスをすればすぐに購入者は現れるはずです。

もしかしたら最初にセールスした人が購入してくれるかもしれません。

実際にオンライン会議のZoomを使って2人にセールスをし、18万円と15万円の商品をそれぞれ販売して成約率100%を達成したコンサルの方もいます。

セールスする相手を選ぶことでこのような結果を出すことも可能なのです。

2.売上アップに繋がる

あなたに本当に興味がある人を集めてその人たちに向けてセールスをすれば当然売上アップにも繋がります。

例えばあなたに少し興味を持っている人100人にセールスする場合と濃い見込み客100人にセールスする場合では当然後者の方がたくさん売れるでしょう。

すると売上も自ずとアップします。

3.高単価商品も販売できるようになる

濃い見込み客とはあなたの考え方に共感し、商品やサービスを使ってみたいと思っている人たちです。

こうした方々はあなたが自分の悩みを解決してくれると思っているので、例えその商品が高額であっても喜んで購入してくれる可能性が高いです。

実際に私も高単価商品を販売していますが、セールスの成約率は70%以上もあり、7ヶ月で2500万円の売上を達成しました。

4.お客様の時間を無駄にしない

濃い見込み客を集めることは実はお客様にとってもメリットがあります。

あなたにそれほど強い関心がないのにセールスをされてしまうとお客様にとっては時間の無駄になってしまいます。

セールスの成約率が低いということは多くの人に対してそれを繰り返してしまうということです。

他の人の貴重な時間を奪ってしまわないためにもセールスのターゲットは絞るべきです。

濃い見込み客はこんな人!
行動別に4種類のお客様の特徴を解説

では具体的に濃い見込み客とはどういった人のことなのでしょうか?

濃い見込み客についてもっと理解できるよう、見込み客を広告を見た人、SNSのフォロワー、アメブロやサイトの購読者、LINEやメルマガの登録者の4つに分けて特徴を解説していきましょう。

1.広告を見た人

広告を出すとあなたのお店やビジネスの知名度が上がります。

お金をかければあとはほぼ自動的に広告を出してくれて効率良くお客様を集められるので広告は集客に成功しやすい便利なツールです。

ただし、広告を見て集まったお客様はまだあなたについて詳しくないので興味があったとしても濃い見込み客とは言えません。

2.SNSのフォロワー

インスタやFacebookなどSNSを使って集客をしているという人もいると思います。

SNSで毎日有益な情報を更新していれば自ずとフォロワーも増えて認知を広げることができます。

SNSのフォロワーは更新があるたびにあなたの投稿を見るので広告を見ただけの人よりは関心が高いですが、考え方やあなたが提供しているサービスについてはまだ詳しく知らない状態です。

3.アメブロやサイトの購読者

アメブロや自社サイトなどあなたがメインで情報発信をしている媒体を購読している人はブログや記事をいつも読んでいるのであなたのことをかなり詳しく知っている状態です。

そのため、商品やサービスを利用してみたいと考えている人が多いです。

4.LINEやメルマガの登録者

LINEに登録したり、メルマガの購読をしている人はアメブロやサイトの記事を見た上であなたと繋がりたいと思った人なので、濃い見込み客と呼べます。

ある程度あなたのファンになってくれているのでこの人たちに向けてセールスをすれば成約率が高くなります。

必ずメインのメディアに登録してもらおう。
濃い見込み客を集めるための4ステップ

あなたのファンになってLINEやメルマガを登録してくれる人が濃い見込み客と呼ばれる人たちです。

では濃い見込み客を集めるためにはどうしたら良いのでしょうか。必要な4ステップを最後にまとめました。

ステップ1 
お客様の入り口をたくさん用意する

濃い見込み客を集めるためにはまずは普通のお客様を増やすことが大切です。

そこで広告を打ったり、インスタやFacebookなどのSNSを始めたりしてお客様の入り口を増やしましょう。

ステップ2 
メインで情報発信をしているメディアに登録してもらう

あなたに興味を持っている人を濃い見込み客にするにはあなたについてもっと深く知ってもらう必要があります。

そこで広告やSNSからアメブロや自社サイトなどのメインで情報を発信しているサイトへ誘導しましょう。

ステップ3 
LINEやメルマガの登録を促す

濃い見込み客にセールスをするためにはお客様と直接繋がることが大切です。

そこでアメブロやサイトには必ずLINEやメルマガなどのお客様と直接繋がれるツールのリンクを貼っておき、登録を促しましょう。

ステップ4 
見込み客にオファーする

LINEやメルマガに登録してもらったらいよいよ最後のステップです。

お客様と直接繋がったら一斉配信や一人一人とのやり取りを通じてオファーをしましょう。

LINEやメルマガに登録している時点でお客様はかなり教育された状態ですから、ここで集めたお客様にセールスをすれば成約率がかなり高くなりますよ。

まとめ

集客は出来ているのにセールスがなかなか上手くいかないのは濃い見込み客が集められていないからかもしれません。

あなたの考え方に賛同し、商品やサービスを使ってみたいと考えている人に絞ってセールスをすれば自ずと成約率が高くなります。

濃い見込み客を集めるにはあなたに関心がある人をメインで情報発信しているメディアに誘導してあなたについて深く知ってもらい、その後直接繋がれるLINEやメルマガに登録してもらうことがポイントです。

この集客導線が出来ればセールスの成約率が上がり、売上アップにも繋がりますよ。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい