SNS集客

起業家がYouTubeをビジネスで使うべき理由|メリット・デメリットをご紹介

起業家がYouTubeをビジネスで使うべき理由|メリット・デメリットをご紹介
売上コミット
コンサルタント
とみたつづみ

YouTubeで情報を発信する起業家さんが増えていますよね。

そんな動きを見て「私もYouTubeを始めた方がいいの?」と思ったことはありませんか?

今回は起業家がYouTubeを始めるメリットやデメリットをご紹介していくので、YouTube集客を検討している方はぜひ最後まで見てくださいね!

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

YouTubeのチャンネルを作り、動画を通して集客をする起業家が増えてきています。

私もYouTubeチャンネルを持っていて、売上や集客のお悩みを解決する情報を発信しています。

こうした流れを見ると、「自分もYouTubeをするべき?」と悩む方もいるのではないでしょうか。

オンラインでの集客方法にはブログやSNSなど様々なものがあるので、興味はあっても手が回らず、時間ができたときにやろうと考えているかもしれません。

しかし、YouTubeには起業家にとって様々なメリットがあり、多くのお客様を集めたいのであれば積極的に活用していくべきと言えます。

そこで、今回は起業家がYouTubeを始めるメリットとデメリットをご紹介します。YouTubeを始めようか迷っているという方は必見ですよ。

こちらが私のYouTubeチャンネルです。

起業家がYouTubeをビジネスで使うメリット7つ 

ブログやSNSとは違い、気軽に始めにくいYouTubeですが、チャンネルを持てば色々なメリットを得られます。

上手く活用すれば売上アップにも繋がるでしょう。

そこで、まず初めにビジネスでYouTubeを使うべき理由をまとめました。

ユーザーが多いため認知が広がる

日本国内のYouTubeの月間の利用者数は6500万人を超えると言われています。

これは日本の人口の半分ほどで、どれだけ浸透しているかが分かりますよね。

特にコロナ禍によって家で過ごす時間が増えたことから、娯楽としてYouTubeを見る人が増えています。

こうした背景から、起業家がYouTubeで情報発信をすれば多くの人に認知される可能性があります。

潜在顧客にアプローチできる

YouTubeには関連動画やおすすめ動画を紹介する機能がありますよね。

あなたもおすすめされた動画を見たことがあるのではないでしょうか。

関連動画はユーザーの視聴履歴から興味がありそうなジャンルを予測した上で表示されるため、あなたのYouTubeチャンネルが潜在顧客に表示されることもあり得ます。

YouTubeでビジネスに関する情報を発信するいわゆるビジネス系YouTuberが増えており、YouTubeを何かを学ぶ目的で利用している人も増加しています。

そのため、YouTubeがきっかけで問い合わせや申し込みに繋がることも出てくるでしょう。

無料で始められる

無料で利用できるのもYouTubeの魅力の1つです。

チャンネルを作ったり、動画をアップしたりするのに費用はかからないため、起業したばかりであまり資金がない方でも始めることができます。

文章や画像よりも詳しく情報を伝えられる

今まで、オンラインでの集客はブログやSNSを中心としていた方が多いのではないでしょうか?

文字や画像でも情報を伝えることはできますが、動画ではより多くの情報を分かりやすく伝えることができます。

例えば、商品を実際に使っている様子やあなたが話している様子を見せることによって、お店やあなたの魅力をアピールできるでしょう。

ブログ、SNS、YouTubeを全て運用するのは大変ですが、それぞれの強みを生かして集客を戦略的に行いましょう。

広告収入が増える

YouTubeは動画の途中に広告を入れることで広告収入を得ることができます。

動画を作成してアップするのは手間がかかりますが、チャンネルが伸びれば何もしなくても自動で収入が入るようになります。

登録者数が増え、再生回数も伸びればその分広告収入も増えていくでしょう。

ただし、広告収入を得るためにはチャンネル登録者数や再生時間などの条件をクリアしなければいけません。

これから伸びていく動画市場に対応できる

動画市場は年々成長を続けています。

その要因として次のようなものが考えられます。

  • スマートフォンを所有する人が増えている
  • スマートフォンでの動画視聴時間が年々増えている
  • 通信速度が速い5Gが普及し始めている

また、サイバーエージェントが2020年に発表した「動画広告市場推計・予測 <デバイス別>」を見ると、2020年は2954億円だった動画広告市場が2024年には6856億円にまで伸びると考えられています。

これからもっと世の中に浸透すると考えられる動画だからこそ、今のうちから発信するメリットは大きいのです。

他のツールが廃れても集客できる

集客方法は常に流行り廃りがあります。

例えば、Facebookは以前は非常に利用者の多いSNSでしたが、日本では2019年にユーザー数が減少しています。

一方で、Instagramはユーザー数を伸ばしており、ビジネス用のアカウントを作る人が増えてきました。

ただし、インスタもFacebookのようにいつかはユーザー数が減り、集客に向かないツールになってしまうかもしれません。

いつまでも同じツールに頼っていると、そのツールが廃れたときに集客方法を失ってしまいます。

そうならないよう、ユーザーが増え、これからも市場が伸びると考えられるYouTubeを使った集客の仕組みを今のうちから作っておくべきなのです。

起業家がYouTubeをビジネスで使うデメリット4つ 

ユーザー数が多い、詳しく情報を伝えられるといったメリットがあるYouTubeですが、一方でいくつかデメリットもあります。

YouTubeを集客に上手く活用するためにマイナスの面も知っておきましょう。

動画作成に時間がかかる

動画の欠点は作るのに時間がかかることです。

ブログやSNSは文章を書いたり画像を貼ったりするだけなので、1回の投稿は短い時間で終わるでしょう。

一方で、動画はまず撮影をし、その後で編集もしなくてはいけません。

動画編集は凝ろうとするとかなりの時間がかかります。

そのため、忙しくて時間がない起業家にとっては手が出しにくいです。

動画編集に専門知識が必要

動画を編集するには専門知識が必要です。

文字入れや画像挿入などを簡単にできる動画編集アプリもありますが、本格的に編集をするのであれば有料の動画編集ソフトを購入し、難しい操作をこなさなくてはいけません。

初めて動画編集をする人にとってはかなり大変で、納得できる仕上がりにするには時間がかかるでしょう。

動画編集の知識がない場合や時間がとれない場合は、編集を外注するのがおすすめです。

費用はかかりますが、プロに任せれば分かりやすく見やすい動画が仕上がります。

何より、起業家にとっては時間が浮くのがメリットです。

登録者数を伸ばしにくい

YouTubeの難点の一つが登録者数を伸ばしにくいことです。

広告収入が得られることに魅力を感じ、動画投稿を始めたものの、登録者数が伸びず収益化ができない人は少なくありません。

ブログやSNSの場合は一から始めても、自分から他の人をフォローしたりいいねしたりすることでフォロワーを増やすことができますが、YouTubeではこうした手法が使えません。

そのため、色々な人に見つかるまで、動画をコツコツ投稿し続けることが求められます。

継続するのが難しい

1本の動画をアップするのに時間がかかり、さらに登録者数が伸びにくいことから、YouTubeは継続していくのが難しいです。

最初はたくさん投稿していたのに、やがて更新が止まるチャンネルはたくさんあります。

しかし、YouTubeは軌道に乗れば大きくチャンネルが成長し、視聴回数や登録者数が増えていきます。

そこで、最初はなかなか反応が出なくても諦めずに投稿し続けましょう。

まとめ 

動画市場はこれから伸び続けると予測されています。

そのため、YouTubeでビジネスについて発信し、上手く運用することができればお客様を集めてくれるツールになるでしょう。

最初は登録者数が伸びず、諦めそうになるかもしれませんが、動画の数を増やし、長期的に運用することで結果が出るものなので、コツコツと動画をアップし続けましょう。

集客に繋がる動画の作り方についてはこちらの記事でご紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい