マーケティング

【保存版】客単価アップに必須のフロントエンド商品とバックエンド商品の基本編を徹底解説

客単価アップに必須のフロントエンドとバックエンドの基本編を徹底解説
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、売上を飛躍的に上げていくために欠かせないフロントエンド商品とバックエンド商品の基本的なことを紹介しています。

特に、コーチ・コンサル・セラピストのお仕事をされている方には大事な内容ですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

売上を作りたいときに必要なことといえば何でしょうか?

まず、新規のお客様を増やすことが頭に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

それももちろん正解ですが、さらに客単価をアップするという方法があることも忘れてはいけません。

客単価が高いと毎月しっかり売上を上げることができます。

では客単価アップするにはどうすれば良いのでしょうか?

そのためにはフロントエンド商品とバックエンド商品を作ることが必要です。この2つがなければお客様を集めつつ、利益をしっかり出すということは難しくなります。

しかし、フロントエンドとバックエンドを持っている人はあまり多くありません。

そもそも2つがどういうものなのかもよく分かってないという人もいるかもしれません。

そこで今回は客単価アップには欠かせないフロントエンドとバックエンドの特徴について徹底的にご紹介していきたいと思います。

今のビジネスで売上を上げたいという人は必見ですよ。

なお、フロントエンドとバックエンドについてはこの「基本編」とそれぞれの商品の作り方をまとめた「作り方編」に分けてご説明するので、この記事を読んだ後はぜひ作り方編も読んでみてくださいね。

お店の売上を作る商品やサービス。
バックエンド商品の特徴4つ

まずはバックエンド商品がどんな特徴なのかを解説していきます。ビジネスの売上を上げるためにもぜひ知っておきましょう。

お客様の悩みを解決する

バックエンド商品はお客様が抱えている悩みや「こうなりたい」という望みを叶える商品です。

例えば起業コンサルタントなら起業コンサル、エステサロンなら数ヶ月に渡って徹底的に肌質を改善するコースなどがバックエンドになります。

お客様にとって大きな価値がある商品がバックエンドなのです。

価格が高い

バックエンド商品の特徴といえば価格が高いことです。

先ほど触れたようにバックエンドはお客様の悩みを解決したり夢を叶えたりするものなので、商品価値が高いです。

つまり、価格もかなり上げることができます。

販売する商品の内容にも寄りますが、
20万円のエステのコース、3ヶ月50万円の起業コンサルなど、数十万円、さらに数百万円することもあります。

「そんな高い商品が売れるの?」と思う人もいると思いますが自分の問題を解決できるものならお客様は高くても喜んでお金を出します。

もちろん、高単価の商品を買ってもらうためには商品をただ用意するだけでなく上手にセールスすることもまた大切です。

売上の中心になる

数十万円、数百万円の高価格の商品だからこそ、バックエンドはビジネスの売上の中心になります。

売上がなかなから上がらない、客単価アップできないと悩む理由はこのバックエンドがないからというケースが多いです。

これだけの高単価の商品を販売するのはとても勇気がいることですが、ビジネスを軌道に乗せたいのならバックエンドを持たなくてはいけません。

ビジネスの中心になる

売上の中心になるということはバックエンドはビジネスの中心になります。

もう少し分かりやすく言うと、バックエンドを売ることで利益を得られるので、バックエンドを売ることを目標にして集客の方法や宣伝で使う言葉など、ビジネスのあらゆる面を考えることになります。

例えばバックエンドの理想のお客様像を設定し、その人に向けて情報を発信していくことになりますし、後から説明するフロントエンドもこのバックエンドを踏まえた上で作っていくことになります。

そのため、バックエンドをどんな商品にするかは非常に重要なのです。

集客を目的とした商品やサービス。フロントエンド商品の特徴4つ

フロントとは英語で「前」という意味です。

つまり、バックエンドの前にあるのがこのフロントエンドです。

ではフロントエンドはどのような商品やサービスのことなのでしょうか?
主な特徴を4つまとめました。

お店やビジネスの「おためし」

バックエンドは数十万以上する高価格の商品です。

しかし、よく知らないお店でいきなり高い買い物をする人はいません。

そこでまずはどんなお店なのか、サービスを提供している人がどんな人なのかを知ってもらうためにお試しの商品として用意するのがこのフロントエンドです。

フロントエンドでお客様に寄り添い、信頼を貯めればバックエンドの購入に繋げることができます。

目的は見込み客の集客

お試しの商品やサービスを体験したいと思うということは、バックエンド商品を購入する可能性があるということです。

つまり、フロントエンドはバックエンドの見込み客を集客するという役割があります。

フロントエンドももちろんお店の商品ではありますが、あくまでバックエンド商品の購入が目的となって作られるものなのです。

価格は低い

ビジネスの売上を作るのはバックエンドの役割で、フロントエンドの役割はバックエンドの見込み客を集めることです。

つまり、価格は集客しやすい価格を付けなくてはいけません。

そのため、数千円〜数万円と比較的求めやすい低価格になります。

フロントエンドは売上を目的として作られるものではありませんから、フロントエンドで売上や利益が作れなくても気にする必要はありません。

バックエンドとの一貫性が大事

フロントエンドで集めたお客様にバックエンド商品を購入してもらうためにはバックエンドとの一貫性が大事です。

具体的に言うとバックエンドとフロントエンドのターゲットが一致し、そのターゲットが解決したいことの一部をフロントエンドで解決できるようになっていなくてはいけません。

ここがちぐはぐになっているとせっかくフロントエンドでお客様を集められてもバックエンドを売ることはできません。

フロントエンドからバックエンドを売るまでの基本の手順

既に説明の中で少し触れていますが、最後に改めてフロントエンドとバックエンドを売るときの流れをまとめておきましょう。

フロントエンドで見込み客を集める

ビジネスはフロントエンドでお客様を集めることから始めます。

低価格でお客様が手を出しやすい値段にして、お店の雰囲気やあなたが提供しているサービスがどんなものか体験してもらいましょう。

例えばコンサルタントやコーチならまずはZoomで30分のセッションをしたり、エステサロンなら新規のお客様限定のお得な価格のコースを用意したりすると良いでしょう。

フロントエンドを体験したお客様の信頼を貯める

フロントエンドを提供するときには、コンサルやコーチならお客様の悩みを親身になって聞いたり、サロンなら気持ちの良いひと時を過ごしてもらうことでお客様の信頼を貯めましょう。

「この人なら抱えている悩みを解決してくれそう」、「このメニューは効果が感じられそう」と自分や商品に価値があることを理解してもらえばバックエンド商品も売れやすくなります。

商品やサービスを体験してもらった後に「何か不満はありませんでしたか?」、「他に解決したい悩みはありませんか?」とフォローするのも効果があります。

バックエンド商品を紹介する

フロントエンドを体験し、反応が良かったお客様にはバックエンド商品を紹介しましょう。

高単価の商品を紹介するのは気が引けるという人もいるかもしれませんが、バックエンドはお客様の悩みを解決するものですから、お客様にとって魅力的な商品ですし、本当に欲しいと思えば喜んでお金を払います。

そこで恐れずに堂々とお客様に役立つ商品であることをじっくり説明し、契約を目指しましょう。

まとめ

売上アップや客単価アップをするためにはフロントエンドとバックエンドを持っていることが大切です。

バックエンドはお客様の持つ悩みを解決するためのもので、商品価値が高く、価格も高いです。

対してフロントエンドはバックエンドの見込み客を集めることが目的の商品で、まずはお店やサービスを体験してもらうために低価格で販売します。

フロントエンドとバックエンドについて学んだあとは実際にあなたのビジネスでそれぞれの商品を作ってみましょう。

フロントエンド商品とバックエンド商品をどう作れば良いかはこちらの「作り方編」でご紹介します。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい