マーケティング

【保存版】客単価アップに必須のフロントエンドとバックエンドの作り方編を徹底解説

客単価アップに必須のフロントエンドとバックエンドの作り方編を徹底解説
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、客単価アップに繋がるフロントエンド商品とバックエンド商品の作り方を紹介しています。

この2つの商品を作り上げることで、あなたの売上が飛躍的にアップすることに繋がりますので、ぜひ、参考にしてみてください。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

売上をアップしたいなら安い価格の商品だけを扱っていてはいけません。

求めやすい価格のフロントエンド商品、数十万〜数百万円するような高価格のバックエンド商品の2種類の商品を持つことで客単価がアップします。

もちろん、ただフロントエンドとバックエンドがあるだけでは売上を伸ばすことはできません。

それぞれがお客様が購入したいと思う魅力的な商品でなくてはいけません。

そんな商品を作るためにはフロントエンドとバックエンドの作り方を知っておく必要があります。

正しい方法で作ることでお客様に価値が伝わりセールスもしやすい商品になります。

反対に間違った方法で作ってしまうとなかなか買ってもらえない商品を売ることになってしまいます。

そこで今回は客単価アップに欠かせないフロントエンドとバックエンドの作り方を徹底解説していきます。

フロントエンドとバックエンドの特徴については基本編でじっくり解説しているので、まずはフロントエンドとバックエンドについて知りたいという方はそちらをご覧ください。

フロントエンドとバックエンドの特徴を簡単に解説!

まずはフロントエンドとバックエンドの特徴について簡単にご紹介しましょう。

それぞれがどんな商品なのかを押さえておくことで売上アップに繋がる商品を作ることができますよ。

バックエンド

バックエンドはお客様の悩みを徹底的に解決するための商品です。

お店やビジネスの看板商品であり、強みとなります。

商品価値が高いことから値段も高くなり、数十万、もしくは数百万することもあります。そのため、ビジネスの売上や利益を作る商品です。

このバックエンドがビジネスの中心となり、フロントエンドを作ったり、集客方法を選ぶときにはバックエンドを売ることを前提にして考えられます。

フロントエンド

フロントエンドはバックエンドを購入する見込み客を集めるための商品です。

どんなお店なのか、どんな人がサービスを提供しているのかが分からないまま、いきなり高額の商品を購入する人はいません。

そこでお店の雰囲気を体験したり、どれくらい信頼性があるかを知ってもらうためにお試しとして提供するのがフロントエンドです。

集客が目的なのでお求めやすい価格をつけるのが一般的です。

そのためフロントエンドでお店の売上や利益を上げられなくてもそこまで気にする必要はありません。

客単価をアップし売上を伸ばすバックエンドの作り方

商品を用意するとき、まずはバックエンドから作っていきます。

お店の売上の中心になるものですから慎重に作らなくてはいけません。

そこでバックエンドを作るときのポイントをまとめました。

どんな悩みを解決できるかを考える

ビジネスの基本は他人の悩みを解決することです。

バックエンドはお客様の悩みを徹底的に解決するものですから、どんな悩みを解決するかを決めるのはとても重要です。

そこであなたが解決できることを考えてみましょう。


「普通のママだったけど起業して稼げるようになったから忙しいママが起業するためのアドバイスができる」、「いろいろ工夫することでブログのアクセス数が多くなったからブログの添削コーチになれる」など、自分の経験に基づいて考えるとあなたの強みが見えてきますよ。

ターゲットを決める

どんな悩みを解決するのかが決まったらバックエンドのターゲットも決めましょう。

ターゲットとはバックエンドを購入する理想のお客様のことです。

男性か女性か、どこに住んでいるのか、年収はどれくらいかといった属性はもちろん、人生において何を大切にしているかといったその人の価値観も設定しましょう。

さらにターゲットの悩みや願望も設定すると集客や宣伝するときの参考になります。

ターゲットの悩みはもちろん最初に設定したバックエンド商品で解決できる悩みと一緒ですよね。

それを踏まえてターゲットは将来どうなりたいと思っているかを考えてみましょう。

価格を決める

バックエンド商品を作るときには価格についてもよく考えましょう。

ここで大切なのは商品内容よりも先に価格を決めることです。

バックエンドの単価は「月の売上目標」を「1ヶ月に受け入れ可能な人数」で割ると求められます。

例えば月商100万円が目標で月に5人受け入れ可能なら単価は20万円になります。

高い値段にすることを怖がる人もいますが、安いと商品価値があっても「本当に効果があるの?」と怪しまれてしまいます。

また、値段が高いとお客様が目標の達成に向かって本気で取り組むようになるのでお客様にとってもメリットがあります。

お客様がなぜあなたを選んでくれたかというと「安いから」ではありません。「問題を解決できそう」、「願望を叶えられそう」と思うから選んでくれています。

そこで商品を通して悩みが解決できることや望み通りの自分が手に入れられることをきちんと伝えれば高い価格でも買ってもらえます。

自分が提供できる最高のサービスを作る

価格が決まったら次は商品の内容を詳しく決めていきましょう。

値段が高ければ高いほど、解決するお客様の悩みの度合いは深くなります。

例えばエステならリラクゼーションをしたいお客様と痩せた体を手に入れたいというお客様では悩みの深さが違いますよね。

そこで単価を元にそれに見合うような価値をつけていきましょう。

ここで本当にお客様の悩みを解決できる良い商品が作れればセールスがしやすくなり、成約率も上がりますよ。

集客しバックエンドの購入に繋げるフロントエンドの作り方

バックエンドが作れたら次はフロントエンドを作っていきます。

バックエンドの見込み客を集めるという目的が達成できるようなフロントエンド商品の作り方を解説していきます。

バックエンドで解決できる問題を洗い出す

フロントエンドはバックエンドのお試し商品です。

つまり、バックエンドとの一貫性がなくてはいけません。

バックエンドとターゲットが違ったりするとせっかくフロントエンドでお客様を集めてもバックエンドは購入してもらえません。

つまり、フロントエンドはバックエンドでお客様が解決する問題の一部を解決するような商品が望ましいです。

そこでバックエンドで解決できるお客様の問題や悩みを一度洗い出してみましょう。

バックエンドのお試し商品を作る

バックエンドで解決できる悩みを洗い出したらその中のどれかを解決できるようなフロントエンド商品を考えましょう。

例えば1ヶ月のブログ添削コーチングがバックエンドなら、ターゲットは魅力的な記事を書けるようになりたいと思っていますから、まずは1記事添削するというフロントエンドが考えられます。

また、3ヶ月間の起業コンサルがバックエンドなら、まずはZoomなどのオンライン会議ツールを使って90分個別コンサルをするのがフロントエンドになりそうです。

サービスをちょっと試せる商品やお店の雰囲気が分かるような商品を考えましょう。

求めやすい価格をつける

バックエンドは思い切って高い価格をつけるのがポイントでしたが、フロントエンドの目的は見込み客を集めることです。

そこで求めやすい価格に設定するのがポイントになります。

例えばバックエンドが50万円でもフロントエンドは5000円や1万円など比較的に安い値段にすると見込み客が集まりやすくなります。

まとめ

客単価をアップするためにはフロントエンドとバックエンドの2種類の商品を用意しておくことが大切です。

ただし、購入してもらうためにはそれぞれが魅力的な商品でなければいけません。

そこで今回ご紹介したバックエンドとフロントエンドの正しい作り方のポイントを押さえた上で商品を作りましょう。

すると見込み客が欲しいと思う商品になるので、セールスも簡単になります。バックエンドが売れれば客単価も一気にアップしますよ。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい