マーケティング

セールスの前に準備しておくべきこと5つ|セールスが上手くいく方法

セールスの前に準備しておくべきこと5つ|セールスが上手くいく方法
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、セールス前の事前準備について紹介しています。

セールスの成功率を上げるためには、事前準備は欠かせません。

そのために必要な準備を5つに分けて解説しています。

成約率を今よりもっと上げたい方には、大切な内容ですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

プロスポーツ選手やテレビで面白いトークを繰り広げる芸能人など、本番でしっかり結果を出している人に共通していることはなんだと思いますか?

それは「準備」です。

圧倒的な結果を出せるのは元々才能があるからだという理由で片付けられることもありますが、裏ではしっかりとした準備をしていることを忘れてはいけません。

これはセールスをする人も同じで、セールスの成功率が高い人は本番に向けて事前準備をしっかりしています。

セールスが上手く出来ずに悩む方は少なくありません。

私のところにもそうした悩みを抱えた方がたくさん相談に来られます。セールスで失敗が続くと自信がなくなってしまいますよね。

でも正しい方法で万全の準備をしておけばあなたのセールスの成約率をこれから伸ばしていくことができます。

5000円の商品しか売れなかったコンサルタントがセールスの成功のために準備をすることで18万円と15万円という高単価商品をそれぞれ販売できたという事例もあるんですよ。

今回はセールスの前に準備しておくべきことを5つご紹介していきます。

セールスでもっと成功したいという方は必見です。

成約率が上がる。
セールスの前の準備が大切な理由2つ

セールスの前に準備をしておくと色々なメリットがあります。

そこでまずはセールスで準備が大切な理由を2つご紹介しましょう。

1.セールスの成約率が上がる

準備が大切な理由は何と言っても成約率が上がることです。

スムーズに話せるように練習し、本番でお客様の心を揺さぶることができれば当然契約してもらいやすくなります。

セールスが成功し、売上が上がれば収入が増えるのはもちろんのこと、ビジネスのために使えるお金も増え、もっとあなたの会社を大きくすることもできます。

陰で練習をするのは大変ですが、得られるメリットは大きいので準備するための労力も惜しくありませんよね。

2.お客様を安心させられる

セールスをするとき、お客様はあなたの商品に興味はあっても

「強引に売りつけられたりしないかな」

「この人は信頼できる人だろうか」と不安に感じているものです。

しかし、そんな不安を解消するために自己紹介をして何者か知ってもらったり、お客様の話に耳を傾けて親身になっている姿勢を見せたりとセールスの中で上手くアプローチができればお客様も安心して話を聞くことができます。

セールスの事前準備は自分だけでなく、お客様のためにもなるのです。

ロールプレイング形式で練習する。
セールスの前に準備しておくべきこと5つ

では具体的にセールスの前にはどのように準備をしておけば良いのでしょうか?

本番前にしておくべき特に大切な5つの準備をまとめました。

1.お客様が欲しいと思う商品を用意する

まずセールスをする人がやるべきことはお客様が欲しいと思う商品を用意することです。

いくらセールスの練習をしても、商品に魅力があれば購入はしてもらえません。

そこでお客様の問題を徹底的に解決できたり、成果がきちんと出せたりするような商品を準備しましょう。

それを適切なお客様の前に置けば自然と

「欲しい!」

「買いたい!」

と思ってもらえるものです。

良い商品があればあなたも自信を持って堂々とセールスをすることができ、セールストークもよりお客様の心を動かせるものになりますよ。

お客様が欲しいと感じる商品やサービスの作り方はこちらで徹底解説しています。

2.信頼度を高める

商品を購入してもらうためには信頼度を高めることが欠かせません。

なぜならお客様は信頼できない人にはお金を出さないからです。

直接会わないオンラインでのセールスをするなら特にこの点は意識しておくべきです。

そこでブログで読んでいる人の悩みを解決できるような有益な情報を発信したり、まずは無料でお客様の相談に乗ったりして

「この人は私のために親身になって考えてくれている」

と感じてもらいましょう。

そうすればセールスも関心を持ちながら前向きな気持ちで聞いてもらえます。

3.スライドを用意する

高単価の商品を販売するときはその価値をしっかり伝えるために長い時間セールスを行います。

その間、ただ話しているだけだとお客様は疲れてしまいますし、セールスする側も段取りを頭の中に入れておかなくてはいけないので大変です。

そこでセールスではスライドを用意して、それに沿いながら説明していきましょう。

そうすればお客様も視覚を用いながら情報を仕入れるので疲れにくくなります。

スライドは見やすく、話の内容が入って来やすいように作るのがポイントです。

長時間話すためのスライドを準備するのは大変ですが、一度用意すればその後のセールスで何度も使い回せて楽ですよ。

4.ロールプレジング形式で練習する

本番で上手く話すためにはやはり実際にセールストークを口に出しながら練習することが大切です。

お客様が目の前にいることを想定して一人でつぶやきながら練習するのも良いですが、一番望ましいのは相手役を用意してロールプレイング形式で練習することです。

そうすればお客様の反応に合わせてセールスを展開する練習ができます。

実際に私も経営者の方の売上アップのために私が相手役になってロールプレイング形式でセールスの練習をしています。

その結果、高単価商品でもセールスに成功し、月商100万円以上を達成している人もいます。

5.相手のビジネスについて調べる

ビジネスをしている人を相手にセールスを行う場合はお客様のビジネスについて調べておくことも欠かせません。

何を売っているのか、どんな理念があるか、誰をターゲットにしているか、どんな媒体を使って宣伝しているかなど色々な面を知ることでそのお客様に合ったセールスの仕方が見えてきます。

また、お客様は自分のビジネスについてあなたがきちんと理解している様子を見れば信頼できる人だと感じるでしょう。

セールスの前に準備をするときの注意点はこれ

セールスの準備をするに当たって注意すべきことがあります。

それは準備を完璧にしようとするあまり行動が遅れてしまうことです。

準備をしっかりするのは大切なことですが、完璧に準備できた状態はいつまで経ってもやって来ません。

セールスは実際に経験を積まなければ改善点が見えてこないものなので、準備をしっかりしつつ、経験を重ねながらセールスの腕を上達させようという意識を持つことが大切です。

準備と行動のバランスを上手く保ちましょう。

セールスのあとは振り返りをして次に繋げよう!

セールスが終わったら契約をしてもらえた場合でもしてもらえなかった場合でも必ず振り返りをしましょう。

セールスの中で上手く説明できなかったところがなかったか、お客様に価値を十分に伝えられたかなど、流れを一通り振り返ってみましょう。

反省点は次のセールスを成功させるためのヒントになるものです。

上手く出来なかったところを改善できるようにまた次のセールスに向けて準備をしましょう。

まとめ

セールスを成功させるためには十分な準備が必要です。

準備をして万全の状態で臨むことで成約率が高くなるのはもちろんのこと、お客様に安心して話を聞いてもらえるというメリットもあります。

ロールプレイング形式で練習したり、事前にお客様からの信頼を集めておいたりと、出来る準備をしましょう。

ただし、準備を完璧にしようとするあまり、なかなかセールスに挑めなくなると意味がないので、ある程度準備ができたら本番に臨むようにしましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい