集客

【店舗ビジネス必見】オフライン集客の方法やメリット・デメリットについて解説|

オフライン集客の方法やメリット・デメリットについて解説
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、インターネット集客ではなく、オフライン集客のメリット、デメリットを紹介しています。

多くの方は、オンライン集客を求めて、活用していきますが、まだまだオフライン集客は集客力があり、ライバルも取り組んでいないので、おすすめです。

ぜひ、この機会にオフライン集客を取り入れてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

集客にはオンライン集客とオフライン集客という2つの種類があります。

オンライン集客はネットを利用したもので、オフラインはチラシやポスティングなど紙媒体のものが中心です。

ネットの普及により、オンライン集客を利用している人はとても多いですが、まだまだオフライン集客にも効果はあり、地域での知名度の高さが集客に影響を与える店舗ビジネスなど、業種によってはオフライン集客の方が向いているケースもあります。

ビジネスをするならオンラインだけでなくオフライン集客についても知っておいた方がもっと集客で成果を出せるかもしれません。

そこで今回はオフライン集客の種類やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

特に店舗ビジネスをしている方は必見ですよ。

店舗ビジネスをするなら知っておくべきオフライン集客の方法5つ

オフライン集客をするならまずはどんな方法があるのかを知っておかなくてはいけません。

そこで最初にオフライン集客の主な方法を5つご紹介していきましょう。

チラシ

オフライン集客といえばやはりチラシではないでしょうか。

新聞の折込チラシを発行したり、ポスティングをすることによって新規のお客様にお店の存在を知ってもらうことができます。オンラインで宣伝するお店も増えてきていますが、チラシによる宣伝もまだまだ効果的です。

DM(ダイレクトメール)

DMはチラシと似ていますが、商品の案内やカタログなど、チラシに比べてもっと詳しい内容が書かれているのが特徴です。

新規のお客様を広く集めるというよりは既にお店を利用している方や見込み客にターゲットを絞って送られることが多いです。

イベント

イベントもオフライン集客の1つです。地域のお店がたくさん集まるイベントに参加したり、大きい駅で展示会を行ったりすることでお店の認知を広げることができます。

サービスの一部を体験してもらったり、サンプリングを配布したりすることでお店のファンになり、商品やサービスを購入してくれる人が現れるかもしれません。

地域のフリーペーパーに広告を出す

地域や周辺のお店の情報が載っているフリーペーパーに広告を出すという集客方法もあります。

お店の情報を載せるのはもちろん、クーポンも載せることで来店を促すことができます。

毎月ポストに投函されるような読者が多いフリーペーパーを狙うとより集客効果が期待できるでしょう。

看板

集客方法として見過ごされることも多いですが、看板もお客様を集める効果があります。

見たことのない看板があると「ここに新しいお店ができたんだ」と発見する機会になります。

もし、お店が気になったら帰ってネットで店舗名を検索して詳しく調べてもらえるかもしれません。

また、デジタルサイネージなど電子看板を店頭に置けばより目を引くことができるでしょう。

地域での知名度を上げるのにぴったり!
オフライン集客をするメリット4つ

オフライン集客でお客様を集めるためにはメリットを知っておくことが大切です。

そこでオフライン集客の主なメリットを4つご紹介しましょう。

1.地域での認知度をアップできる

オフライン集客は地域での認知度を高められるという大きなメリットがあります。

チラシは地域を指定して配りますし、地域のフリーペーパーに広告を載せれば周辺に住む人が見てくれます。

認知されるとお店に足を運ぶ人が増えるでしょう。

例えば整体なら「整体に行って体をほぐしたい」と思った人がチラシで見た整体院を思い出し、来店します。

そのため、オフライン集客は特に店舗型のビジネスをしている人にぴったりです。

2.高い年齢層の人にも見てもらえる

今や多くの世代がスマホやパソコンを使っていますが、高い年齢層でネットで情報を得る習慣がある方は少ないです。

こうした世代の人にはアナログな集客方法を使う方が効果が出やすいです。

そこで美容サロンや整体などで上の世代をターゲットにしているならオフライン集客の活用を考えましょう。

3.幅広い人に見てもらえる

ネットは世界中の誰でも情報にアクセスできるというメリットがあります。

しかし、基本的には自分が求めている情報しか見ません。

その一方でポスティングをしたり新聞折込を利用すれば幅広い人にお店の情報を知ってもらうことができます。

オフライン集客はまずはどんどん認知を広げたいというときに適している集客方法なのです。

4.専門知識がなくても宣伝できる

ネットではサイトを作ったりSNSで発信したりすることで集客をします。

しかし、サイトづくりについて知識がなかったり、SNSの使い方がよく分からなかったりするとうまく使いこなせません。

一方で紙媒体での集客ならワードやエクセルでテンプレートを使いながら簡単にチラシを作れますし、もちろん手書きでもOKです。

このように専門知識がなくても宣伝できるのはオフライン集客のメリットです。

便利な一方で注意点も。
オフライン集客のデメリット3つ

色々なメリットがあるオフライン集客ですが、その一方でデメリットもあります。

デメリットをきちんと知っておけばよりオフライン集客を使いこなすことができます。

そこでデメリットについても解説しましょう。

1.お金がかかる

チラシを発行したり、地域のフリーペーパーに広告を載せるときにはお金がかかります。

一方でネットでの集客なら無料のブログサービスやインスタグラムなどのSNSで情報発信すればお金はかかりません。

ただし、オフライン集客でも自分でチラシのデザインを作ったり印刷までしたりすればコストをかなり抑えることが可能です。

2.見てもらえない可能性もある

せっかくお金と手間をかけて準備したチラシやDMでも見てもらえない可能性があるのはデメリットです。

皆さんもポストに入っているチラシや新聞の折り込み広告を全てしっかりチェックすることは少ないのではないでしょうか。

このように用意したものを確実に見てもらえないリスクがあることはオフライン集客をするなら必ず知っておくべきです。

3.効果が出るまでに時間がかかる

オフライン集客は準備に時間がかかるのが一般的です。

チラシを出すことを決め、デザインを考え、印刷し、ポスティングをして・・・とすることが多いので広告を出すと決めてからお客様が実際に来店するまでにはかなり時間がかかります。

その点、ネットの広告なら少し手続きをするだけですぐに見込み客のもとに広告が表示されるので効果が出るまでの時間は短くなります。

オフライン集客をもっと効果的に使うためにオンライン集客と併用しよう!

オフライン集客は地域の認知度を上げたり、上の世代にも届くというメリットがあります。

しかし、一方でいくつかデメリットもあります。

そこで、よりオフライン集客で効果を上げるためにもオンライン集客と併用するのがおすすめです。

ネットで店舗の情報を載せておけばオフラインでお店の存在を知ったお客様がもっと店舗の情報を得ることができますし、もちろんネットでお店の存在を知って来店するという新しい入り口を作ることもできます。

また、お店のブログやSNSを始めればリアルタイムでお店の情報を発信することも可能です。

オフライン集客もオンライン集客も両方使うことで集客効果を最大限発揮することを目指しましょう。

まとめ

オフライン集客はチラシ、DM、イベント、地域のフリーペーパーでの広告掲載、看板による宣伝といった方法があります。

地域の認知度を上げるのに適しているので、店舗型のビジネスをしている人にはオフライン集客がぴったりです。

また、ネットにあまり詳しくない上の世代の人にアプローチできるというメリットもあります。

一方でお金がかかったり、効果が出るまでに時間がかかったりといったデメリットもあります。

デメリットを補うにはオフライン集客とは違ったメリットがたくさんあるオンライン集客と併用するのがおすすめです。

より多くのお客様を集められるよう、様々な集客方法を利用しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい