マーケティング

【1人起業家必見】高単価商品がどんどん売れるセールス手順を紹介

高単価商品がどんどん売れるセールス手順を紹介
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、高額商品が売れるための具体的な手順を紹介しています。

そのためのヒアリング方法やどのように価値を伝えていくのかを掲載しています。

高額商品の成約率が2倍になるだけで売上は単純に2倍アップが実現します。

セールスの高い成約率を実現することであなたのビジネスの飛躍に繋がりますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

1人起業家になれば自分が持っている知識や情報を人のために役立てることができます。

やりがいのある仕事なので、1人起業を始める人や始めたいと思う人は多くなっています。

しかし、せっかく起業したにも関わらず思うように売上を上げていない起業家は多いです。

中には月に7桁以上稼げている人もいるのにどうして?と思いますよね。

売上を伸ばせない理由は色々あると思いますが、一番多いのが「販売不振」です。つまり、商品が売れていないのです。

商品が売れない状態を脱却するにはセールスを上達させることが不可欠です。

どれだけ魅力的な商品があっても、売上の中心となる高単価のバックエンド商品が用意できていてもお客様に買っていただけなければ意味がありません。

しかし、セールスが上手くなるにはどうしたら良いのか分からないという人もいるでしょう。

そんな方のために今回は高単価商品がどんどん売れるセールスの手順をご紹介します。

せっかく起業したのに売上が伸びなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

セールス上手になるためには練習が不可欠!

セールスをする前に必ず覚えておいて欲しいことがあります。

それはセールスをするなら事前にしっかり練習しておかなければいけないということです。

皆さんはこれまでセールスをする前に十分な練習をしていましたか?

例えばプロの野球選手は試合に向けて日頃から練習を重ねていますよね。

本番で良いプレーをするために準備をしています。これはビジネスにも当てはまり、商品を販売するためには事前にセールスの練習をしておかなくてはいけません。

練習不足ではお客様に購入してもらえないでしょう。

しっかり準備が出来ていればセールスの成約率が上がるのはもちろんのこと、自信がついて堂々とセールス出来るようになりますよ。

濃い見込み客を集めよう。
フロントエンドでのヒアリングの手順

ビジネスで売上を確保するためにはフロントエンドとバックエンドの2種類の商品を用意しておく必要があります。

バックエンドは売上の中心となる価値も価格も高い商品で、フロントエンドはバックエンドの見込み客を集めるお手頃な価格の商品です。

高単価のバックエンド商品のセールスをする前にはフロントエンドの商品を提供する際にお客様にヒアリングをすることが大切です。

そこでフロントエンドのヒアリングの手順をご紹介していきましょう。

どうやってあなたを見つけたのかを聞く

まずはどうやってあなたを見つけたのかを聞いてみましょう。

このとき、アメブロやインスタなどメディアの名前だけを聞くのではなく、どうしてたくさんいる1人起業家の中から自分を選んだのかまで深掘りしましょう。

そうすると「売上をアップしたかったから」、「親身になって話を聞いてくれそうだったから」とその人が求めていることが見えてきます。

どうしてあなたと繋がろうと思ったかを聞く

フロントエンドを購入してくれたということはお客様はLINEやメルマガに登録するなどあなたと繋がるための行動を取っています。

そこでどうしてあなたと繋がろうと思ったかを聞いてみましょう。

どうしてフロントエンド商品を申し込もうと思ったかを聞く

続いてなぜフロントエンド商品を購入しようと思ったかを聞いてみましょう。

「LINE特典の動画を見てすごく納得できたから」

「〇〇さんに相談してみたかった」など色々な理由があるでしょう。

メディアの投稿を読み、あなたと繋がり、その上でフロントエンド商品を購入したということはお客様はかなり教育されている状態です。

バックエンド商品で成果が出せることを伝える

フロントエンド商品では必ずあなたのバックエンド商品を利用すればお客様の悩みが解説したり、願望が叶うことをアピールしましょう。

「コンサルを受ければ稼げるようになる」、「ブログのアクセス数を上げてインフルエンサーになれる」と問題が解決した姿を想像させることでお客様の心を動かすことができます。

もちろん、バックエンド商品を勧めるのはフロントエンド商品を購入した全ての人ではなく見込みがあるお客様だけでOKです。

本当にバックエンド商品の説明を聞きたいか確認する

最後に濃い見込み客を集めるために本当にバックエンド商品の説明を聞きたいかを確認しましょう。

バックエンド商品のセールスにはたっぷり時間をかけます。

そこで、かなり時間がかかるけれどそれでも良いか、また決して安くはないけどそれでも良いのかと念を押しましょう。

ここで説明を聞くのをやめるという方も出てきますが、それでも聞きたいという人はセールスの成約率は高くなります。

商品の価値をしっかり伝えよう。
バックエンド商品を販売するためのセールスの手順

高単価商品を販売するためにはバックエンドのセールスを成功させなくてはいけません。

そこで最後にバックエンドを販売するためのセールスの手順をまとめました。

自己紹介をする

まずは自己紹介から始めましょう。

高単価商品を買ってもらうためにはあなたに対する信頼が十分になくてはいけません。

そこで経歴や実績などを一通り説明しましょう。

商品の価値を伝える

次にあなたの商品でお客様の悩みが解決し、理想の自分になれることを理解してもらいましょう。

そのためには商品を通してどのようなベネフィットが得られるのかを丁寧に説明したり、あなたのコンサルやコーチングを受けた人の実績を見せたりすると良いでしょう。

お客様は未来の自分の姿を想像することでワクワクし、あなたの商品にかなり興味を持つはずです。

商品の内容を説明する

続いて商品の内容を詳しく説明しましょう。

何ヶ月続くコースなのか、どのようなカリキュラムでコーチングが進むのかなどを具体的に説明します。

バックエンドのセールで気をつけなければいけないのが商品の価値を伝えてから商品の内容を説明することです。

あなたの商品を使うことでどのようなベネフィットを得られるか分からない状態で商品の内容を伝えてもお客様はあまり関心を持ちません。

そこで必ず商品内容を伝える前に価値を伝えるようにしましょう。

価格を伝える

商品の価値も内容も伝えたら最後に販売価格を伝えましょう。

バックエンド商品のセールスでは価格は最後に伝えるのがポイントです。

なぜなら最初に価格を伝えてしまうと価格だけが判断材料になり、お客様の予算を超えていたら購入してもらえないからです。

こうなるのを防ぐためにも先に価値を伝えることで高単価でも決して高くないと思ってもらえるようにしなくてはいけないのです。

ちなみに価格を伝えるときには

「通常は100万円のところ、今なら50万円」

というように先により高い値段を提示してから本来の販売価格を説明するとお客様の「欲しい!」を引き出せます。

また、先着○名様限定というように限定感を出すのも有効です。

最後の一押しをする

価格を伝えられるとあまりの高さにどうしようか迷ってしまうお客様もいると思います。

そんなときは最後の一押しをしましょう。

最後の一押しは「この商品を買えば理想の自分が手に入るのにせっかくのチャンスを逃すなんてもったいない」というお客様ファーストの視点で行いましょう。

決して「高単価商品が売れるチャンスなのに」と自分の利益のために行ってはいけません。

お客様のためを思ってセールスすれば高単価でも購入してもらえますよ。

まとめ

高単価商品をセールスするためにはまずは十分な練習をしておくことが大切です。

フロントエンドを購入したお客様にはお客様があなたに何を求めているかを聞き出した上でバックエンドで悩みを解決したり、願いが叶えられることを理解してもらいましょう。

バックエンドのセールスでは価値を伝えてから内容を伝えることがポイントになります。

価値がある商品だと分かればお客様も高単価でも納得してくれるはずです。

正しい手順で行えば今までセールスで結果を出せなかった人でも嬉しい結果がついてきます。

今回ご紹介した手順に沿ってあなたの素敵な商品を自信を持ってセールスしてくださいね。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい