マーケティング

高単価セールスができるようになるための考え方を学ぶ|売り込みが苦手な人必見

高単価セールスができるようになるための考え方はこれ|売り込みが苦手な人必見
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、セールスが苦手でも、高単価のセールスができるようになるための考え方を紹介しています。

セールスができると、集客数が少なくても売上を上げていくことができますので、ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

「好きなことを仕事にしたい」

「1人でお金を稼げるようになって経済的に自立したい」

そう考えて始めたビジネスでも思うように売上を上げることは簡単ではありません。

ではなぜ思うように売上を作れないのでしょうか?

その理由はもちろん色々あると思いますが、「セールスができない」ことが原因になっているケースが多いです。

セールスができないということは商品を売れないということですから、当然売上はアップしません。

セールスはビジネスをしていく上でとても大切なことですが、得意という人は少ないように思います。

むしろ苦手と感じている人が多いのかもしれません。
特に高単価の商品を売るときには「私がこんな高い商品を売って良いのかな」と不安になるのではないでしょうか。

セールスが苦手という人はまずはセールスに対する考え方を変えなくてはいけません。

セールスは悪いことではないし、むしろお客様のためになると考えることができたら、セールスが得意になるでしょう。

そこで今回は高単価セールスができるようになるための考え方を徹底的に解説していきます。

売り込みみたいで抵抗がある。
高単価セールスが苦手な人が多い理由

高単価の商品を売るのに抵抗があるのは、「セールス=強引な売り込み」というイメージがあるからではないでしょうか。

例えば家に営業の人が来て、特に興味もない商品について長々と売り込まれたり、電話でマシンガントークのように商品について説明されたりといった経験があるとセールスは良くないものという考えが出てくるでしょう。

しかし、本当のセールスとはこうした相手の気持ちを無視した強引な営業とは違います。

高単価セールスができるようになりたいのなら、この考えから抜け出す必要があります。

「セールス=売り込み」じゃない。
セールスの本当の意味はこれ!

セールスは自分が売りたいものを強引に売りつけることではありません。
本当のセールスとはお客様が「欲しい!」、「やりたい!」と思うものを提案することです。

もちろん、「欲しい!」と言わせるために嘘をついたり、事実を誇張することはありません。

お客様が心から望んでいるものを目の前に差し出せば、それが例え高い商品であっても喜んでお金を出してくれます。

私が持っている高額商品は値段が高い分、お客様の問題をしっかり解決できるものになっています。

だからこそ「セールス=サービス」という考えがあり、いつもワクワクしながらセールスをしています。

また、この気持ちがお客様に伝わるので「しつこく売り込まれた!」と感じられることはありません。

このように「セールスはお客様が本当に欲しいものを提案すること」という考えがあれば、自分の商品やサービスを抵抗なくセールスできるようになるはずです。

高単価セールスができるようになるために必要な考え方4つ

セールスは悪いものではないということが分かっても、数十万円以上するような高単価商品を売るのはまだ抵抗があるという方もいるかもしれません。

そこで高単価セールスができるようになるために必要な考え方を4つご紹介します。

自分も価値があるものにはお金を出す

高単価商品を売るとき、「こんな高いものをお客様は買わない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、皆さんも価値があるものに高いお金を出した経験があるのではないでしょうか?

例えば買い物をするときに他にもっと安いものがあっても「こっちの方が美味しいから」、「こっちの方が機能がいっぱいついているから」という理由で高いものを買った経験は誰でも一度はあると思います。

このようにお客様は価値があると感じるものには例え高くてもお金を出しますから、商品の単価が高くても恐れないようにしましょう。

お客様の役に立つ商品だと確信する

高単価セールスをするときにとても重要なのが自信です。

例えば数十万円以上するような商品をあまり目を合わせずに不安そうな顔で紹介する人と、こちらの目をしっかり見て自信たっぷりに紹介する人だったらどちらから買いたいと思うでしょうか?

恐らくほとんどの人が後者を選ぶと思います。

そこで自分が提供しているサービスや商品は目の前のお客様に役に立つと自信を持つようにしましょう。

高単価の方がお客様のやる気に繋がる

お客様は常に何かの問題や悩みを解決したいと思っています。

例えば起業して経済的に自立したいと考えているとしましょう。

このお客様が本当に望んでいることは起業したビジネスで成功して毎月たくさんの売上が入ってくることです。

この願いを叶えたいとき、1万円の起業コンサルと50万円のコンサルではどちらの方がやる気を出して頑張れるでしょうか?

恐らく、高いお金を払っている後者の方ですよね。

あまりに安いと結果が出なくてもまあ良いかと思い、頑張れなくなってしまいます。

するとビジネスも軌道に乗らず、経済的自立という目標は達成できません。

高単価商品はこのようにお客様のやる気を引き出し、望みを叶えられるというメリットがあるのです。

自分のやる気も出る

高単価商品でやる気が出るのはお客様だけではありません。

提供した自分にもメリットがあります。

高単価の商品がもし売れたら成果を出すためにも徹底的にお客様に寄り添ってサービスをするはずです。

例えば先ほどの起業コンサルタントの場合ならお客様のビジネスが軌道に乗るように本気でアドバイスをするでしょう。

するとお客様の結果が出るようになり、それが自分の実績にもつながります。

実績が出たら高単価商品をセールスするのがもっと楽になるでしょう。

このように将来の自分にメリットがあることを分かっていればセールスが抵抗なくできるようになるはずです。

高単価セールスがしやすい商品を作るためのポイント2つ

高単価セールスでは商品がお客様の役に立つと確信することが必要です。

そのためには商品の内容を充実させる必要があります。
商品の中身に自信がなければ当然お客様に堂々とセールスすることはできません。

そこで高単価セールスをしやすくなるために商品を作るときに気をつけたいポイントをまとめました。

商品の価値を値段の2〜3倍以上にする

まず1つ目のポイントは商品価値を徹底的にあげることです。
目安として値段に対して商品価値が2〜3倍以上あるのが理想的です。

例えば本当なら100万円以上の価値があるものを30万円で売るようにすれば「こんなにお得なんですよ!」と堂々とお客様に伝えることができますよね。

本来ならどれくらいの値段になるのかを丁寧に説明すればお客様も良い商品だとすぐに分かってくれるでしょう。

値段の2〜3倍以上というのはあくまで目安ですから、自分が自信を持てるまで商品の内容を徹底的に改良しましょう。

目に見えない価値も考慮に入れる

「エステをして綺麗になった」、「起業コンサルを受けて収入を得られるようになった」というのは目に見える結果です。

高単価セールスをするならさらに目に見えない価値も考えて商品を作っておくことが大切です。

例えばエステサロンなら「綺麗になってもう一度旦那さんに女性としてみてもらえる」、「綺麗になることで自分に自信が持てて毎日が楽しくなる」といった価値がありますよね。

このようにお客様がビジネスを通してどんな無形のメリットがあるのかを明らかにしておけばよりセールスしやすい商品になります。

お客様が「欲しい!」と思うようなサービスの作り方はこちらでより詳しく解説していますよ。

高単価セールスをするなら濃い見込み客を集めることも大切

さらに高単価セールスをしやすくするためには自分の商品やサービスを買ってくれそうな濃い見込み客を集めることも大切です。

自分の商品に全く興味がない人と自分の商品を使うことで悩みが解決しそうと思ってくれている人では高単価商品の売りやすさは全然違うでしょう。

そこでよりセールスをしやすくするためにも濃い見込み客を集めることを意識しながら集客をしましょう。

濃い見込み客を集める方法はこちらで解説しています。

まとめ

セールスは強引な営業や売り込みと思っている人も少なくありません。

しかし、本当のセールスというのはお客様が本当に欲しいものを目の前に差し出してあげることです。

心の底から望むものであればたとえ高くても喜んでお金を出してくれます。 このような考え方になれば高単価セールスをするときにも抵抗なく自信を持ってできるはずです。

少しずつ意識改革をしてセールス上手になり、売上アップを目指しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい