集客

集客に繋がるライバルとの差別化6つの方法|お客様が集まらない人必見

集客に繋がるライバルとの差別化6つの方法
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、お客様に選ばれるために必要な差別化の具体的な方法を6つとよくある間違い3つを紹介しています。

差別化が上手くできると集客にも繋がってきます。

そのためにどうすればいいのか?を掲載していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

「SNSやブログで情報を発信しているのにお客様が集まらない」

「同じようなサービスを販売しているのにライバルの方が集客出来ている」

というように出来ることはやっているにも関わらず成果が出なかったり、他の人の方が成功していて悩んでいるという方はたくさんいます。

その悩みの原因はもしかしたら差別化が出来ていないからかもしれません。

世の中には数えきれないほどの商品やサービスがあるので、その中から選んでもらうには他とは違うことをアピールしてお客様に「買いたい!」と思ってもらわなくてはいけません。

もしずっと差別化が出来ないままだとせっかく良い商品を用意して情報発信をしていてもいつまで経っても見つけてもらえません。

その一方でライバルとの差別化が出来ていれば

「このお店だから利用したい」

「あなただから買いたい」

というお客様が増えて、売上もアップします。

そこで今回は集客に繋がるライバルとの差別化の方法を6つご紹介します。

集客がなかなか出来なくてお悩みの方やライバルよりも売れるようになりたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

機能だけで差をつけようとする。
よくある間違ったライバルとの差別化の方法3つ

差別化をしてお客様を集めるためには間違った差別化の方法を知ることも大切です。

もし誤った方法をしているなら戦略を変えなくてはいけません。

そこでまず初めによくある間違ったライバルとの差別化の方法を3つご紹介します。

1.誰にでも対応した商品を用意する

売上を上げるためにはお客様をたくさん集めなくてはいけません。

そこで商品やサービスを多くの人が利用できるようにターゲットを絞らず、誰でも使えるようにしたり、幅広い機能をつけたりする人がいます。

しかし、この方法はNGです。

ターゲットを広げるとお客様が増えそうですが、狙う層がはっきりしないと逆に誰にも気づいてもらえなくなってしまいます。

2.機能だけで差別化を図る

機能で他の商品やサービスとの違いをつけることは出来ますが、それだけでは差別化にはなりません。

確かに機能は選ぶときの基準の1つになりますが、最終的な決め手にはなりにくいのです。

また業種にもよりますが、機能は簡単にコピーされてしまいます。

今までなかったような新しい商品が出てもすぐに他の会社が真似して、しばらくしたら類似品がたくさん出てくるということはよくありますよね。

そのため、機能以外にも買いたいと思わせるポイントを用意しておかなくてはいけません。

3.価格を下げる

お客様に選んでもらえるよう、価格を下げることで差別化を図る経営者の方もいますが、これもやってはいけません。

確かに一番安いものを選ぶ人は一定数いるので、価格を下げることで一時は集客が出来るかもしれません。

しかし、こうした人達は安さだけを見ているので他のもっと安いお店が現れたらそちらに流れてしまい、固定のお客様にはなりません。

また、価格が低いと当然たくさん売上を上げることは難しくなります。

このように価格を下げることはビジネスにあまりメリットをもたらしませんから避けた方が良いのです。

ベネフィットを伝えよう。
集客に繋がるライバルとの差別化の方法6つ

今までなかなかお客様を集められなかったという人も正しい差別化の方法を使えば多くの人に見つけてもらえるようになります。

そこで集客の成果が出るライバルとの差別化の方法を6つご紹介しましょう。

1.ベネフィットを伝える

ライバルとの差別化を図るなら商品やサービスのベネフィットを伝えましょう。

ベネフィットとはその商品を使うことでどのようなメリットが得られるかを示したものです。

例えば「

エステに通うことで肌が綺麗だと周りから褒められる」

「ブログの添削をしてもらうことでアクセス数が増えてインフルエンサーになれる」

というように、具体的にどのような感情的価値を得られるか、商品やサービスを通してどんな自分になれるかといったことがベネフィットになります。

ビジネスとは誰かの問題を解決したり、願望を叶えたりすることですから、ベネフィットを伝えるとお客様の心を動かすことが出来て、他の人とは違う差別化のポイントになります。

2.実績を示す

ビジネスの実績は誰にもコピーされないあなただけのものです。

そのため実績を示すことはライバルとの差別化に繋がります。

私はアメブロで主に情報を発信していますが、文頭には必ず私が行っている売上コミットアカデミーの受講生の実績を載せています。

  • 起業コンサルタントが月商0円から4ヶ月で月商200万円になった。
  • ダイエットコーチが月商20万円から1ヶ月で月商140万円になった。

という具体的な例を載せておくことで
「自分もアカデミーに入ってみたい」と興味を持ってもらえます。

そこで、もしビジネスで実績を出しているなら数字やお客様の感想などをしっかりアピールしましょう。

3.ターゲットを絞る

お客様に見つけてもらうためにはターゲットを絞ることが大切です。

ターゲットが広いと誰のための商品か分からず結局誰にも選んでもらえません。

その一方で自分のビジネスの理想のお客様像を作り、その人に向けて情報を発信すればそれに近い人が「自分のための商品だ!」と気づき、購入してくれます。

私もブログごとに集客出来ない人やビジネスのオンライン化をしたい人など特定のターゲットに絞って書くことで、それに該当する人がLINEに登録したり、セッションに申し込んだりしてくれています。

4.ビジネスに対する思いをアピールする

どのような気持ちでビジネスをしているのか、どうしてそのビジネスを始めたのかという考えはあなただけのものです。

こうしたビジネスに対する思いは差別化のポイントになります。

SNSやブログではお店や商品の宣伝しかしていないという人は多いですが、経営者やスタッフの思いを載せることで思いに共感した人が集まってくるようになります。

5.肩書きをつける

一目であなたがどんな人なのかが分かるように自分にキャッチフレーズをつけるのも差別化として有効です。

例えば私は

「売上コミットコンサルタント」

「3ヶ月で月商100万円達成する専門家」

という肩書きをつけてブログやSNSで紹介しています。

具体的にどのようなことをしているのか、何の専門なのかを一目で理解できるようにしておくことでそれを求めている人の心を動かすことが出来ます。

もし、本名だけなどシンプルな名前で活動しているという人はぜひこの機会に自分を一言で表すキャッチフレーズを考えましょう。

6.手厚いサポートを用意する

たくさんある商品の中から自分の商品を選んでもらうためには手厚いサポートを用意するのも効果があります。

例えば効果を感じられなかったら全額返金、サービス提供中はいつでも相談可能など「欲しい!」と思わせる強力なサポートを用意することでお客様に選んでもらえるようになります。

ぜひお客様の心を揺さぶる魅力的なサポートを用意しましょう。

まとめ

世の中にはたくさんのお店や商品があるので、その中から選んでもらうためにはライバルとの差別化を図らなくてはいけません。

差別化を図るには自分だけの魅力や長所を伝える必要があります。

ベネフィットを伝えたり、これまでの実績を示したりと今回ご紹介した正しい差別化の方法を使って、お客様に選んでもらえるビジネスに変えていきましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい