マーケティング

リピート獲得したいなら知っておくべきリピーターになる理由・ならない理由とは?

リピート獲得したいなら知っておくべきリピーターになる理由・ならない理由とは?
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、顧客のリピートする理由やリピートされない理由を紹介しています。

ビジネスを安定させていくには、リピート化がもっとも大切です。

その理由の1つが、新規顧客の獲得コストの1/5以下で済むためです。

そのために、リピートをしてもらうための仕掛け作りが大切ですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

ビジネスを運営していく上でリピート獲得は非常に重要です。

同じお客様が何回も来店すればそれだけ売上アップが見込めます。

また、新規顧客の獲得に比べてリピート獲得の方がコストが5分の1で済むというメリットもあります。

リピート獲得のために色々な施策をすると思いますが、その前に知っておくべきことがあります。

それはお客様がリピーターになる理由とならない理由です。

お客様の心理を知っておけばどんな施策をすれば効果的なのかが分かります。

そして実際に色々な仕掛けを導入することでリピーター率を上げることもできるでしょう。

そこで今回はリピートを獲得したいなら知っておくべきリピーターになる理由とならない理由をご紹介していきます。

また、リピーターを増やすための対策もご紹介します。

リピート率が低くてお悩みの方は必見ですよ。

お店のここが気に入ったから。
お客様がリピーターになる理由6つ

お店に来た新しいお客様がもう一度来店してくれるのはどうしてでしょうか?

まずはリピーターになる主な理由をまとめていきましょう。

理由が分かれば新規のお客様にサービスを提供する上で何に気をつければ良いのかが分かりますよ。

1.商品が気に入った

お客様がお店にもう一度来る理由として多いのが「お気に入りのメニューがあったから」です。

例えば「ヘッドスパが気持ちよかった」、「アロマが良い香りだった」など、商品やサービスが気に入るとまた体験しようとリピーターになってもらえます。

このように魅力的な商品があることはお店の強みになります。

2.お店の雰囲気が好きだった

商品だけでなくお店の雰囲気も来店動機になります。

特にサロンに来るお客様は綺麗になれることはもちろんですが、忙しい日常を忘れてホッと一息つくことも求めています。

もし、お店の内装が綺麗で癒される音楽が鳴ったりしていたらリラックスできてまた来たいと思うはずです。

3.親身になってくれた

サロンや整体といったお店の場合は、親身になって対応してもらえればまた行こうという動機になります。

こうしたお店では施術前にカウンセリングを行いますが、このときにしっかり自分の悩みを聞いてくれて、それに合うコースを紹介してもらえたら親身になってくれていると感じ、ぜひまた来たいと思ってもらえるようになります。

4.スタッフの接客態度がよかった

また来たくなるお店かどうかはスタッフの接客態度によっても左右されます。

いくら魅力的なメニューがあってお店が綺麗でも、スタッフに笑顔がなく、愛想が悪いと悪い印象を受け、二度とお店には来てくれなくなるでしょう。

サロン経営者はまたお店に来たくなるような気持ちの良い接客ができるスタッフを育てなくてはいけません。

5.値段が自分に合っていた

買い物をするときには値段はとても重要なポイントです。

いくら良い商品で欲しいと思っても値段が高すぎたら手が出ません。

しかし、支払える値段なら問題なく買えますし、また購入しようと思います。

6.お店の理念に共感した

リピーターになるのは「お店の理念に共感したから」という理由もあります。

「綺麗になることでいつまでも綺麗な女性でいてほしい」、「スタイルをキープすることで自信を持って生きて欲しい」というような経営者の思いに共感すると他のお店ではなく、ここに通おうと思ってもらえます。

商品や接客態度だけではなく、こうした目に見えない理由がリピート獲得に繋がることもあるのです。

ただお店の存在を忘れていた・・・
お客様がリピーターにならない理由3つ

では一度来店したにも関わらずリピーターになってもらえない理由にはどんなものがあるのでしょうか?

リピートをたくさん獲得できるお店にするためにもお客様がリピーターにならない主な理由を押さえておきましょう。

1.お店のサービスが気に入らなかった

リピーターにならないよくある理由の1つが「お店のサービスが気に入らなかったから」です。

メニューの内容に不満があった、お店の雰囲気が好きではなかったなど不満があるとまたお店に来ようとは思いませんよね。

このようなお客様の場合は無理に引き止めようとしても再来店する可能性は低いので、リピートのためのアプローチはしなくても良いでしょう。

2.お店の存在を忘れていた

もう1つリピーターにならない理由として多いのが「単にお店の存在を忘れていたから」です。

最初の来店で特に気に入らない点はなかったのに、ただ存在を忘れているという理由で再来店しないケースは少なくありません。

こうしたお客様のリピートを獲得できないのは非常に勿体無いですよね。

そこで最初の来店から日が経ち、お店のことを忘れているお客様に対してはまた来てもらうための施策をする必要があります。

3.ただ安さを求めて来店しただけだった

サロン情報が載っているサイトでは初来店の方限定のクーポンを用意していることが多いです。

普通のメニューに比べてかなりお得なので、集客の仕掛けとしてとても効果的です。

ただし、初来店の人限定のクーポンを利用していろいろなお店でサービスを安く受けようとする人もおり、こうした人は良いサービスを提供しても次は別の行ったことのないお店に行ってしまうので、リピーターにはなりません。

リピートを獲得するために効果的な方法4つ

お客様がリピーターになる理由とならない理由が分かったら次はリピート獲得のための対策を考える必要があります。

最後に顧客心理をもとにリピート獲得に効果的な方法を4つご紹介しましょう。

1.魅力的なサービスを用意する

リピートを獲得したいなら大前提として魅力的な商品やサービスを用意しておくことが大切です。

お客様がお金を払うものの価値が低ければ他の要素が良くても再来店はしてもらえません。お客様が「また体験したい!」と思えるような商品やサービスを提供できるように準備しておきましょう。

お店を利用したお客様の感想を参考にするとより顧客に寄り添った商品を提供できるようになります。

理想のお客様が欲しいと感じる商品の作り方はこちらで解説していますよ。

2.次回来店のきっかけを作る

リピーターを増やすなら最初の来店時に再来店してもらうためのきっかけを用意しましょう。

例えばお店のスタンプカードを作り「5つ貯めるとプレゼントをお渡しします」と特典を伝えておけばまた来ようと思いやすくなります。

また、次回来店時に使えるお得なクーポンを渡すのも効果的です。

サロンなら次回予約を入れると確実にリピートしてもらえます。

施術の効果が続く期間を説明した上で予約を入れるようにお勧めするとスムーズに次回予約を促すことができます。

3.初来店からしばらく経ったときにDMを送る

初めて来た日からしばらく経ってもお客様が来ないと感じたら、DMを送って来店を促しましょう。

一度利用したお店から連絡が来ることで「お店の存在を忘れているからリピーターにならない」というケースを防ぐことができます。

DMには「その後どうですか?」と手書きでメッセージを書いたり、次回来店時に使えるクーポンをつけたりすればより効果があります。

4.SNSをフォローしてもらう

お店のインスタグラムやFacebookなどSNSがある場合は初回来店時にフォローしてもらうようにお願いしましょう。

SNSで繋がっていれば発信することでお客様にお店の存在を思い出してもらえますし、より身近に感じてもらえます。

フォローしてもらうためにはフォローした人限定の特典を用意しておくのがおすすめです。

メリットがあると分かれば喜んでフォローしてもらえますよ。

まとめ

リピート獲得のためにはお客様がリピーターになる理由とならない理由を把握することが大切です。

顧客心理が分かれば適切なリピート獲得方法が分かります。

リピートを獲得するためにはまた来たくなるような魅力的な商品やサービスを用意することが必要です。

またリピーターにならない理由として「ただお店の存在を忘れていた」というケースが多いことから、次回来店時に使えるクーポンを渡したり、DMを送ったりすることでお店のことを思い出してもらう工夫も必要です。

リピート対策をしっかりして、効率よく売上をアップしましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい