マインドセット

達成できる目標売上の正しい立て方

達成できる目標売上の正しい立て方
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、一人起業家が達成できる目標売上の正しい立て方について紹介しています。

正しい目標売上の建て方で大事なのは、あなた自身のビジネスを俯瞰して見れるようになることです。

理想と現実はことなるからこそ、自身のビジネスを根拠のある見方に変えなくてはいけません。

そうすることで、どのように設定し、行動すれば、目標が達成できるのかが見えてきますし、実際に達成することも可能です。

この機会に目標売上の立て方を見直してみてはいかがでしょうか?

ぜひ、ご参考ください。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

ビジネスをしている方で一度は目標売上を考えたことがあるという方はとても多いと思います。

私もこれまで何度も目標売上を立ててきました。未来の売上のことを考えると、何だかワクワクしてきますよね。

しかし、目標を設定するものの、それを達成できている人はあまり多くはありません。かつての私もそうでした。

なぜ目標を立てても達成できないかというと、それは正しい目標売上の立て方を知らないからです。

実は目標設定にはやり方があり、それを知らずになんとなく設定するだけでは、目標がただの願いになってしまい、いつまで経っても達成することができません。

適切な目標を作り、それを達成できれば売上が上がるのはもちろんのこと、モチベーションアップにも繋がり、さらに高い目標を達成できるようになるので、ビジネスをする人なら正しい売上目標の立て方を知っておくべきです。

そこで今回は、達成できる目標売上の立て方をご紹介していきます。

これまで何度も目標を立てたのに達成できなかったという方や、これから売上目標を生かして売上アップしていきたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

目標売上を適当に決めてはいけない理由3つ 

目標売上を根拠もなく、理想だけで決めている人は多いです。しかし、適当に決めてしまうと様々なデメリットが生じてしまいます。

そこでまずは目標売上を適当に決めてはいけない理由を詳しくご紹介していきます。

1.いつまで経っても達成できない

まず、目標を何となくで作ってしまうと、いつまで経っても達成できないという弊害が生じます。

目標を立てるとき「これくらい売り上げられたらいいな」と理想だけで設定する人は多いですが、大抵の場合は現実とはかけ離れている数字なので達成することはほぼ不可能です。

目標売上は適切に設定することができれば良い刺激になり、達成しようと努力することで売上アップのきっかけになるからこそ、自分の身の丈に合った目標を立てるのが理想的です。

2.モチベーションが下がる

理想とする売上を目標として設定すると、何だかウキウキしますよね。しかし、楽しい気分で居られるのはその時だけです。

その後は高すぎる目標がモチベーションを奪う原因となります。

例えば少しでも売上が低い日があれば「これでは目標が達成できない」と落ち込んでしまいます。

また、毎日のように「今日も売上を上げなくては」と焦るような気持ちになるでしょう。

このように頻繁に気分が下がっていてはビジネスを続けるのは大変ですから、ある程度余裕も持てるような現実的な数字を設定することが大切です。

3.本当に必要な行動が分からない

適切な売上目標を立てることができれば、その達成のために何をすべきなのかも見えてきます。

一方でデタラメな売上目標を立てると今の自分が本当にすべき施策が分からなくなってしまい、成長することができなくなります。

現実を見つめ、本当に必要な行動をはっきりさせるためにも身の丈に合った目標を立てることが求められます。

達成できない目標売上の特徴3つ 

達成できる目標売上を立てられるようになるためには達成できない目標の特徴を知っておくことが大切です。

いつも目標を達成できない人が立ててしまいがちな目標の特徴を説明していきますので、ぜひこの機会に覚えてくださいね。

1.数字に根拠がない

多くの人がやってしまいがちなのがこの「数字に根拠がない目標」ではないでしょうか。

「これくらい稼げたら良いな」という理想だけで目標を作ったり、何となく良い響きだからと「月商100万円」、「年商1000万円」という数字を設定したりしていませんか?

何の根拠もなく願いだけで目標を決めてしまうと当然達成することは難しいです。

現実からかけ離れた目標ではあまり刺激にはならず、目標を立てる意味がなくなってしまうので、達成できる見込みがある根拠のある数字を設定するようにしましょう。

2.経営資源を踏まえて考えていない

目標を作るときに考えるべきなのが経営資源です。
経営資源とは資金、労働力、設備といったビジネスに関わる資本のことです。経営資源の規模によって稼げる額は変わってきます。

例えば従業員を10人抱えていて施術用のベッドがいくつもあるサロンと、一人で経営していてベッドが1つしかない自宅サロンでは規模が異なり、稼げる額の限界も異なるのは明らかです。

自宅サロンで月に何百万も稼ぎたいと思ってもかなり難しいですよね。

目標売上を立てるならこのような経営資源も忘れずに考慮に入れましょう。

3.目標設定が高すぎる

起業したなら当然たくさん稼げるようになりたいもの。

しかし、最初から高すぎる目標を立てても叶わないことがほとんどです。ビジネスは軌道に乗るまでは思うように集客できなかったり、売上が上がらなかったりとなかなか収入が安定しないものです。

そんな中で高い目標を設定していたら、頑張っているのに目標に近づけず、やる気を失ってしまうでしょう。

かといって低い目標を立てても簡単に達成出来てしまって張り合いがなく、成長もしにくくなってしまうので、高すぎず、低すぎでもないちょうど良い目標を立てなくてはいけません。

達成できる目標売上の立て方3つ 

ではいよいよ達成できる目標売上の立て方をご紹介していきます。

達成できて、且つ良い刺激になる目標にするためには正しいやり方を知っておくことが欠かせないので、必ず覚えておきましょう。

1.損益分岐点を基準に考える

皆さんは損益分岐点という言葉をご存知ですか?

損益分岐点とは簡単に言えば最低限必要な収入のこと。
例えば自宅サロンをする人なら、光熱費、化粧品代、道具代、広告代など店舗を運営する上で必要な経費がありますよね。

この経費と、日々暮らしていくために必要な生活費を足したものが損益分岐点です。

つまり、損益分岐点まで稼ぐことができなければ赤字になってしまうということです。

生活費やビジネスに必要な額が稼げないと、当然暮らしていくこともビジネスを続けていくこともできないので、損益分岐点は目標売上の基準の1つとなります。

最低限の目標ということもあり、設定すると張り合いが出てくるはずです。

2.過去の売上の伸び率をもとに考える

2つ目の方法は過去の売上の伸び率をもとに考えるというものです。

これまでビジネスをしてきた方は過去の売上のデータがありますよね?これを活用しましょう。

今まで数万円しか稼げていなかった人がいきなり1ヶ月後に一般的なサラリーマンよりも多い額を稼ぎたいと思っても難しいはず。

しかし、ビジネスを始めた当初から徐々に売上を上げているのであれば伸び率を導き出し、それをもとに目標を作れば達成できそうで良い刺激になる目標を作ることができます。

3.中長期の目標から逆算する

「いつかはこれくらい稼げるようになりたい」という理想の数字がある方は多いと思います。

先ほども説明したように、それをいきなり目標にしてしまうと現実の状況とはかけ離れているので、いつまで経っても達成することはできないでしょう。

しかし、数ヶ月後、1年後の目標としてその数字を設定することはできます。

例えば「1年後に夢の月商100万円を達成する」という目標を立てれば、その半分の半年後までには月商50万円、さらにその半分の3ヶ月後までには月商25万円・・・というように逆算していくと、各月の売上目標が見えてきます。これだとかなり現実的な目標を設定できていると思いませんか?

この方法はゴールに自分の理想の売上が設定されているので、モチベーションが上がりやすいというメリットがあります。

目標売上を達成するためにすべきこと6つ 

正しい方法で目標を設定したら、何の根拠もなく目標を立てていた頃に比べるとかなり達成しやすくなるはずです。

しかし、目標というのは立てて終わりではありません。それを達成できなくては意味がありません。達成できるかどうかは目標を立てた後の行動にかかっています。

そこで最後に、目標売上を達成するためにすべきことをご紹介していきます。

中には実行するのに大変なこともありますが、念願の目標を達成するためにも根気強く取り組みましょう。

1.達成する覚悟を持つ

目標売上を達成するために非常に大切なのが「絶対に達成する!」と覚悟することです。

達成すると決めてしまえばそれを叶えるために必要な行動がどんどんできるようになるはずです。

一方で目標を立てるだけ立てて、「達成できたら嬉しいけど、達成できなくても別に・・・」という中途半端な気持ちでいると、いつまでも結果にコミットすることはできません。

ビジネスで成功するためには正しいノウハウに沿ってやることが大切ですが、一方でマインドもある程度必要です。そこで、次に目標を立てるときには「絶対にこれを達成する!」と自分と約束をしましょう。

2.大量行動をする

目標売上を達成するためには大量行動することが欠かせません。

ビジネスでたくさん稼げるようになるためには戦略を考えたり、集客をしたり、ブログやSNSで発信したりとすべきことがたくさんあります。

そのため、行動量が少なければその分成功するのが遅くなってしまいます。

短期間にたくさん行動するのは大変なことです。しかし、苦しい思いをした分、嬉しい結果が待っているものです。

頑張れば超えられる目標を達成するためにも日々たくさん行動しましょう。

3.上手くいっている方法に集中する

効率的にビジネスの成果を出す方法があります。

それは上手くいっているやり方に集中することです。

例えばインスタとFacebookを使って集客していたとして、インスタでは月に20人集客できて、Facebookでは3人だけという状況であれば、インスタでの発信により力を入れることでもっと集客できるようになるはずです。

このように効率よく成果を出せる方法を見極め、それを重点的に活用していくことによって同じ労働力で今までよりも大きな成果を出せるようになりますよ。

4.達成できなかったら理由を考える

努力したにも関わらず目標を達成できなかったときは落ち込んでしまいますよね。しかし、それで終わってしまうのは非常に勿体無いです。

目標に達しなかったときにすべきことはその原因を探ることです。

集客人数が少なかった、押し出していた商品が売れなかったなど、売上が上がらなかったときには何かしらの原因があるはずです。

それを突き止め、改善することで翌月からは状況が変わり、目標達成に近づけるはずです。

5.毎日振り返りをする

私が運営する売上コミットアカデミーでは月商100万円を達成した人がこれまで何人も出てきました。

この方達にはある習慣が身についていました。それは振り返りです。

毎日、
①どんな行動をしたか
②上手くいったことは何か、なぜ上手くいったか
③改善すべきことは何か、どう改善すればいいか
④全体の振り返りと明日の計画
という4つの観点で振り返りをしています。

この1つ1つを毎日振り返るのは決して楽なことではありません。

しかし、自分の行動を見返して整理すると状況把握ができるようになり、悪いところに気づいてすぐに修正できるようになります。

また、上手くいっていることも分かるので、先ほども説明したように効率よくビジネスを成長させることにも繋がります。

もし振り返りをこれまでやっていなかったという方はぜひ習慣として身につけてくださいね。

6.商品単価を見直す

目標を達成するためには商品単価を見直す必要がある場合もあります。

一人起業家の方は数千円程度の安い単価の商品しか持っていない人が非常に多いです。実はこれではいつまで経っても稼ぐことはできません。

例えば、月商100万円を目指していたとして、単価が5000円の商品しかないと、1ヶ月に200人集客しなくてはいけません。

ひと月に20日稼働するとしたら1日20人集客する必要があります。

少しでもビジネスをしたことがある方ならこれがどれだけ大変なことか分かるのではないでしょうか。

つまり、売上を上げていくためには低い単価の商品だけでなく、高単価商品を持っておく必要があります。

もし、20万円の商品があれば5人集客するだけで月商100万円を達成できます。

そこで、安い単価の商品とは違ってお客様が抱える悩みを根本から解決できるような価値の高い商品を設計し、高単価商品を用意しましょう。

するとこれまでずっと達成できなかった目標も達成できるようになるはずです。

まとめ 

目標売上を立ててみるものの、いつも達成できていないという方は少なくありません。そんな方は今回ご紹介した

  • 損益分岐点を基準に考える
  • 過去の売上の伸び率をもとに考える
  • 中長期の目標から逆算する

この3つの目標売上の立て方を参考にして目標を設定してみましょう。

すると、達成できて、且つ刺激にもなる良い目標ができるはずです。 ただし、目標は設定したらそれで終わりではありません。

達成して売上もアップしてこそ初めて意味が出てきます。そこで、目標売上が出来たら必ずそれを達成するという覚悟を持ち、必要な行動をどんどん実行していきましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい