起業

【起業したい女性必見】起業の具体的な始め方や成功するコツを紹介します!

【起業したい女性必見】起業の具体的な始め方や成功するコツを紹介します!
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

起業に憧れがあっても、なんだか難しそうだからとなかなか一歩踏み出せずに居る方は多いです。

しかし、起業するときに必要な手順やステップを知り、それを実践していけば、独立に向けてスムーズに準備を進められます!

そこで今回は、女性起業の具体的な始め方や、成功するためのコツを詳しくご紹介していきます。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

最近、女性で起業をする人が増えています。

成功している女性起業家を見て、「私も好きなことを仕事にしたい」、「自由に暮らしたい」と感じて、独立に憧れる方は多いと思います。

しかし、起業について、難しそうというイメージを持っているために、なかなか一歩踏み出せずに居る方は少なくありません。

特に、ずっと会社員として働いてきた方にとってはハードルが高く感じるのではないでしょうか。

確かに、起業は自分で1からビジネスを始めるものなので、やるべきことはたくさんあり、独立するまで大変な思いをすることもあります。

また、起業したとしても、事業が上手くいかなかったり、資金が不足したりとトラブルが起こる可能性もあります。

ただし、起業するときに必要な手順やステップを知り、それを実践していけば、スムーズに独立に向けて準備を進められる上に、事業で成功する可能性も高くなります。

そこで今回は、女性起業の具体的な始め方や、成功するためのコツを詳しくご紹介していきます。

これから独立したいと考えている方はぜひ最後まで読んでくださいね!

ビジネスを始めるなら知っておきたい起業の2つの種類 

起業には実は2つの種類があることをご存知ですか?

ビジネスを始めるのであれば、まずはこの2つの違いを知っておくことが大切です。

これから説明しますので、ぜひ覚えてくださいね。

1.個人事業として起業する

起業と聞くと、会社を作って、従業員を雇って・・・と大変なイメージがあるかもしれません。

しかし、会社を作らずに個人事業として始めれば、小さな規模で起業することができます。

個人事業は税務署に書類を提出するだけで事業を始めることができ、手続きに費用はかかりません。

そのため、個人事業から始めれば独立のハードルが非常に低くなります。

2.会社を設立する

もう1つの方法は法人化し、会社を作ることです。

起業と聞くとこちらをイメージする人が多いのではないでしょうか。

法人にする場合、定款と呼ばれる文書を作ったり、複雑な手続きをしたりとしなければならないことが多く、さらに、手続きには20万円以上の費用がかかります。

このように会社を設立する場合にはコストがかかり、さらに手続きも複雑なので、まだ売上や利益が少ないうちは個人事業から始める方がいい場合が多いです。

女性が起業するときに最初にすべき3つの手順 

起業をするときには、実際に事業をスタートさせる前にすべき3つの手順があります。

ここをおろそかにしてしまうと、後にトラブルが発生してしまうこともあり得ます。

これから具体的な手順を解説していくので、準備をしっかりして、スムーズに事業のスタートを切れるようにしましょう。

1.起業する動機を明確にする

起業したいと思ったら、まずはその動機を明確にしましょう。

「好きなことを仕事にすることで人生にやりがいを持ちたい」、「自分のスキルを生かして誰かの役に立ちたい」、「シングルマザーだから子育てと仕事を両立したい」など人によって動機は様々なはずです。

ビジネスをしていると上手くいかないことが多く、途中で挫折してしまいそうになることはよくあります。

しかし、はっきりした動機があれば、そんなときでも目的を思い出して、また行動する力になります。

そこで、まずは起業する動機を明確にしておきましょう。

2.具体的な事業内容を考える

次に具体的なビジネスの内容を考えましょう。

起業するにはどんな分野で起業するのかを考え、さらに販売する商品やサービスを用意しなくてはいけません。

売上を上げていくためにはただ商品を用意するのではなく、売れる商品を作ることが大切です。

そのためにはビジネスのターゲットを明確にしたり、競合を分析したりして戦略的に商品設計をする必要があります。

ビジネスのアイデアを見つける方法は後から詳しくご紹介しますので、まだどんなサービスを提供するか決まっていないという方はぜひそちらを参考にしてくださいね。

3.家族の理解を得る

女性が起業するときに重要なポイントの1つが家族の理解を得ることです。

結婚して夫や子供がいる人にとっては特に大事なことです。

起業をすると仕事を辞めたり、家で働くようになったりと、これまでと事情が変わり、家族にも影響を与えるようになります。

そのため、起業するときには家族に理解してもらうことが欠かせないのです。

独立について相談すると、「リスクがあるから辞めた方がいい」、「普通に就職する方が安泰だ」と反対されることも珍しくありません。

それを押し切って独立すると家庭内不和の原因になってしまう可能性があります。

そこで、自分がどんな事業をしようとしているか、働き始めたらどんな生活になるか、資金はどれくらい必要なのかをしっかり説明し、家族に納得してもらうように努めましょう。

女性が起業のアイデアを見つける5つの方法 

独立したいと思っていても、そもそもどんな分野でビジネスをするか決めていないという方は、まずは事業内容を決めなくてはいけません。

ビジネスをアイデアを見つける方法はいくつかあるので、これからそれぞれご紹介していきます。

1.得意なことを生かす

まず1つの方法は得意なことや好きなことを生かすというものです。

好きなことを仕事にしたいと思う人は多いですが、なかなかそれを実現できる人はいません。

しかし、起業すれば自分で自由に事業内容を決められるので、好きなことを仕事にすることができます。

趣味や得意なことを生かせば、楽しく仕事に取り組めるので、事業の成長が早くなるという利点もあります。

2.これまでの経験を生かす

これまで経験した仕事で得たスキルがあれば、それを生かして働くこともできます。

経験したことがある職種で起業すれば、未経験から始める場合に比べると成功しやすいです。

起業したばかりの頃は集客に苦労する人も少なくありませんが、このパターンで起業する場合、これまでの実績をアピールすれば早い段階で最初のお客様を獲得することも可能ですよ。

3.日々の生活の不満や不便から見つける

ビジネスとは誰かの問題を解決することです。

つまり、あなたが日々の生活の中で不満に思っていたり、不便に感じていたりすることがビジネスのきっかけになることがあります。

普通の主婦が家事をしているときに、「こんなものがあれば良いな」と感じたものを実際に作ったところ、ヒット商品になったという例は珍しくありません。

そこで、スタートアップの内容が決まっていないなら、生活の中で困っていることはないか、「こんな商品があれば良いのに」と思ったことはないか、一度振り返ってみましょう。

4.女性ならではのビジネスをする

女性のスタートアップには女性だからこそ提供できるようなサービスもおすすめです。

例えば、美容に詳しければメイクのやり方を教えたり、肌を綺麗に保つコツを教えることができるでしょう。

また、ママなら他のママの子育ての相談に乗ったり、アドバイスをしたりすることができます。

同じ女性だからこそ共感してもらいやすく、早いうちからの成功も期待できます。

5.既存の商品・サービスの真似をする

売れるサービスを作る手っ取り早い方法は、既にある商品やサービスの真似をすることです。

それではいわゆる「パクリ」になるのではないかと不安になる方もいるかもしれません。

しかし、世の中には売れているものを真似した商品はたくさんあります。

例えば、着ると温かくなる冬用のインナーや、食べたり飲んだりしても落ちないリップなど、類似商品がたくさん出ている商品は数え切れないほどありますよね。

そこで、少しでも興味がある職種や業種があれば、その分野で活躍している人や商品を調べて、自分にできそうなものがないか探してみるのがおすすめです。

起業の具体的な始め方4ステップ 

スタートアップの方向性が決まればいよいよ本格的に事業を始めていきます。

ここでは具体的な起業の始め方を解説していきます。

ステップ1 事業形態を決める

まずは事業形態を具体的に決めていきます。

例えば自分一人だけでビジネスをするのか、それとも従業員を雇うのか、また、テナントを借りるのか、自宅内で完結するようにするのかといったことを考えましょう。

同じ事業内容でも、具体的にどのような事業をするかによって必要な資金や手続きが変わることがあるので、あらかじめ全体像を決めておきましょう。

ステップ2 必要なお金を計算する

詳しい事業形態が決まったら、スタートアップに必要なお金を計算しましょう。

テナントの家賃、広告費、設備代、事務用品代など独立には様々な費用がかかります。

また、仕事を辞めて起業一本で始める場合は生活費も計算し、準備しておきましょう。

3ヶ月分は用意できていると安心です。

起業するにあたってお金は非常に重要なものです。

もし必要な資金を把握せずに独立すると、後で資金不足に陥って事業を続けられなくなる可能性があるので、絶対にあらかじめ計算しておきましょう。

ステップ3 資金調達

スタートアップに必要なお金が分かったら、それを調達しましょう。

資金調達の基本の方法は自己資金でまかなうことです。

自己資金で全てカバーできればそれに越したことはありませんが、もし手持ちのお金だけでは不十分な場合は他の方法で集める必要があります。

例えば家族や知人からお金を借りるという方法があります。

ただし、知人からの借金はトラブルに発展することもあるので、借りる際には契約書を作るのが理想的です。

また、助成金や融資を受けるという方法もあります。

公的な機関の制度ならまだ実績がない1年目でも借りやすく、さらに利率が低いものが多いので、スタートアップでも利用しやすいです。

こうした色々な方法を活用し、必要なお金を集めましょう。

ステップ4 事業開始の手続きをする

全ての準備ができたら事業開始の手続きをしましょう。

個人事業主の場合は、基本的には開業届を税務署に届けるだけで事業を始められます。

会社を設立する場合も定款の作成など決められた手続きをしましょう。

手続きが終わればいよいよ起業家としてのスタートが切れます。

起業した後にすべき3ステップ

起業のために必要な手続きが全て終わればひと段落しますが、起業家にとってはそこからが始まりです。

事業を続けていくためには安定して収入を得なくてはいけません。

そこで、起業してからするべき3つのステップをご紹介していきます。

ステップ1 見込み客を集めるために認知を広げる

どんなに良い商品やサービスを用意しても、存在を知ってもらえなければ購入はしてもらえません。

そこでビジネスを始めたら、まずは認知を広げる活動をしましょう。

店舗型のビジネスの場合は、チラシを配ったり、地域の情報誌に広告を出したりすると近隣の方にお店のことを知ってもらえます。

また、オンラインでサービスを提供する方はブログやSNSで発信することで認知を拡大することができます。

ステップ2 セールスをする

ある程度認知が広がれば商品やサービスの告知をして集客の段階に入ります。

ただし、ただ告知するだけで申し込みが入るわけではありません。

特に高単価であればあるほど購入へのハードルは高くなるでしょう。

そこで大切なのがセールスの技術です。

セールススキルがあれば高単価商品でもすんなり売れるようになります。

セールスといえば強引な売り込みを想像し、「自分には出来ない・・・」と感じる方も多いと思います。

しかし、本当のセールスとはお客様が喉から手が出るくらい欲しいものを目の前に置いてあげることです。

正しいセールスの方法を知って、やり方を身につければ堂々とお客様に自分の商品をお勧めできるようになりますよ。

ステップ3 サービスを提供する

商品やサービスを購入してもらえるとホッとしますが、お客様の中には「出したお金の価値があるのか?」と不安に感じている方もいます。

そこで、お支払いただいた後も気を引き締めて、誠意を込めてサービスを提供しましょう。

価格よりも低い価値しか提供できなければクレームにつながる事があるので、そうならないように事前によくサービス内容を作り込んでおきましょう。

女性起業を成功させるコツ7つ 

起業を成功させるには細かいコツがいくつもあります。

知っているのと知っていないのでは事業の成長度合いに差が出てくるでしょう。

そこで、最後に起業を成功させるコツをご紹介していくので、これから独立しようと思っている方はぜひ覚えておきましょう。

1.初期投資を小さくする

ビジネスを新しく始めるときに注意すべきなのが初期投資です。

初期投資とは事業を始めるのに必要な資金のことです。

初期投資は事業の収入で回収しますが、額が大きいと当然回収するのに時間がかかってしまいます。

そこで、いきなりテナントを借りるのではなく自宅でお店を開いたり、今あるもので代用したりと、初期投資を減らす工夫をしましょう。

2.維持費をできるだけ抑える

初期投資だけでなく、維持費も抑えるのが理想です。

維持費とは毎月事業をするためにかかるお金のこと。

家賃、人件費、道具代と業種によってその内容は様々です。維持費が多いとその分毎月稼ぐべき額も大きくなり、負担になります。

そこで、従業員は雇わずに一人でできる限りのことをしたり、最初のうちは諸経費がかからないような方法で事業をしたりして、コストを抑えましょう。

3.副業から始める

起業をするとき、会社を辞めて新しいビジネス一本で始める人もいれば、企業に勤めつつ、副業から始める人もいます。

会社を思い切って辞めれば追い込まれるのでやる気になり、大量行動をすることで早くから成功する可能性はあります。

しかし、その一方で、失敗したときにリスクが大きいという欠点があります。

また、毎日「売上を上げなくては」と精神的に追い詰められるというデメリットもあります。

最初は収入が不安定になりやすい起業だからこそ、企業に勤めている場合はまずは副業として始めて、軌道に乗ったところで会社を辞めて独立するのがおすすめです。

4.オンラインでサービスを提供する

かつては対面で商品やサービスを提供するのが一般的でした。

しかし、今はネットの発達によって、実際にお客様と会わなくてもオンラインで商品やサービスを提供する事ができるようになっています。

私も今はオンライン会議ツールのzoomを使ってコンサルをしていて、オンラインだけで仕事が完結しています。

オンラインビジネスは実店舗のように家賃を払ったり、水道光熱費を払ったりする必要がないので、支出を抑えることができます。

また、家で働けるので家事や育児と両立できるというメリットもあります。

自分の店舗を開くことに憧れがある方は多いと思いますが、ある程度事業が大きくなるまではできる限りオンラインでサービスを提供できるように工夫してみましょう。

5.自分が欲しいと思えるサービスを作る

お客様が購入したいと思うサービスを作るコツは、自分が欲しいと思えるサービスを作ることです。

商品を用意することは簡単ですが、その中身が価格ほどの価値がなければなかなか購入してはもらえません。

それに自分も自信を持ってお勧めすることができないのではないでしょうか。

一方で、「私もこの金額を出して買いたい!」と自分で思えるような商品を設計すれば、自信を持ってお客様にお勧めし、納得してご購入いただけるようになります。

ただ自分の利益ばかりを追い求めるのではなく、お客様の視点に立って考えるのを忘れないようにしましょう。

6.毎日の振り返りをする

私が主催する売上コミットアカデミーには月商100万円を達成している人がたくさんいます。

こうした人達が習慣として毎日必ずやっているのが「振り返り」です。

売上コミットアカデミーの受講生さんは毎日

①どんな行動をしたのか

②うまくいったことは何か、なぜうまくいったのか

③改善すること、いつまでにどうやって改善するのか

④全体の振り返りと明日の計画

という4つのポイントを振り返っています。

この1つ1つを振り返るのは時間がかかり、意外と大変な作業です。

しかし、振り返りを通して現状把握をし、上手くいく方法に集中することで成果が出るのが早くなります。

ぜひ起業したらこの4つを毎日振り返ってくださいね。

7.起業塾に入って手取り足取り教えてもらう

これまで説明してきたように、起業するためにすべきことはたくさんあります。

そのため、「一人でこれをこなしていくのは大変そう・・・」と感じる方もいるのではないでしょうか。

そんな方には起業塾に入るという方法があります。

起業塾に入ると既にビジネスで成功している人に上手くいく方法を手取り足取り教えてもらえるので、成長するスピードが速くなります。

ただし、起業塾は世の中にたくさんあり、結果を出せることもあれば、高いお金を払っても結果が出ないところもあるので、本当に成果を出せる起業塾を見極めることが欠かせません。

起業塾に入ったら指導者のアドバイスを素直に聞き、大量に行動して、ビジネスの成功を目指しましょう。

まとめ 

起業について難しそうというイメージを持つ方は少なくありません。

しかし、法人ではなく個人事業として始めれば、税務署に開業届を出すだけで簡単に事業を始めることができます。

ただし、事業を成功させるためには、家族に理解を求めたり、事業形態を決めたり、資金調達をしたりと他にもやるべきことがたくさんあります。

ぜひ今回ご紹介した手順を押さえながら独立の準備を進め、理想の働き方を実現しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい