マインドセット

経営者が身につけるべきお金のマインドセット6選|お金を受け取るのが苦手な人へ

経営者が身につけるべきお金のマインドセット6選|お金を受け取るのが苦手な人へ
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、しっかりサービス提供して、お客様から高額報酬を受け取るためのマインドについて紹介しています。

お金のマインドブロックに不安や悩みを抱える起業家の方は多いです。

そうして人たちに少しでも自信を持って良いサービスを提供してもらえるためのマインドセットについて紹介していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

ビジネスをしている人にとってお金は切っても切り離せないものです。

経営を続けるためには毎月売上を確保し、収入が支出を上回らなくてはいけません。

しかし、同じ経営者でもしっかり稼げている人と稼げていない人がいます。

どうしてこのような差が生まれるのでしょうか?

その秘密はマインドセットにあります。

成功している経営者はお金に対する考え方がしっかりしており、経営を安定させることができます。

反対にお金について必要なマインドセットが身についていない人はいつまで経っても経営が安定せず、経済的な不安を抱えたままになってしまいます。

例えば「大きな額のお金を受け取るのが怖い」、「高単価商品は自分には売れない」といった考えを持っている方は要注意です。

せっかく始めたビジネスを成功させるためには正しいマインドセットを知って考え方を変えなくてはいけません。

そこで今回は経営者が身につけるべきお金のマインドセットを6つご紹介します。

もっとお金を受け取れるようになりたい、お店の売上をアップしたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

高単価商品は売れない。
よくある間違ったお金のマインドセット4つ

ビジネスが上手くいかずに悩む人は間違ったお金のマインドセットを持っていることが多いです。

そこでまずはよくある間違ったお金のマインドセットを4つご紹介しましょう。

1.高単価商品は売れないという思い込み

毎月安定した売上を確保するためには高単価商品を持つことが欠かせませんが、
「自分にこんな高い商品が売れるわけない」、
「数十万円もする商品を買う人はいない」という思い込みを持った人は多いです。

しかし、私は高単価商品を持っていて7ヶ月で3000万円売り上げた実績がありますし、他にも33万円の商品を販売しているコーチや、単価100万円の商品を販売しているコンサルタントもいます。

このように高単価商品を販売している例はたくさんあり、値段が高いと売れないというのは誤った思い込みなのです。

2.高単価商品を売るのは悪いことという思い込み

高単価商品を売るのは悪いことだという思い込みを持っている人もいます。

数十万円、100万円以上するような商品を誰かに買ってもらうのはなんだか詐欺みたいだと否定的な感情を抱いているのです。

確かに中身がなく、ただ高いだけの商品だと詐欺にも思えるでしょう。

しかし、例え高単価でもお客様の問題を徹底的に解決できるようなものであれば、お客様は喜んでお金を出しますよ。

3.商品は安くした方が売れるという思い込み

お客様に選んでもらえるように商品の値段を下げることで他のお店との差別化を図る人がいます。

確かに、安いと一時的にお客様は集まるでしょう。

しかし、そのお客様はあなたのお店に惹かれたのではなく安さに惹かれてやってきているので、もっと安く提供するお店が現れたらすぐに去っていってしまうでしょう。

商品をただ安くすることはこのようなリスクがあるので避けるべきです。

4.お金を使うのが怖い自分自身のマインド

ビジネスが上手くいっていない人にはお金を使うのを怖がるという特徴もあります。

お金があまり稼げていない状況でお金を使うのは確かに抵抗があるでしょう。

しかし、お金を使うのが怖くてとにかく支出を押さえようとすると、広告費や貴重な学びが得られる勉強会の受講料といった必要な出費も避けてしまい、今の状況を抜け出すきっかけを作れなくなってしまいます。

高単価商品でも売れる!
経営者が身につけるべきお金のマインドセット6つ

今まで間違ったお金のマインドセットを持っていたという方も心配ありません。

正しいマインドセットを身につけて行動を変えれば状況は良くなります。

そこで、経営者なら身につけておきたいお金のマインドセットを6つご紹介しましょう。

1.提供する価値が大きいほど値段も高くなる

価値のある商品を提供していても、高い値段を提示するのが怖くてつい求めやすい価格をつけてしまう人がいます。

しかし、提供する価値が大きいほど、解決する悩みが深いほど値段も高くなりますから、安くする必要はありません。

例えば「料理を習って美味しいご飯を作れるようになりたい」という人と「資格を取って料理を教えることを仕事にしたい」という人では悩みの深さが全然違いますよね。

そのため、普通の料理教室と料理教室の先生を育成する講座ではサービスの価格は大きく異なるはずです。

安易に商品の値段を下げてしまわないよう、価値の高い商品を提供するなら高い価格をつけて当然というマインドセットを持っておきましょう。

2.高単価でも商品は売れる

安くないと商品は売れないと考えている人は多いですが、何十万、何百万するような高単価商品を売っている人はたくさんいます。

ビジネスとは他者の問題を解決することで、悩みが解決できたり、願望が叶えられる商品であれば高単価でもお客様は買いたいと思うものです。

高単価商品を販売することは収入を増やしてビジネスを軌道に乗せる上でとても大事なことですから、価値のある商品には堂々と見合った価格をつけましょう。

3.値段の安さを売りにしない

商品の値段が安いと一時的にお客様は集まるかもしれませんが、値段に釣られて来た人はお店のファンではないのでリピーターにはなりません。

安さで勝負するのは長期的に見るとデメリットになります。

また、単価が安いと単純に売上が作れないというデメリットもあります。

そこで出来るだけ長く経営を続けるためにも値段の安さを売りにせず、親身になってお客様の話を聞いて信頼感を高めたり、提供する価値を高くしたりすることで魅力をアピールし、他所より高くても選んでもらえるようにしましょう。

4.安い商品はお客様にもデメリットがある

商品の価格を低くしてしまうと売上が作れないなど経営者にとって色々なデメリットがありますが、実はお客様にもデメリットがあります。

お客様は自分が抱えている悩みをあなたなら解決してくれるかもしれないと期待してやって来ます。

それなのに安くて価値も低い商品しかなく、お客様の問題を解決できなければ期待を裏切ることになってしまいます。

また、価格が安いとお客様のやる気が出ません。

例えば安い起業コンサルを提供すると、「もし成果が出なくても安かったし別に良いか」とお客様は逃げ道を用意して、目標のために本気で頑張れなくなってしまいます。

お客様の悩みを本当に解決したいと思うなら安い商品だけでなく高単価の商品も用意しておくべきなのです。

5.自己投資や事業投資にかけるお金を惜しまない

まだ十分に稼げていない経営者は出来るだけ支出を増やさないようにします。

ただし、そうした状況でも投資にはお金をかけるべきです。

投資はただお金を浪費するものではなく、さらにお金を生み出す機会になるものです。

例えば成功している起業家が開催しているセミナーの受講料や広告費などは投資と言えます。

投資にお金をかけたら今よりも稼げるようになるチャンスが出来て、現在の状況から抜け出せるかもしれません。

今、経営に困っている人こそ投資にお金を惜しまずに使うべきなのです。

6.お金がないからこそ頑張る

お金に困っている人は「お金がないから〇〇ができない」と何かとお金がないことを言い訳にしがちです。

しかし、経営者ならお金がないからこそ頑張らなくてはいけません。

お金があれば確かに出来ることは増えますが、お金がなくても出来ることはあります。

例えば、SNSは無料で使えるのでお金をかけずにお店の宣伝ができますし、無料で相談を受け付けている起業コンサルタントに相談すると良いアドバイスをタダでもらえるかもしれません。

お金がないことを言い訳にするのを止めてお金がないことを頑張る理由に変えれば、きっと色々なことが良い方向に動き出すはずです。

まとめ

ビジネスとお金は切っても切り離せないものだからこそ、経営者は正しいお金のマインドセットを持っていなくてはいけません。

これまで間違ったマインドセットを持っていた方も、正しいマインドセットを身につけて行動が変われば、やがては経営状況にも嬉しい変化が出るはずです。

ぜひ今日からマインドセットを変えて売上アップを目指しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい