商品開発

高単価商品を持つべき7つの理由|売上をアップしてビジネスを成功させたい起業家へ

高単価商品を持つべき7つの理由|売上をアップしてビジネスを成功させたい人へ
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、高単価商品を持つことで、得られるメリットを解説しています。
1人起業家がビジネスで飛躍していくために欠かせないのが高単価商品を作ることです。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

ビジネスをする上で大切なものといえばお金です。
ビジネスを続けるためには収入が支出を上回らなくてはいけません。

収入をたくさん得ることはとても大事なことです。

しかし、ビジネスをしている人でも思うように収入が得られていないという人は少なくありません。

収入がゼロというわけではないけれど、余裕を持って経営できるほどではないという人は案外多いです。

安定して売上を保つためには高単価商品を持つことが鍵になります。

高単価の基準はビジネスの内容にも異なりますが、数十万、中には数百万の商品を販売する場合もあります。

「本当にそんな高い商品が売れるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ビジネスでしっかり稼ぐには高単価商品の販売が不可欠です。

事業で成功している人は求めやすい価格のものだけではなく、高単価商品を持っています。

しかし、高単価商品を持ったことがない人からすると高単価商品の重要性がいまいち分からないという場合もあるでしょう。

そこで今回はビジネスをするなら高単価商品を持つべき理由について詳しくまとめました。

高い値段の商品を持ちたいけど勇気が出ないという人はぜひ参考にしてくださいね。

売上がアップしてメリットだらけ。高単価商品を持つべき理由7選

高単価商品を持った方が良いと知っても「今の値段設定でもなんとかやっていけている」、「高単価商品を持つのは気が引ける」という理由で高単価商品を持つことを避ける人がいます。

しかし、ビジネスで成功したいなら高単価商品を持つことは欠かせません。
そこで高単価商品を持つべき理由について徹底的に解説していきましょう。

売上がアップする

高単価商品を持つべき理由はなんといっても売上がアップすることです。

高単価商品は数十万円や数百万円するので、1つ売れるだけでその月の売上が大きく上がります。

私も高単価商品を持っていて、1ヶ月に850万円売り上げたこともあります。

また他にもコンサルタントが月商140万円を達成したり、ケーキ教室をしていた先生が月に60万円を稼いだ例もあります。

高単価商品を持てばこのような月商を達成することも可能なのです。

反対に数千円や数万円くらいの商品しか持っていない場合、収入を上げるのは大変です。

毎月安定して稼ぎがあればキャッシュフローにも余裕ができ、会社の経営が楽になります。経営者にとってこれは大きなメリットですよね。

集客が楽になる

例えば月に30万円の売上が欲しいとき、30万円の商品を持っていればお客様を月に一人獲得するだけで目標金額を達成できます。

一方で、5000円の商品を売っている場合は60人、1万円でも30人集めなくてはいけません。

例えば1人起業家の場合、1日1人のお客様を獲得するのは大変ではないでしょうか。また集客できても1人1人対応するのが大変です。
しかし、1ヶ月で1人ならかなり楽になりますね。

このように、高単価商品を持てば集客が楽になるという魅力があります。

お客様に商品の価値が伝わる

金額は商品の価値を示しています。

つまり、高単価であれば価値のある商品ということがお客様に伝わりやすいのです。

例えば20万円のエステサロンのサービスなら「しっかり効果が得られそう」、「手厚いサポートをしてくれそう」と良いイメージを持つことができます。

実際に人は高価な値段だと良質なものだと無意識に思ってしまう傾向があるそうです。

反対に金額が安いと「この商品、本当に大丈夫?」と疑われることにもなりかねません。

新宿にある賃貸の住宅が月1万円で売られているとすると「事故物件かな?」、「相当古いのでは?」と思ってしまいますよね。

値段は安ければ安いほど良さそうですが、提供する価値によってお客様の心に訴えやすい金額というものがあるのです。

お客様の質が上がる

商品を無料や破格の安さで提供すると多くの人が殺到するでしょう。

しかし、その人たちは商品やあなたに興味があるのではなく、「無料」や「安さ」に惹かれてやってきています。
すると他の有料のサービスを勧めてもあまり効果はありません。

しかし、高単価でも話を聞きたいと集まってきた人ならセールスの成約率が上がりますし、高単価でも購入してくれたお客様は本当にあなたに惹かれてやってきた人たちなので他のサービスも提供しやすくなります。

お客様の本気度が高く、実績を作りやすい

数十万、数百万円は商品やサービスの価値が高いとしても、決して安くはない金額です。

それでもお金を払うということはお客様は本気で悩みを解決したいと思っています。

例えば起業コンサルタントの50万円のサービスを買った人は本気で自立してお金を稼げるようになりたいと思っているはずです。
すると努力を惜しまないので、起業も成功する確率が高いです。

もし、生徒が成功すればコンサルの実績になりますから、お互いにとってメリットがあります。

プライベートにも余裕ができる

高単価商品で売上アップすればプライベートも充実するというメリットがあります。収入が増えることで家計が楽になるのはもちろんのこと、ビジネスにかける時間を減らすことができるので、趣味に時間を使ったり、家族と過ごす時間を増やすことができます。

つまり、高単価商品は自分だけでなく、周りの人の幸せにも繋がるのです。

高すぎると罪悪感がある・・・高単価商品を持つことに関するよくある不安

このように持つべき理由がたくさんある高単価商品ですが、まだネガティブな感情を持ってしまうという方もいるでしょう。

お金のブロックがあると高価な商品を扱うこと対しての抵抗がなかなか無くなりません。

高単価商品を販売するにはこうしたネガティブイメージを取り払うことが大切です。そこで最後に高単価商品を持つことに関するよくある不安をまとめました。

お客様に罪悪感がある

高い商品をお客様に売るのは罪悪感があるという方がいます。

しかし、お客様からすると例え高い商品だとしても、それが自分の悩みを解決してくれるものであれば喜んでお金を出します。

お客様の願いは悩みを解決することなので、高くても問題ないのです。

ターゲットとする人の問題を解決できる商品なら自信を持って高い値段を提示しましょう。

詐欺と思われないか心配

あまりに高い商品だとお金を取るのが目的なのではないかと勘違いされないか心配になるという人もいます。

しかし、価値に見合う商品なら高額でも詐欺とは思われません。

例えばホリエモンでおなじみの堀江貴文さんは2019年の年末に500万円の商品を販売し、話題になりました。

この商品はホリエモン万博と呼ばれるイベントで堀江さんに36時間密着し、その様子を配信できる権利がついたイベントのVIPチケットでした。

500万円という高額にも関わらず何人もの人が応募し、最終的に著名なビジネス系YouTuberが購入しました。

このように価値が見合っている商品なら500万円でも高すぎる!と思われませんし、購入したいと思う人もいるのです。

実績がないのに販売していいのか不安

高単価商品を売るのは堀江さんのように実績豊富な人というイメージがあるかもしれません。

しかし、実績がなくても問題ありません。
前職で培ったスキルを活かしたサービスや、欲しい人がたくさんいるものなら実績がなくても堂々と販売しましょう。

誰でも最初は初心者で、ビジネスをしながら少しずつ実績を積み上げていくものです。

高単価商品が1つでも売れば次からは簡単に売れるようになるはずです。やる前から諦めずに、まずは提示してみて、あれこれ試しながら策を考えていきましょう。

まとめ

高単価商品は売れれば収入が上がるのはもちろんのこと、少人数に売ればいいので集客の手間が省けたり、お客様の質が上がったりと色々なメリットがあります。

高い商品を売るのはお客様に罪悪感がある、詐欺と思われないか心配という方もいるかもしれませんが、価値に見合っていて、問題を解決できるものなら、お客様は喜んでお金を出します。

まだ高単価商品を持っていないという方はぜひ1つでも作ってビジネスの売上アップに繋げましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい