起業

在宅ワークで人気のライターの種類とは?単価や相場について解説

在宅ワークで人気のライターの種類や相場について徹底解説!
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、在宅ワークに人気の職種のライター業についてお給料相場やライターの種類などを紹介しています。

私の講座である、売上コミットアカデミーにもライターさんの参加者がいます。

ライター業はお小遣い程度でしたら、十分稼ぐことは可能ですが、仕事として、稼いで行く場合は全体の構造を把握して、取り組んでいかないと収益にはなりづらいです。

そのために、ライターの種類を知り、単価や相場、またどのような人に求められているのか?知っていくことで、あなたの価値が上がり、報酬単価も上がります。

専属ライターや定期契約などにも繋がります。

ライターでのお仕事を目指されている方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

かつては文章を書く仕事といえば作家や新聞記者などが中心で、書くことを仕事にしたいと思っても、実際に就くのは難しいというイメージがありました。

しかし、現代ではネットの発達によって「ネット上に載せる文章を書くライター」という新しい仕事が生まれ、さらにはネットを通して単価の安い一般の人に仕事を依頼する企業や団体が増えてきました。

こうした流れによって誰でも気軽にライターの仕事を始められる時代になっています。

ライターという仕事は細かく分けると様々な種類があります。

ライターになりたいのであれば、世の中にはどんな種類のライターの仕事があり、自分はどの仕事をしたいのかを明確にする必要があります。

また、収入面も気になるところですよね。

在宅ライターはサラリーマンのように企業に雇われているわけではなく、フリーランスなので、毎月安定してお給料が入ってくるシステムではありません。

つまり、自分で収入をしっかり管理する必要があります。

そこで今回は、在宅ワークで人気のライターの仕事の種類や報酬の相場について徹底解説していきます。

書くことを仕事にしてみたい、在宅ライターでもしっかり稼げるようになりたいという方はぜひ最後まで読んでくださいね。

在宅ワークでできるライターの種類9つ

一言でライターといっても細かい仕事の種類があり、それぞれ仕事内容も求められるスキルも異なります。

そこでまずは在宅でできるライターの種類をご紹介していきます。

1.WEBライター

企業サイトの記事や個人が運用しているアフィリエイトブログの記事など、ウェブサイトに載せるコンテンツを書くのがWEBライターのお仕事です。

書く記事のジャンルは非常に幅広く、時にはあまり詳しくない分野について書くこともあります。

専門外のジャンルについて書くのは大変ですが、色々な知識をつけるのが好きな方に向いています。

WEBライターのクライアントは自分のサイトがGoogleなどの検索エンジンで上位表示され、たくさんの人がサイトに訪問することを望んでいます。

検索エンジンで上位表示させるために調整することをSEO対策と言いますが、このSEO対策のスキルがあるWEBライターは特に重宝されやすいです。

2.テクニカルライター

テクニカルライターは商品の取り扱い説明書やマニュアルに載せる文章を書く仕事で、専門的なことを普通の人でも分かりやすい言葉に直すスキルが必要です。

分かりやすく説明するためには、まずは自分が専門的な内容をしっかり理解しなければならないため、仕事内容は少し難しいです。

必要な知識を積極的に取り入れる姿勢が求められます。

ただし、手軽に誰でもできる仕事ではないからこそ、専門性を高めれば希少な人材になることができます。

3.シナリオライター

シナリオライターは映画、アニメ、ゲームといった映像を伴う作品のシナリオを作る仕事です。

WEBライターなど他のライターの仕事と異なるのは、映像化という目的があることです。

映像にできるよう、舞台の設定やキャラクターのセリフなどを上手く文章に起こさなくてはいけません。

シナリオには元となる企画や原案があることが多いので、それをプロデューサーや担当者の意向に沿いながら文章に起こす能力が求められます。

場合によっては企画段階から参加することもあるため、その場合は1つのプロジェクトが終わるまで長期間かかります。

4.セールスライター

広告や商品を紹介するコンテンツを書くのがセールスライターのお仕事です。

私達は日々の生活の中でたくさんの広告を目にしていますが、こうしたものは見ている人が「買いたい!」と思うよう、顧客心理やマーケティング理論に基づいて作られています。

セールスライターのクライアントはある特定の商品やサービスが売れることを望んでいて、見ている人に行動を起こさせるようなライティングができる人を求めています。

もし、セールスライティングの効果が高く、商品やサービスの売れ行きが良ければ、リピートされるセールスライターになることができます。

5.コピーライター

コピーライターはインパクトがあり、読んだ人の心に残るような短い言葉、つまりキャッチコピーを書くお仕事です。

キャッチコピーは企業や商品の認知を上げたり、購買意欲を高めたりすることを目的としてよく使用されます。

コピーライティグには文章力というよりは、人の心に訴えかける言葉を作る特有のスキルが必要です。

テレビや新聞などの広告を作成する広告代理店に勤めている人がコピーライターとして活動するケースが多いですが、こうした企業に勤めた経験がなくてもコピーライターとして活動している人はいます。

6.取材ライター

特定の人物や場所を取材し、その内容を記事にまとめるのが取材ライターのお仕事です。

人と関わる仕事のため、コミュニケーションスキルはもちろんのこと、重要なことを引き出す質問力も必要になります。

人と話すのが好きな人や色々なところに行くのが好きという人にとても向いている仕事です。

今はオンライン電話ツールがあるため、家に居ながら取材をして、完全に在宅で取材ライターの仕事をすることも可能です。

7.コラムライター

WEBライターや取材ライターなどは情報を正確にまとめる力が求められます。

一方でコラムライターはただの事実だけでなく、筆者独自の視点や考えが求められるという特徴があります。

コラムで扱う内容はニュースや時事ネタなどが多いですが、恋愛や子育てなどの分野でもコラムの需要があります。

ただ文章を書くだけでなく、自分の意見も発信していきたいという人にはぴったりです

8.オウンドメディア記事ライター

オウンドメディアとは企業や団体が独自に情報を発信している媒体のことで、公式サイトなどがこれに当たります。

サイトで消費者の役に立つ情報を定期的に発信すれば信頼性を高められるため、多くの企業がオウンドメディアを所有しています。

企業が運用するサイトに載せる文章なので、記事を書くにあたって専門の知識が必要になることがあり、依頼内容によっては情報収集するのが大変になります。

ただし、こうしたサイトには記事を多く載せるため、リピーターになってもらえれば依頼を多くもらえるというメリットがあります

9.ジャンル特化型ライター

ライターの中にはあるジャンルに特化して文章を書く人もいます。

例えば美容、映画、医療、音楽、トラベル、フードなど挙げるとキリがありません。

1つのジャンルに特化しているということは専門性が高いということなので、一般のライターに比べてクライアントの意向に沿った記事を書ける傾向にあります。

そのため、リピーターが増えやすいのがメリットです。

もし、これなら誰にも負けない!という得意分野がある方は、ジャンルに特化したライターになるのがおすすめです。

在宅ライターになるために必要な資格・スキル 

在宅ライターには特に資格は必要なく、誰でも仕事を始めることができます。

企業に勤めていた元編集者が独立してフリーランスのライターになるというケースもありますが、ライティング未経験の方でも自由にライターになれます。

ただし、ライターが持っていると便利なスキルはたくさんあります。

まず、文章を書くことが得意な人は非常にライターに向いています。

なぜならライターはとにかく文章を書く仕事だからです。

もし、文章を書くのが苦手であれば、たとえライターになったとしても作業が苦痛になってしまうでしょう。

また、分かりやすい文を書くスキルも求められます。

やはり誰が読んでも分かる文章でなければ、クライアントが伝えたいことを読み手に伝えることができないからです。

さらに、長い文章でも読んでもらうための構成力も必要です。

ただダラダラと続く長い文章は読んでいる人が飽きてしまい、途中で離脱されてしまいます。

そこで最初から最後までスムーズに読めるような文章を構成する力が求められます。

在宅ライターのメリット6つ 

在宅ライターという仕事にはメリットがいくつかあります。ライターになるかどうか迷っている方にはぜひ知って欲しいものばかりです。

そこで在宅ライターとして働くと得られるメリットを6つご紹介していきます。

1.特技を生かせる

書くことが好き、分かりやすい文章を書くのが得意という方はその特技を存分に生かすことができます。

得意なことを仕事にすると、苦手なことをしている場合に比べて楽しく働けますし、仕事の効率も良くなります。

在宅ライターは誰でも始めることができるので、もし文章を書くのが得意で、書くことを仕事にしてみたいという思いがある人はぜひ一歩踏み出してみましょう。

2.通勤の必要がない

ライターはパソコンとネット環境さえあればどこででもできるお仕事なので、家で働くことができます。

家で働けば通勤の必要が一切ありません。

毎朝、満員電車に乗って職場に行くのは大変で非常に疲れます。

しかし、在宅ライターならこのように大変な思いをしなくて良くなります。

また、通勤時間が浮くことで自由に使える時間が増えるため、人生がより充実するきっかけにもなります。

3.自分のペースで作業ができる

在宅ワークは自分のペースで作業ができるというメリットもあります。

会社では同僚や他の部署の仕事の進捗に影響を受けたり、上司から無茶な指示をされたりと自分の仕事のペースを乱されることがあります。

しかし、フリーランスになると自分一人で作業をするため、こうした面倒なことが起きません。

調子の良い時はどんどん執筆し、逆に体調が悪いときや良い文章が書けないときは一旦休憩を挟むといったことも自由にできるので、思い通りに仕事を進められます。

4.子育てや家事との両立ができる

女性は仕事と家事・育児の両立が課題になる人が多いです。

しかし、在宅ワークは家で働けるので、仕事をしつつ子どもの面倒を見ることができますし、仕事の休憩時間にはささっと家事をすることができます。

私はライターではなくコンサルタントですが、全てオンラインで完結するように仕事の仕組みを作り、家で働けるようになったことで、子育ても家事もバランスをとりながらできるようになりました。

5.初期投資が少ない

在宅の仕事でも、種類によっては初期投資がかかることがあります。

例えば自宅でサロンを開く人は最初にベッドや化粧品などを用意しなければいけませんし、ハンドメイドをする場合はまずは材料を揃えなくてはいけません。

一方でライターはパソコンを用意し、ネット環境を整えるだけで仕事を始めることができます。

おうちによっては既にパソコンもネット環境もあるかもしれませんね。

最初の投資が大きい仕事はリスクが高く、回収するまでに時間がかかってしまいますが、ライターにはこうした心配がありません。

6.コロナ禍でもあまり影響を受けない

新型コロナウイルスによって多くの企業が打撃を受けました。

ただ売上が下がっただけでなく、倒産に追い込まれた企業も少なくありません。

それによって職を失ったという方もたくさんいます。

一方でフリーランスの在宅ライターの場合、どこかの企業に勤めているわけではないので、こうした事態でもいきなり仕事がなくなるということはありません。

契約していた企業が経営不振によりライティングに予算を回せなくなり、依頼がなくなってしまうということはあるかもしれませんが、それでも他に契約している企業があればダメージは少ないですし、新しい依頼を獲得すればすぐに挽回できます。

在宅ライターのデメリット4つ 

得意なことを生かせる、子育てや家事との両立ができるといったメリットがあるライターというお仕事ですが、デメリットもいくつかあります。

在宅ライターとして働くことを考えているなら欠点も事前に知っていくことが大切です。

これから紹介していきますので、しっかり把握し、自分なりにどのように対策すれば良いかも考えてみましょう。

1.最初は単価が低い

ライティングの依頼は報酬が高いものもたくさんありますが、こうした仕事はベテランのライターでなければできないことが多く、未経験者や実績が少ない人が応募しても断られてしまいます。

そのため、未経験のライターはどうしても初めのうちは単価の低い依頼が中心になってしまい、あまり稼ぐことができないのが難点です。

2.収入が安定しない

サラリーマンは毎月お給料日になると決まった額が口座に振り込まれます。

しかし、在宅ライターは企業に勤めているわけではないので、自分が働いた分しか収入が入ってきません。

つまり、しっかり働いた月にはたくさん収入が入ってきますが、反対にあまり仕事ができなかった場合は収入が少なくなってしまいます。

このように収入が安定しないというデメリットがあります。

3.リサーチに時間がかかる

ライターの仕事はどんな種類であれ、執筆の際にはリサーチが必要になります。

リサーチとはクライアントが指定したテーマで記事を書くために情報収集をすることです。

特に自分が知らない分野の記事を書くときにはリサーチに時間がかかってしまうので、仕事の効率が悪くなります。

4.人との関わりが減る

在宅ライターは基本的に一人で行う仕事なので、他人と関わることがほとんどありません。

すると、何か悩み事があったり、ちょっと聞いて欲しい話があったりしても話す相手がおらず、発散させることができません。

そのせいで気が滅入ったり、精神的に苦しくなったりするリスクがあります。

そこで、定期的に友人と会う約束をしたりして、人と接する機会を意識的に増やすことが必要です。

在宅ライターが仕事を見つける方法4つ 

在宅ライターとして働いていくためには、自分で仕事を獲得しなくてはいけません。

今はネットがあるおかげで家に居ても簡単に仕事を見つけることができます。

そこでライターが仕事を見つける主な方法をご紹介していきます。

1.クラウドソーシングサービスを利用する

クラウドソーシングサービスとは企業や団体が仕事を外注する場を提供するサービスで、WEBデザイン、翻訳、動画制作など色々な仕事が募集されています。

その中にはもちろんライティングの依頼もたくさんあり、法人サイトのコンテンツの作成、コラムの執筆依頼など募集内容は多岐に渡ります。

クラウドソーシングサービスを使って依頼を受けているライターはとても多く、月に何十万円と稼いでいる人もいます。

2.スキルシェアサービスを利用する

スキルシェアサービスは個人間でスキルの売り買いができるサービスです。

何かスキルを持っている人がサービスを出品し、そのスキルを求めている人がサービスを購入するという形で取引が行われます。

クラウドソーシングサービスと似ていますが、スキルシェアはスキルを持っている人が主体となっているのが特徴です。

ライターの場合は当然ライティングのサービスを出品することになります。

もし、自分の得意分野や専門分野があれば、それをしっかりアピールすることで他のライターと差をつけましょう。

3.メディアのライター募集に応募する

サイトによっては記事を執筆するライターを募集していることがあります。

これに応募し、採用されればサイト専属のライターになることができます。

専属になると定期的に仕事をもらえるので、収入の安定に繋がります。

もちろん、応募しても不採用になってしまうこともありますが、ライター募集をしているサイトを見かけて、そのサイトの記事を書いてみたいと感じたら、積極的に応募してみましょう。

4.SNSから依頼を募集する

ライターの中にはSNSで仕事用のアカウントを作り、そこから依頼を受けている人もいます。

この場合、クライアントの方から話が来るため、納期や報酬など条件の希望を伝えやすいのがメリットです。

ただし、ただアカウントを作るだけでは誰にも見つけてもらえないため、フォロワーを増やしたり、自分からいいねをつけにいったりして、ライターを探している人の目に留まる努力をする必要があります。

在宅ライターの収入の相場 

ライターの報酬は文字単価によって決まることが多いです。

文字単価とは1文字あたりの値段のこと。

例えば同じ2000字の記事でも、報酬は文字単価が0.5円なら1000円、1円なら2000円、10円なら20000円と大きく変わります。

文字単価は当然高い方が良いですが、未経験からのスタートの場合、まだライターとしての実績がないため、最初のうちは文字単価が1円を切るような低い報酬の依頼が中心になります。

クラウドワークスで募集している仕事の中にはかなり報酬が低く、1時間かけて記事を書いても数百円にしかならない依頼もあるので、自分ができるレベルの仕事で、且つ単価が低すぎない案件を選ぶのがポイントです。

ライターとして実績が増え、リピーターも増えてきたら交渉次第で単価を上げていくことが可能です。

ここまで来ると収入もかなり安定し始めます。

在宅ライターが稼ぐコツ5つ 

せっかくライターとして働くなら、やはりできるだけ稼ぎたいですよね。

ライターが高い収入を得るためにはいくつかポイントがあります。

これからまとめていくので、ぜひ覚えておいて稼げるライターを目指しましょう。

1.専門性を高める

たくさん居るライターの中から選んでもらうためには専門性が重要です。

グルメ、旅行、住宅など、どんな分野でも専門があるとそのジャンルの記事を求める人から選ばれやすくなります。

また、交渉次第で高い単価で契約してもらえる可能性もあります。

今は何の得意分野もなくても、ライターとして経験を積みつつ専門を磨いていくことが可能なので、何か1つでも得意な分野を持つことを目指しましょう。

2.リサーチ力をつける

ライターが効率良く仕事をするためにはリサーチ力をつけることが欠かせません。

なぜなら、ライティングにはリサーチが必須で、ジャンルによってはリサーチにかなり時間がかかることもあるためです。

クライアントが意図していることを汲み取り、その情報を素早く集められるようになれば1記事を仕上げる時間が短くなり、どんどんライティングをこなせるようになっていきます。

3.タイピングの速度を速くする

仕事を早く終わらせるためには、タイピングのスピードを上げることも欠かせません。

ライターはとにかく文章を書いていく仕事なので、タイピングのスピードが上がるとその分仕事が早く終わるようになります。

ネット上にはタイピングの練習ができるツールがたくさんあるので、こうしたものを活用しながらスキルを上げていきましょう。

4.記事を早く納品する

ライターが稼ぐためには仕事をたくさんもらわなくてはいけません。

依頼数を増やしたいならリピーターを獲得することを目指しましょう。

リピーターがいれば定期的に仕事をもらえるため、収入が安定します。

ではリピーターを獲得するためにはどうしたら良いかというと、記事を早く提出することを心がけましょう。

仕事を早く終わらせると、「じゃあこの記事も・・・」と次の依頼を回してもらえることが多く、リピーターになってもらえます。

5.契約相手を増やす

ライターが収入を安定させるためのコツはクライアントの数を増やすことです。

例えば月に1万円の仕事を10人のクライアント様から依頼していただけるようになると、それだけで10万円の収入になります。

1つのクライアントからたくさん仕事をもらうのももちろん良いですが、色々な人と契約していれば1つ契約が終わってしまっても、収入が大きく減らないので安心というメリットがあります。

まとめ 

ライターという仕事は、幅広い種類のコンテンツを書くWEBライター、人物やお店を取材し、その内容をまとめる取材ライター、読み手に商品の購入を促すセールスライターと様々な種類があります。

文章を書くことが好きな人にとってはライターはぴったりの仕事です。

家で働けるので家事育児と両立できるという魅力もあります。

ただし、フリーランスは収入が不安定になってしまいやすいので、クライアントの数はできるだけ多くしたり、実績に応じて文字単価を上げていったりと、戦略的にキャリアを積んでいきましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい