客単価アップ施策

客単価アップして売上を上げる6つの方法|売上を伸ばしたい人必見

客単価アップして売上を上げる6つの方法
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、客単価をアップする方法を6つご紹介しています。

売上を上げていくためには客単価を上げることは必須です。

それに伴い、サービスの質の向上も必要不可欠ですが、サービスの時間を増やす必要はありません。

客単価を上げたい方は、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

客単価とは1人の顧客が一度の買い物でいくら支払ったかを示す値です。

お店の売上は来店客数×客単価で求められるので、客単価は売上を左右する重要な指標であることが分かります。

客単価を上げると売上を上げることができますが、客単価を伸ばすのは簡単なことではありません。

お客様にもっとお金を使っていただくにはただ売れるのを待つだけではなく、こちらから仕掛けていくことが大切です。

そのためには客単価をアップする方法を知っておかなくてはいけません。

客単価アップする方法を知ることで月に2万円しか稼げていなかったエステサロンオーナーが3ヶ月で100万円稼げるようになったり、5000円の商品しか売れたことがなかったコンサルが月商33万円を達成したという例もあります。

そこで今回は客単価アップしたいなら知っておくべき方法を6つご紹介していきます。

売上が伸びなくて悩んでいる、もっと客単価を上げたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

お店の売上が上がる!
客単価をアップするメリット2つ

客単価をアップするための方法についてまとめる前にまずは客単価をアップすると得られる主なメリットを2つご紹介しましょう。

これを知れば客単価アップの重要性が分かりますよ。

1.売上が上がる

客単価をアップするメリットといえばやはり売上が上がることです。

売上は来店客数×客単価で求められるので、

例えば、月の来店客数が100人で客単価が5000円のとき、売上は50万円ですが、客単価が1000円増えるとお店の売上は60万円になります。

このように客単価を上げるだけで売上に大きな違いが出てきます。

客単価はどんな業種であれお店を営む人にとって意識すべき指標なのです。

2.集客が楽になる

客単価がアップすると集客が楽になるというメリットもあります。

例えば月に100万円売り上げたいとき、客単価が5000円なら200人のお客様を集めなくてはいけませんが、客単価が7000円なら142人まで集客すべき人数が減ります。58人の差はかなり大きいですよね。

集客が楽になれば今までお客様を獲得することにかけていた時間をお店の売上を上げるための他の施策に回したり、プライベートを充実させたりできるので経営者にとって嬉しいことだらけです。

売上を上げたいときに値下げをするのはデメリットが多い

売上を上げたいなら、単純に値下げをしてお客様をたくさん集ればいいのでは?と思う人もいるかもしれません。

値下げをすれば確かに一時的にお客様はたくさん集まりますが、長い目で見ると値下げには色々なデメリットがあります。

例えば値下げをしたことで来店してお客様は安さを目当てにしており、決してお店で選んだわけではありません。

そのため、もっと安い店が現れればすぐにそちらに流れてしまいます。

また、値下げをすると利益が少なくなってしまい、経営を安定させるためにお客様を増やすことに力を使わないといけなくなってしまいます。

売上を上げ、長期的にもメリットを得るためには値下げ以外の方法で客単価アップを目指すべきなのです。

客単価をアップしたいなら知っておくべき6つの方法

では客単価をアップしてお店の売上を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?お店を経営するなら知っておくべき具体的な客単価アップの方法をまとめました。

1.値上げをする

先ほど、値下げをしてしまうとデメリットが多いと説明しましたが反対に値上げは客単価アップには効果的ですしメリットもたくさんあります。

値上げをするとお客様が減ってしまうのではと恐れる人は少なくありません。

しかし、値上げをしてもお客様が減ることはなく、むしろ売上がアップしたという例は多いです。

商品にもよりますが値上げをすると商品価値が高いというポジティブな印象を与えることができます。

また、客層が変わり、高くてもあなたのお店で購入したいという人が集まるので、リピートを獲得しやすくなります。

世の中には本当はもっとお金をいただけるのに自信のなさから低すぎる値段をつけてしまっている経営者が案外多いので、値上げをしてもお客様は納得して購入してくれるかもしれません。

この機会に今一度商品やサービスの価格を考え直してみましょう。

2.バックエンドとフロントエンドを用意する

お店で販売する商品は2つの種類に分けることができます。

それはバックエンドとフロントエンドです。

バックエンドとはお客様の悩みを徹底的に解決できる、価値が高い商品です。

価値が高いので高価格となり、お店の売上の中心になります。

一方でフロントエンドはバックエンドの見込み客を集めることが目的の商品です。

お店やサービスのお試し商品なので求めやすい価格なのが特徴です。

客単価が低くて悩んでいる人はこのバックエンドとフロントエンドの2種類を用意できていないケースが多いです。

高価格のバックエンドを持ち、それが1つでも売れれば客単価は一気にアップします。

例えば、元々バックエンドを持っていなかったコーチの方が33万円と10万円以上するバックエンド商品を用意することで月商50万円を達成できたケースがあります。

また、単価100万円の商品を1つ売って月商100万円を達成できたコンサルタントもいます。

そこでお店の商品の改めて見直し、高価格の商品がなければバックエンド商品を用意しましょう。

3.まとめ買いを促す

客単価を伸ばしたいならまとめ買いを促すのも有効です。

何もなければ1つしか買わないお客様に対して、2個以上まとめて買ったときの特典を用意することで予定よりもたくさんお買い上げいただくようにすれば客単価は上がります。

例えば1個300円のところ2個まとめて買えば500円に割引にしたり、サロンなら10回分の回数券をお買い上げいただければ1回分無料にしたりといった工夫をすればお客様はまとめ買いを進んで選択するようになります。

4.関連商品をおすすめする

客単価アップの施策としてクロスセルという手法があります。

これは例えばハンバーガーショップで「ご一緒にポテトはいかがですか?」と勧めたり、電気量販店でレジの近くに乾電池を置いたりしてついで買いを促すものです。

関連商品ならお店側もおすすめしやすいですし、お客様のためになることもあります。

そこでエステサロンに来た人には肌が綺麗になるコスメを紹介したり、アロマサロンのお客様にはおうちでも使えるアロマを勧めたりして客単価アップを目指しましょう。

5.商品の「大きい版」を勧める

商品の「大きい版」を勧めるアップセルという手法も客単価アップに効きます。

例えば、エステのコースの紹介をするときに「これより3000円高いこちらのコースならさらに20分のマッサージが付きますがどうですか?」

と勧めて承諾してもらえれば売上は3000円アップします。

アップセルをするためには商品に松竹梅のサービスを用意しておかなくてはいけません。

商品やサービスを一種類しか用意していないという人はその商品の松や竹のバージョンを作ってみましょう。

6.新商品を販売する

人は基本的に買い物が好きです。

特に新しい商品を見ると「試してみたい!」という感情が湧き、ついつい手を伸ばしてしまいます。

そこで客単価をアップしたいなら新商品を用意しましょう。

特に既存の顧客に向けて新商品を開発すれば飽きの解消にもなりますし、

「このお店の商品だから大丈夫」と信頼してくれるので新規顧客向けの新商品よりも買ってもらえる確率が高くなります。

新商品を用意すれば一時的に客単価がアップするのはもちろんのこと、もし売れ行きがよければそのまま定番メニューにして長期的に売上を確保することもできます。

お店の今後の売上のためにもこの機会に新商品を開発してみてはいかがでしょうか。

まとめ

客単価は1人のお客様が一度の買い物でいくら支払ったかを示したもので、売上に大きく関わる要素です。

客単価を上げれば売上が上がるのはもちろんのこと、集客も楽になります。

客単価アップには値上げをしたり、バックエンドとフロントエンドを用意したり、まとめ買いを促したりと色々な方法があります。

ぜひご自身のビジネスに合ったものを使って客単価アップを目指しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい