SNS集客

Zoomを使ったヨガのオンラインレッスンの始め方|初めてでも安心!

Zoomを使ったヨガのオンラインレッスンの始め方|初めてでも安心!
売上コミット
コンサルタント
とみたつづみ

ヨガをオンラインで教えることに興味はあるけど、自分にやれるかどうか分からないし、そもそもどうやったら良いかも分からないという方は多いと思います。

今回はそんな方のためにリモートでヨガレッスンをする方法を詳しくご紹介していきますよ。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

ヨガの先生はコロナによって大打撃を受けた職種の1つです。

コロナが流行ってからヨガ教室を開けなくなり、収入がストップしてしまったという方もいるのではないでしょうか。

しかし、こんな中でもヨガを教えながら収入を得る方法があります。

それはレッスンをオンライン化することです。

ネットを活用し、リモートでヨガのやり方を教える仕組みを作れば、コロナ禍でも、災害が発生しても収入が途絶えることはありません。

そうは言っても、ヨガは今までスタジオでやるのが当たり前だったからこそ、

  • オンラインレッスンをしても生徒さんが集まるのか
  • オンライン化ってなんだか難しそう
  • リモートだと上手く教えられなさそう

こんな不安を感じる方もいるでしょう。

そこで今回は、Zoomというツールを使ってヨガのレッスンをオンライン化する方法や、リモートでのレッスンを成功させるコツをご紹介します。

どんな状況になっても稼げるヨガ教室の仕組みを作りたいという方は必見ですよ。

ヨガレッスンをオンライン化できるZoomとは 

Zoomはオンラインでできるテレビ電話のようなもので、相手の顔を見ながらまるで実際に会っているかのようにコミュニケーションが取れます。

一度に複数人と繋げることができるので、グループレッスンも行うことができます。

ヨガはあまり大きく動かないため、ポーズを変えても画面に収まりやすく、Zoomとの相性は良いと言えるでしょう。

生徒さんには専用のURLを送るだけでレッスンに参加してもらえるため、あまりZoomに詳しくない人でも簡単に利用してもらえるのがメリットです。

Zoomの詳しい特徴や使い方についてはこちらの記事でも解説していますよ。

Zoomを活用したヨガのオンラインレッスンの種類2つ

オンラインレッスンには主に2つのやり方があります。

これからそれぞれご説明していくのでどちらの方法にするか考えてみましょう。

ライブ型

生徒さんとリアルタイムでZoomを繋ぎ、レッスンを行うやり方です。

普通のレッスンと同じように、生徒さんのポーズを見ながらその場で指導することができます。

ただし、ライブなので途中で通信の調子が悪くなったり、突然繋がらなくなったりするリスクがあります。

いざというときのために対処法を考えておきましょう。

動画視聴型

あらかじめ撮影しておいた動画を見ながら、生徒さんに各々でヨガをしてもらうというやり方もあります。

動画はいつでも見れるので、好きな時間にヨガをすることができます。

また、一時停止ができるので、自分のペースで行ったり、急な用事に対応したりすることもできます。

一度撮影すれば何度でも使い回せるのがメリットですが、ライブ型のように生徒さんにそれぞれ指導することはできません。

オンラインヨガ

Zoomを使ったヨガのオンラインレッスンの始め方8ステップ 

ヨガ教室をリモートでやりたいと思っても具体的にどのようにすれば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。

そこで、Zoomを使ってヨガのオンラインレッスンをする方法を流れに沿ってご説明します。

通信環境を整える

オンラインでレッスンをするには通信環境を整えることが欠かせません。

ネットが繋がりにくい状態だとレッスン中に映像が途切れて生徒さんに迷惑をかけてしまいます。

そこで、家の通信環境を整えておきましょう。

機材を揃える

リモートでのレッスンでは様々な機材が必要です。

まず、ヨガのポーズを映すカメラは欠かせません。

特にリアルタイムのレッスンの場合はZoomを繋ぐ媒体とは別に全身を映せるカメラを用意しておくのが理想的です。

環境によってはスマホスタンドや三脚が必要な場合もあるでしょう。

また、ポーズの説明や生徒さんへのアドバイスを伝えるためにマイクも必要です。

ワイヤレスのマイクなら動きの邪魔にならず、便利です。

サービスを作る

オンラインレッスンができる環境を作ったら、レッスンの具体的な内容を決めましょう。

ライブ型と動画視聴型のどちらにするのか、グループレッスンにするのか、それともパーソナルレッスンにするのか、やり方はたくさんあります。

どんなレッスン内容にしようか迷ったら、オンラインでサービスを提供しているヨガインスタラクターのサービス内容を調査すると参考になるでしょう。

決済方法を用意する

スタジオでのヨガレッスンは月謝やレッスン代を手渡しで払うこともできました。

しかし、オンラインの教室では生徒さんに直接会わないので手渡し以外の方法でしかレッスン代をいただけません。

そこで、銀行振込やクレジットカード支払いなどの決済方法を準備しておきましょう。

集客をする

サービスや決済方法が準備できたらいよいよ集客していきましょう。

これまでのヨガ教室のターゲットは近くに住む方に限られていましたが、オンライン化すると世界中の人がターゲットになります。

そこで、SNSやブログで発信し、生徒さんを集めましょう。集客の方法はこちらの記事で詳しく解説していますよ。

レッスンのテストをする

レッスンの前には必ずテストをしておきましょう。

  • カメラは問題なく動くか?
  • 全身が入っているか?
  • 音声が入っているか?聞き取りにくくないか?

このような点を確認して、問題があればレッスンまでに解決しましょう。

あらかじめ本番を想定してテストすることで、安心してレッスンに臨めますし、生徒さんにも快適に受けていただけます。

参加者にURLを送る

Zoomを使ったレッスンを行うには参加者に専用のURLを送る必要があります。

Zoomで新しいミーティングを始め、ミーティング画面から招待を送る方法や、レッスンのスケジュールを設定して専用のURLを事前に送る方法などがあります。

自分に合ったやり方で生徒さんを招待しましょう。

レッスンを行う

ヨガのレッスン中は通信が途切れていないか、カメラから見切れていないか、困っている生徒さんがいないかといったことに気をつけながら進めましょう。

最初は慣れないと思いますが、何度も繰り返すうちにスムーズにできるようになりますよ。

Zoomを使ったヨガのオンラインレッスンを成功させるコツ3つ 

スタジオでのレッスンとオンラインでのレッスンは違うからこそ、リモートで行う場合は気をつけなくてはいけないことがいくつかあります。

最後にZoomを使ったレッスンの成功のコツをご紹介するのでぜひ覚えておきましょう。

見込み客のオンラインに対する不安を解消する

オンラインでのレッスンに対して不安があるのはインストラクターだけではありません。

生徒さんもまた不安を感じます。

例えば、実際に見ている訳ではないのにきちんと指導ができるのか、信頼できる先生なのか、途中で通信が止まったりしないかといったことを不安に思うでしょう。

そこで、SNSなどで発信をするときにこうしたよくある疑問点について説明しておきましょう。

レッスンの様子を見せたり、実際にリモートでレッスンを受けた生徒さんの感想を載せたりしても良いですね。

そうすればオンラインでレッスンを受けたことがない方でも安心してお申し込みしていただけますよ。

オンラインでもポーズが理解できるように工夫する

スタジオとは違い、生徒さんはインストラクターのポーズを間近で見ることができません。

そこで、やり方を理解してもらえるように工夫しましょう。

例えば、言葉で詳しく説明したり、ゆっくり動いたり、カメラを増やしていろいろな角度から撮ったりすれば理解が深まるでしょう。

オンラインレッスンに最適な人数や時間を把握する

何度もレッスンをする中で、自分に合った生徒さんの人数やレッスン時間を探ってみましょう。

スタジオでは何十人もの生徒さんを指導していても、オンラインになるとそこまでは対応できないこともあるはずです。

自分にぴったりのレッスン形式を見つけて、楽しくオンラインレッスンができるようにしましょう。

まとめ 

ヨガ教室をオンライン化すればコロナ禍のように病気が流行したり、不測の事態が起こったりしても、ネット環境さえあればレッスンを提供し続けることができ、収入が途絶えることがありません。

最初は機材を用意したり、Zoomの使い方を覚えたりと大変かもしれませんが、一度仕組みを作ってしまえばあとは慣れるだけです。

今まで対面で行うことが当たり前だったヨガ教室ですが、ぜひオンラインで教える仕組みを作っておきましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい