客単価アップ施策

サロンが客単価アップするための6つステップと成功するための4つの役立つこと

サロンが客単価アップするための6つステップと成功するための4つの役立つこと
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、サロン経営者がお店の客単価を上げていくために必要な6つの方法とより成功するための4つの役立つことを掲載しています。

客単価を上げていくと、売上や利益が増えるだけでなく、お客様の層もよくなります。

なかなか、客単価アップの一歩を踏み出せないオーナーはぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

お店の売上は来店客数×客単価で求められます。

客単価とは一人のお客様が一度の来店でいくら支払ったかを表す値です。

客単価をアップすればサロンの売上もアップします。

サロン経営者なら誰でも客単価を上げたいと考えると思いますが、それは簡単なことではありません。

色々対策をしても成果が出ず、いつまでも「客単価アップしたい」と考えるだけで終わってしまっているケースは多いです。

自分なりに工夫してもなかなか変化が現れないと焦りますし、落ち込んでしまいますよね。

客単価アップを成功させたいなら正しい方法を知って実践することが大切です。

経営者の中にはオリジナルの方法で成果を出そうと意気込む人もいますが、早く成果を出すなら既に成功している例を利用するのが一番です。

そこで今回はサロンが客単価アップする方法を6つご紹介します。

今よりももっと売上を伸ばしたいサロンオーナーの方は必見ですよ。

高単価商品やセットメニューを持とう。
サロンが客単価アップする方法6つ

ずっと客単価アップできなくて悩んでいた人も成功しているサロンで行われている方法を知って実践すれば成果が出てきます。

そこでサロンが客単価アップする方法を6つご紹介しましょう。

1.高単価商品を用意する

いつまでも売上が上がらない、客単価アップできないと考えているサロン経営者は高単価商品を持っていないというケースが多いです。

多くの人に来てもらおうと低価格の商品しか用意しなければいつまで経っても客単価は上がりません。

ビジネスで売上アップするためにはフロントエンドとバックエンドの2つを持たなくてはいけません。

バックエンドとは高単価でお店の売上の中心となり、お客様の悩みを徹底的に解決するものです。

一方でフロントエンドはバックエンドの見込み客を集めるための低価格の商品のことです。

もし全10回のエステのコースなど、数十万円するようなバックエンドを持っていたらそれが1つ売れるだけで客単価はかなりアップします。

ぜひ一度店舗のバックエンドとフロントエンドを考えてみましょう。

2.セットメニューを用意する

客単価アップにはセットメニューも効果があります。

セットメニューとは2つ以上のメニューを組み合わせたものです。

違うメニューを組み合わせると当然値段も高くなるので、単価も上がります。

例えば、フェイシャルマッサージ10000円とフットマッサージ10000円をセットにして18000円とお得な値段設定で販売すればお客様の心を動かせます。

この場合では単品のメニューを買う場合に比べて8000円も単価を上げることができますね。

まだセットメニューを用意していないという場合はお店のメニューを見ながらお客様が利用したくなるようなセットメニューができないか考えてみましょう。

3.オプションを用意する

オプションも客単価を上げたいときに有効です。

例えば20分ほどで終わるパックや、10分で終わる毛穴ケアなど気軽に足せるようなオプションを用意すればいつも利用しているお客様でも客単価アップを狙えます。

オプションは気軽に追加してもらうことが大切なので、客単価アップのためとはいえお手頃な値段をつけるのがコツです。

4.物販に力を入れる

エステでも痩身でもサロンはお客様に施術をすることで収入を得られますが、物販も収入源の一部となります。

施術に加えて家で使えるケアアイテムも買ってもらえれば客単価は当然アップします。

ただし、商品を勧められると「売りつけられている」とネガティブなイメージを持つお客様もいるので、あくまで自然に本当に必要なものを勧めるようにしましょう。

サロンなら店舗だけでなくインスタで物販を行うという方法もあります。

サロンは写真で魅力を伝えるインスタとの相性は抜群で、ショップの機能はないものの、化粧水や美顔器などの商品を写真と文章でアピールすることで購入に繋がることもあります。

投稿を見て商品が気になった方がDMから問い合わせをし、注文してくれるのです。

実際にインスタからの物販と集客で合わせて月商100万超えしたフェイシャルサロンオーナーもいます。

物販は一度購入してもらえればなくなった時にまた買ってもらえるので長期的なメリットもありますよ。

5.新メニューや限定メニューを用意する

いつも来ているお客様は施術を受けると綺麗になれるものの、何回も通うと少し飽きが来てしまいます。

そこで新メニューや季節限定メニューを用意するのがおすすめです。

お客様は新しい商品が好きで、また限定ものに弱いので、喜んで試してもらえる可能性が高いです。

セールスが苦手な人でも「こんなメニューを始めました」、「夏季だけの限定なんですよ」とさりげなく紹介できるというメリットもあります。

6.新しい技術を取り入れる

他のサロンにはないような新しい技術を取り入れれば客単価アップを狙えます。

珍しい技術なので他のメニューに比べて高い値段を堂々とつけることができるからです。

美容にこだわっている人には新しい技術を少々価格が高くても体験したいという層がいるので、集客も見込めます。

新しい技術は機械の導入などにお金がかかる場合もあるので、投資した額を回収できるかどうか考えながら始めるか考えてみましょう。

客単価アップの施策を成功させるために役立つこと4つ

客単価アップするための方法を6つご紹介しましたが、プラスアルファで工夫をすればより成果が出やすくなります。

そこで最後に客単価アップ施策を成功させるために役立つことを4つご紹介しましょう。

1.ライバルのお店のメニューを研究する

バックエンド商品や新メニューを用意するといってもどんなメニューにすれば良いか分からなくて困るという方もいるでしょう。

そんなときはライバルのサロンのメニューを研究しましょう。

同業ですから参考になる点がたくさんあるはずです。

メニューの内容はもちろん、価格のつけ方も参考になるでしょう。

サロンに限らず経営者で他のお店を偵察している人ほど売上は高い傾向にあります。

こうした人は成功しているお店の戦略や戦術を知って自分のお店に取り入れることで売上アップに繋げています。

もちろん丸ごと真似するとトラブルになりかねないので、参考程度に留めておきましょう。

2.お店の独自性を出す

客単価アップしたいならお店の独自性を出すことも大切です。

サロンのお店は世の中にたくさんありますが、その中でもあなたのお店を選び、かつ高単価のメニューにお金を出してもらうにはお客様に「このお店でなければいけない」と思ってもらわなくてはいけません。

そこで他のサロンに埋もれないようにお店独自のカラーを出してファンを作り、客単価アップに繋げましょう。

3.本当に必要なものをおすすめする

客単価を上げたいからといって闇雲にオプションやアイテムをお勧めするのはNGです。

お客様は「売り込まれた」と感じ、お店から離れる原因になってしまいます。

そこで本当にそのお客様の役に立つものを勧めるようにしましょう。

その方がセールスの成功率も上がります。

4.セールスの勉強をする

高単価商品を勧めるときもセットメニューの案内をするときもセールスの力が欠かせません。

そこまで売り込まなくても売れることもあると思いますが、成約率を上げるならセールスの勉強は必須です。

セールスは苦手とする人がかなり多いですが、好きで始めたサロンビジネスを長く続けていくためには身につけておくのが望ましいです。

ぜひこの機会にセールスの勉強を始めてみましょう。

まとめ

サロンの売上アップのためには客単価を上げることが必要ですが、客単価がなかなか上がらずに嘆くサロンオーナーは多いです。

しかし、客単価アップのための正しい方法を知っていれば客単価を上げることはできます。

高単価商品を用意する、セットメニューを作るなど今回ご紹介した方法を実践すれば客単価が上がりお店の売上も上がるはずです。

お客様に高いお金を出してもらうのは気が引けるという方もいると思いますが、綺麗になれるものならお客様は喜んでお金を出してくれます。

そこで自信を持って客単価アップ施策を始めましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい