マーケティング

セールスが上手い人の特徴9つ|セールス上手になるための方法

セールスが上手い人の特徴9つ|セールス上手になるための方法
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、セールスが上手くなるために上手い人の特徴を9つに分けて紹介しています。

上手くなるために、上手くいっている人を真似たり、モニタリングすることは重要です。

そのためのポイントを掲載していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

高単価の商品をいくつも販売している、セールスの成約率が高い・・・などセールスで結果を出している人はたくさんいます。

そういう人を見て自分とは違うな、羨ましいなと感じていませんか?

今は差があっても努力をしてその差を埋めていくことは十分できます。

そのためにはセールスが上手い人の特徴を知ってそれを真似することが必要です。

セールスで成功し続けている人にはそれぞれ共通する特徴があります。

その特徴をあなたも身につければ商品がどんどん売れるようになります。

例えば元々5000円の商品しか売ったことがなかったコーチが18万円の商品を売ったり、コンサルタントが3ヶ月で単価100万円の商品を売れるようになった事例もあります。

あなたも今からでもこんな成果を出すことが十分可能です。

そこで今回はセールスが上手い人の特徴を9つまとめました。

もっとセールスの腕を上げたい人、ビジネスの売上をアップしたい人はぜひ参考にしてくださいね。

練習してから本番に臨んでいる。
セールスが上手い人の特徴9つ

業種や販売している商品の内容は違っても、セールスが上手な人達には共通する特徴が見られます。

もっと商品をお客様に購入してもらいたいのであればこうした特徴を知って自分に取り入れることが大切です。

そこでセールスが上手い人の特徴をご紹介していきましょう。

1.共感力がある

セールスが得意な人には共感力があります。

商品を求めているということはお客様は何かしら悩みを抱えています。

例えばサロンなら

「色々対策はしてるのに全然肌が綺麗にならない」

「もっと痩せて綺麗に見られたい」

といった思いがあるでしょう。

そうした気持ちに寄り添って、親身になって接すればお客様は

「この人になら任せられそう」

と安心し、話を関心を持って聞いてくれます。

その上でお客様に喜んでもらえるような提案ができれば「買いたい!」と思ってもらえるのです。

セールスではただテクニックを身につければいいのではなく、お客様に寄り添う気持ちも必要なのです。

2.雑談力がある

セールスは会話をしながら進めていくものです。

それだけに雑談力はとても大切です。

特にセールスの初めにアイスブレイクといって簡単な雑談をすればお互いの緊張を解くことができて、良い雰囲気で進められます。

そのためにはまずは自分の経歴やプライベートなどをどんどん開示していき、お客様もまた色々な話題を話しやすい状態にするのがポイントです。

相手の心の扉を全開にすることができれば本音を引き出せて、お客様の心を動かすセールスのヒントを得られます。

3.練習を惜しまない

皆さんはセールスが上手な人を見ると

「元からコミュニケーション能力が高いんだろうな」

「天性の才能だな」

と思っていませんか?

確かに、元から人と話すのが上手な人はいるでしょう。

しかし、セールスが上手い人は本番でスムーズに話すために陰でしっかりセールスの練習をしています。

実際に私も経営者の方にセールスの力をつけてもらうためにロールプレイング形式で一緒にセールスの練習をしています。

その結果、ずっと売上に悩んでいた人達が月商100万円以上を達成するケースも。

セールスが苦手な人は自分は話すのが苦手だから高単価商品を売るのは無理と諦めてしまわずに、練習を重ねて自信を持ってセールスできる状態まで持っていきましょう。

4.聞く力が優れている

セールスと聞くと商品の魅力を伝えるためにただひたすら話すというイメージを持っている人がいるかもしれません。

もちろんどう話すかも大切ですが、実は「聞く」ことがセールスの鍵になっています。

お客様は相手が話してばかりだと「このまま言いくるめられてしまうのでは」、「強引に売りつけられないだろうか」と警戒してしまいます。

しかし、お客様に「どうして話を聞こうと思ったんですか?」

「この商品を通してどうなりたいですか?」

と問いかけ、その答えを真剣に聞いていれば親身になってくれていると感じ、信頼してもらえます。

これまで自分が話すことばかり考えていたという人はお客様の話を聞くことにも意識を向けましょう。

具体的なヒアリングの方法はこちらの記事でご紹介していますよ。

5.提供している商品に自信がある

セールスが得意な人は自分が提供する商品に対して自信があります。

そのため、

「本当に使ってみて欲しい」

「これで目の前のお客様が問題を解決できる!」

と思いながらセールスをするので商品の魅力を上手く伝えることができます。

一方で自分の商品にも関わらず自信が持てていなければ言葉に説得力がなく、行動も自信がなさそうで、お客様は「この人から買って良いのかな?」と不信感を持ち、購入はしてもらえないでしょう。

もし商品に100%自信が持てないなら胸を張って販売できるようになるまで商品を改良する必要があります。

自信を持って販売でき、お客様にも「欲しい!」と思われる商品の作り方はこちらの記事で徹底解説しています。

6.高額でもお客様は払えると考えている

皆さんは数十万、数百万円するような高単価商品を販売するとき

「お客様がこの値段を払えるだろうか?」

とどこか不安な気持ちを抱えていませんか?

しかし、セールスが上手い人は高額でもお客様は購入できると考えています。

なぜなら価値を感じたものならお客様はどうにかしてお金を出そうと思うからです。

例えば家や電化製品などその場で現金で払えなくてもローンを組んで払うのは普通のことですよね?

こうしたマインドセットを持っているのでお客様が値段を理由に断ろうとしても

「毎月いくらずつなら払えますか?」

「ではこういう方法で払うようにするのはいかがですか?」

と提案するため、成約率が高いのです。

7.自分の失敗談も話せる

人は格好悪いところを他の人には見せたくないもの。

しかし、たくさん売り上げる人は

「私も昔ブログを書き始めた頃は誰にも見てもらえなかったんです」

「かつては借金をしたこともあったんですよ」

などと自分の失敗談も堂々と話してしまいます。

失敗談は自分の印象を悪くしてしまうのではないかと思う方もいるかもしれませんが、今きちんと実績を出せているなら問題ありません。

むしろお客様は失敗談を通してあなたを身近に感じてくれるでしょう。

8.既存客を大切にしている

セールスで結果を出す人は自分の既存客を大切にしています。

契約してもらい売上が上がったからそれでいいやと思うことはなく、お客様に対して質問があればいつでも誠実に対応したり、結果が出るように一生懸命にサポートしたりとお客様の成果のために尽くしています。

そうした面がセールスのときにも現れ、相手に対してどこか信頼できそうな人だという印象を与えます。

長期的に売上をアップしたいなら既存客のサポートも新規顧客の獲得も力を入れていれなくてはいけないのです。

9.何度もセールスに挑戦してきた

今は高単価商品をどんどん販売している人でもかつては初心者の時代がありました。

最初はどれだけ頑張ってセールスをしても契約に結びつかないこともあったでしょう。

しかし、何度失敗しても諦めずに続けてきたからこそ今があります。

私が色々な経営者の方を見て思うのが「セールスが苦手な人でも1件契約を獲得すれば立て続けに売れる」ということです。

1つ売れれば自信がつき、もっと頑張ろうと気持ちが前向きになり、そのマインドが次の1件を引き寄せるようです。

そこでまだ1件も契約を取れていないという人はまず最初の1件を取ることを目標に諦めず続けましょう。

まとめ

どんな業種でもセールスが上手い人には特徴があります。

セールスの経験を積む中でその特徴を取り入れようと意識していけばあなたにもその特徴が身につくはずです。

失敗が続いても諦めず、自信を持ってセールスが出来るようになるまで挑戦を続けましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい