マーケティング

【保存版】キャンペーンや特別企画を成功させる方法|集客や売上にお悩みの方必見

【保存版】キャンペーンや特別企画を成功させる方法
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

キャンペーンや特別企画を活用すると、見込み客のリストが集まったり、商品の契約数が増えたりと、ビジネスの成長に繋がります。

ただし、キャンペーンはただやるだけで成果が得られるわけではなく、ターゲットが集まるように戦略的に仕掛けていかなくてはいけません。

そこで今回は、キャンペーンや企画を成功させるためのコツをご紹介します。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

キャンペーンや特別企画を開催するとビジネスが一気に成長するきっかけになります。

例えば認知が広がったり、お客様が増えたりと嬉しい効果をもたらします。

私もこれまで「特別限定企画」、「特別感謝祭」といった名前で色々なキャンペーンを打ち出してきました。

私以外にも、一人起業家でこうしたキャンペーンを行う人はたくさん居ますが、中には残念ながら上手くいっていない人もいます。

特別なイベントを開催すれば簡単に人を集められそうですが、実はそれほど単純なものではありません。

成功させるためにはしっかり戦略を練る必要があります。

また、参加者を集めるためには、「参加したい!」と思えるようなテクニックを使って、主体的に仕掛けていくことも欠かせません。

そこで今回は、一人起業家がキャンペーンや特別企画を成功させる方法を詳しくご紹介していきます。

これまで企画をやっても思うような結果が出なかったという方や、これからキャンペーンをしてみたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

一人起業家がキャンペーンでできること4つ 

キャンペーンや特別企画は一人起業家がビジネスを成長させるのに非常に役立ちます。

私はもちろん、売上コミットアカデミーの受講生さん達もキャンペーンをやることで売上アップしています。

そこでまずは、キャンペーンでできることを詳しくまとめていきます。

1.見込み客のリスト集め

まず、キャンペーンを開催することで見込み客のリストを集めることができます。

起業家にとってお客様のリストを集めることはとても大切です。

SNSやブログをフォローしてもらえれば見込み客と繋がれたような気持ちになりますが、こちらが投稿をしても、向こうがツールを開かない限り内容を見てもらえないので、ただフォローしてもらうだけでは不十分なんです。

そこで、メルマガや公式LINEなど、こちらから直接連絡ができるツールに登録してもらうことが必要です。

このような、登録するのに少し手間がかかる媒体に登録してもらうことで、本当に自分に興味があるお客様のリストを作ることができます。

2.商品・サービスを購入してもらう

キャンペーンを打ち出すことで、お客様を増やし、売上アップに繋げることもできます。

例えば、サービスを期間限定の特別価格で提供すれば、今まで気になっていたけどなかなか手が出せなかったという方は購入に踏み切れます。

また、商品の値段を下げるのではなく、まずは無料でご相談を受け付けて、見込み客を集め、セールスをして契約してもらう方法で売上アップすることもできます。

3.お客様の声を集める

商品やサービスを実際に利用した人の声はあなたの信頼度を上げ、見込み客を安心させる材料になります。

そこで、ビジネスをするなら既存顧客の声を積極的に紹介していく必要があります。

しかし、口コミや感想は書くのに手間がかかるので、お客様の自主性に任せてもなかなか書いてはもらえません。

そこで、口コミを書いてくれた人に粗品をプレゼントしたり、次回精算時に5%オフなどの特典をつければ書いてもらえるようになります。

4.本などを購入してもらう

起業家して有名になると本を執筆したり、他の会社とコラボして商品をプロデュースしたりと、自分の商品やサービス以外にも宣伝したいものが出てくることがあります。

そんな時にもキャンペーンが役に立ちます。

例えば私も2020年に本を出版しましたが、その際に購入者特典としてオンラインzoomセミナーと売上コミットアカデミーの認定コンサルによるアメブロ個別セッションをプレゼントしました。

このように、見ている人に売りたいものを「欲しい!」と思わせる特典を作れば、売上を伸ばすことができます。

一人起業家のキャンペーンでのよくある失敗例3つ 

キャンペーンを活用すればこのように色々なことができますが、キャンペーンをしても思うように成果が出ないというケースは少なくありません。

そこで次に、特別企画をしたときのよくある失敗例をご紹介していきます。

1.人が集まらない

キャンペーンを打っても、参加する人がいなければ思うような結果を出すことができません。

それにも関わらず、思うように人が集まらずキャンペーンが失敗してしまう人は多いです。

たくさんの人を集めるためには、参加したいと思わせるような特典やお礼を用意しておくと効果的です。

例えば無料でセッションをしたり、クーポンを渡したり、セミナーに招待したりと、あなたのビジネスの内容やターゲットに合わせて特典を考えましょう。

2.ターゲットと違う人が来る

人が集まっても、想定していたターゲットと違う人が来ればキャンペーンは失敗です。

例えば見込み客のリストを集めるために企画を用意したのに、あなたの商品を購入する気がない人が来てしまうと、本来の目的を果たすことができません。

そこで、あなたが集めたいターゲットを想定し、その人が参加したくなる仕掛けを作ることが不可欠です。

3.ただ安売りしただけになった

キャンペーンといえば、普段よりもお得な価格で商品を提供したり、無料でセッションをしたりと、価格を安くすることで見込み客やお客様を集めるという方法があります。

しかし、このタイプのキャンペーンではただ安売りをしただけで、自分にはメリットがなかったという結果になることがよくあります。

お得な価格で提供する企画は、そこから他の商品を買ってもらったり、高単価の本命商品を契約してもらったりと、先の売上を上げることができなければ意味がありません。

そのため、こうしたキャンペーンをするなら、来てくれたお客様にいかに他の商品も購入してもらうかという計画を練っておくことが必要です。

一人起業家がキャンペーンを成功させるために大事なこと

せっかくキャンペーンをするなら、たくさんの人に参加してもらって、欲しい結果を手に入れたいですよね。

では、キャンペーンを成功させるにはどうしたらいいかというと、キャンペーンをする目的を明確にしましょう。

見込み客のリストを集めるのか、本命商品を購入してもらうのかといった目的がはっきりすれば、詳しい内容や告知の仕方も決まり、効果的なキャンペーンを打ち出すことができます。

逆に、ただキャンペーンをしたいだけで、目的がはっきりしていなければ安売りしただけで終わったり、人も集まらなかったりと、開催する意味がなくなります。

企画をするなら、まずは「なぜ、そのキャンペーンをするのか」という目的を明確にしましょう。

キャンペーンの目的を決めたらすべきこと4つ 

目的が決まったら開催に向けて具体的に動いていきましょう。

ここでもキャンペーンを成功させるために大切なことがたくさんあるので、どのようなことをすべきか、どんなことに気をつけるべきかといったことをご紹介していきます。

1.ターゲットを決める

キャンペーンをするときには具体的にどんな人に参加して欲しいかを明確にしましょう。

例えばLINEの登録者を増やしたいなら、「自分の商品やサービスにある程度興味を持っている人」、お客様の声を集めたいなら既存顧客がターゲットになります。

ターゲットを想定すれば、その人の心を動かすためにどのような施策をすれば効果的なのかが分かるので、キャンペーンの成功に繋がります。

ターゲット設定の仕方はこちらで徹底解説していますよ。

2.ターゲットが参加したくなる企画内容を考える

ターゲットが決まったら、次にざっくりとした企画内容を考えましょう。キャンペーンにも、プレゼントをしたり、セミナーを開いたりと色々な方法があります。

ここでポイントになるのが、ターゲットが参加したいと思えて、且つ自分がキャンペーンをする目的を達成できる内容にすることです。

3.企画の詳細を決める

大まかな企画内容が決まったら、詳細を決めていきます。いつ行うのか、どこで行うのか、無料にするのか、それとも有料にするのか、参加人数は何人にするかといったことを考えてみましょう。

4.キャンペーンの告知をする

企画が固まったらいよいよブログやSNSで告知をしましょう。

キャンペーンの内容ももちろん大事ですが、告知の仕方によっても参加してもらえるかどうかが変わってきます。

告知ではキャンペーンの詳細だけでなく、そのキャンペーンに参加することで参加者にとってどんな得があるのかも伝えましょう。

「セッションを受けることで、今の悩みを解決するヒントが得られる」、「アンケートに答えればクーポンがもらえる」など、メリットを提示すれば、参加しようか迷っている人の背中を押すことができます。

アメブロを使った告知の方法はこちらで徹底解説していますよ。

キャンペーンの参加者を増やす方法8つ 

キャンペーンに色々な人に参加してもらうためにはただ準備して告知するだけでなく、様々な仕掛けを用意することが大切です。

最後に、企画の参加者を増やすのに効果的な方法をご紹介します。

1.SNSやブログのフォロワーを増やす

どんなに魅力的なキャンペーンを開催しても、存在が知られていなければ人は集まりません。

そこで、キャンペーンをするなら、まずはSNSやブログのフォロワーを増やし、告知をしたときに多くの人に知ってもらえる状態を作りましょう。

2.人数限定にする

キャンペーンをするならたくさんの人に来てもらいたいと思いますよね。

しかし、敢えて人数を絞って募集をすることで人が集まりやすくなります。

人数の枠が設定されていると「他の人が申し込む前に応募しないと!」という気持ちになり、早く行動するようになるので、人数を特に決めていない場合に比べて申し込みが集まりやすくなります。

定員を狭めすぎると参加人数が少なくなるので、少なすぎず、「応募しないと」という気持ちにさせるようなちょうどいい人数を設定しましょう。

3.期間限定にする

期間も限定にすることで応募率が高くなることがあります。

期間を決めず、いつでも応募できるようにすると「気になるけど、また後で考えよう」と後回しにされてしまい、そのまま忘れ去られてしまいます。

しかし、受付期間が決まっていれば「今応募しないとチャンスを逃してしまう!」と感じ、その場で応募してもらえるようになります。

そこで、キャンペーンをするなら期間限定にすることを考えてみてください。

4.特別価格で提供する

先ほどから何度か触れていますが、特別価格も大きな魅力になります。

定価よりも安く提供したり、無料でサービスを提供したりすれば、これまで購入しようか迷っていた人も手を出しやすくなります。

ただし、この場合、ただ安売りしただけになってしまうことがよくあるので、集まったお客様に他の商品も購入してもらえるように戦略を練っておくことが欠かせません。

特別価格で提供したことで普段より売上が下がっても、他の商品を購入してもらえればその分を回収することができます。

5.利用者の声を載せる

キャンペーンを告知するときには、利用者の声も活用しましょう。

例えば本命商品の見込み客を集めるキャンペーンでは、その商品を利用した人の感想や実績を載せることによって、見ている人は自分の未来の姿を想像することができます。

すると、「私もこんな風になりたい!」、「少し話を聞いてみたい」といった気持ちになり、応募してもらえるはずです。

6.特典をつける

「LINEに登録して欲しい」、「著書を買って欲しい」と思っても、なかなか人は動いてくれません。

そんなときには特典をつけて、メリットを提示すれば行動してもらえます。

例えば、私も公式LINEに登録した人に「売り込まずに売上アップするコツが分かる5つの動画」を期間限定の無料プレゼントとしてお渡ししています。

そのおかげで、これまで2400名以上の方にLINEにご登録いただいています。

特典は何でも良い訳ではなく、キャンペーンのターゲットが欲しいと感じるようなものにすることで効果を発揮します。

7.期間中に何度も告知する

キャンペーンの告知を1回で終わらせてしまう人がよくいます。

もちろん、1回だけで定員に達したときは問題ありませんが、もし、そうでなければ告知は何度も行いましょう。

何回もお知らせすると面倒に思われるのではないかと思うかもしれませんが、ブログもSNSもフォロワー全員があなたの投稿を毎回欠かさず見ているわけではありません。

つまり、何度もお知らせすることで、より多くの人にキャンペーンの存在を知らせることができます。

これまでキャンペーンの告知を一度しかしていなかった方は何度もアピールするようにしてみましょう。

8.他の人に宣伝してもらう

より多くの人にキャンペーンに参加してもらうには、他の人の力を借りましょう。

ブログやSNSで紹介してもらえれば自分のフォロワーではない人にも情報が届くので、参加者が増えるかもしれません。

協力をお願いするときにはただ一方的にお願いするのではなく、お返しにこちらも相手のことを紹介したりと、お互いにとってメリットがあるようにすると、承諾してもらいやすくなりますよ。

まとめ 

キャンペーンや特別企画をすると、見込み客のリストが集まったり、商品の契約数が増えたりと、ビジネスの成長に繋がります。

しかし、キャンペーンはただやるだけで成果が得られるわけではありません。

成功させるには参加したくなるように積極的に仕掛けていくことが欠かせません。

まずは、なぜキャンペーンをやるのかという目的を明確にし、その目的が達成できるように内容を考えたり、告知をしたりしましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい