商品開発

1人起業家の高単価商品の作り方|売上アップへ繋がる高額商品化への2ステップ

1人起業家の高単価商品の作り方|売上アップへ繋がる高額商品化への2ステップ
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、1人起業家のための高単価商品の作り方を紹介しています。

高単価商品を作ることで、大きな収益アップへと繋がります。

そのために必要な方法を紹介していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

ひと昔前までは起業は大変なことというイメージがありましたが、最近はネットが発達したこともあり、気軽に起業ができるようになりました。

もっと稼げるようになって経済的に豊かになりたいと思い起業する人はたくさんいますが、思うように売上を上げられる人はほんの一握りです。

売上が上がらない理由はいくつかあると思いますが、よくある理由として「高単価商品を持っていないこと」が挙げられます。

お客様を集めようと商品やサービスの価格を安く設定する人は多いですが、それではいつまで経っても十分に稼ぐことはできません。

数十万、数百万円する高額商品を持つことで、あなたのビジネスは軌道に乗り、経済的な安定も達成できます。

私は1人起業家ですが、高単価商品を持っていることで7ヶ月で2500万の売上を達成しています。

他にも高単価商品を持ったことで売上が上がった例はたくさんあります。

このように高単価商品によって大きな売上を達成できますが、そんな高い商品をどうやって作れば良いのか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回は1人起業家の高単価商品の作り方を詳しくご説明していきます。売上アップのためにぜひ参考にしてくださいね。

売上アップに繋がる。
1人起業家が高単価商品を持つメリット2つ

高単価商品を持った方が良いと知っても、いまいちその理由が分からないという方もいるかもしれません。

そこでまず初めに1人起業家が高単価商品を持つメリットを2つご紹介しましょう。

1.売上アップに繋がる

高単価商品を持つべき理由はなんといっても売上アップに繋がることです。

高単価商品は50万や100万円もするので1つ売れるだけで売上は一気に上がります。

例えば33万円と10数万円の商品を持っているコーチが月商50万円以上を達成したり、コンサルタントが単価100万円の商品を売ったことで月の売上が100万円を超えたというケースもあります。

この方々は新しく高単価商品を用意したことでここまでビジネスが成長しました。

このように、今までビジネスをしてきたけどなかなか売上が伸びなかったという人でも高単価商品を作るだけで簡単に売上アップができるかもしれないのです。

2.集客が楽になる

高単価商品には集客が楽になるというメリットもあります。

例えば月に50万円の売上が欲しいとき、30万円の高単価商品を持っていれば月に2人のお客様を獲得できれば達成できます。

一方で5000円の低価格商品しかない場合は月に100人もお客様を集めなければいけません。

これを達成しようと思ったらかなり大変ですよね。

また、先ほどの例でいうと100万円の商品があれば月に1つ売れるだけで月商100万円も達成できます。

このように高単価商品を持てば集客を楽にすることができます。

集客の手間が省けると自由な時間が増えますから、生活が充実することにも繋がります。

1人起業家が高単価商品を作る前にすべき2ステップ

1人起業家は自分で1からビジネスを始めるので、どんな商品を作れば良いか困ってしまう人は少なくありません。

そこで高単価商品の作り方をご紹介する前に、商品を考える前にするべき2ステップをまとめました。

ステップ1 自分が提供できることを考える

1人起業家は自分が得意なことや出来ることを生かして商品やサービスを作ります。

そこでまずは自分が出来ることで商品やサービスになりそうなものをリストアップしましょう。

ハンドメイド販売で稼いでいる人ならハンドメイドで稼ぐ方法を教えることが商品になりそうです。

また、インスタで何万人ものフォロワーがいる人はインフルエンサーになる方法を教えるコーチになれるかもしれません。

商品やサービスを考えるときは「自分がやりたいこと」ベースで考える人も多いですが、売れる商品を作るには「お客様に求められていること」という視点で考えることが大事です。

ニーズのあるもの、且つ自分が出来ることを考え出しましょう。

ステップ2 ターゲットを設定する

自分のどんなスキルを売るかを決めたら次にターゲットを設定しましょう。

ターゲットとは自分の商品やサービスを欲しいと思うお客様の理想像のことです。

性別、年齢、年収といった属性はもちろん、どんな悩みを抱えているか、将来どうなりたいかといった願望まで書き出し、ターゲット像をどんどん具体的にして行きましょう。

ここで作ったターゲットを想定しながら高単価商品を作ることで売れる商品が出来ます。

1人起業家の高単価商品の作り方2ステップ

自分がお客様に提供できることを考え、ターゲット像も明確になったらいよいよ高単価商品を作るときです。

高単価商品の作り方の2ステップをご紹介しましょう。

ステップ1 価格を決める

高単価商品を作るにあたってまずは価格を決めましょう。

商品内容よりも価格が先なのが意外と感じる方もいるかもしれませんが、目標売上を達成したいなら、実は価格から決めていくことが不可欠なのです。

価格を決めるにはまず月の目標売上を決めましょう。

それを月に受け入れ可能な人数で割ることで単価が出てきます。

例えば月に100万売り上げたいとして、1ヶ月に5人のお客様を抱えられると考えれば商品の単価は20万円になります。

ステップ2 単価に見合うサービスを考える

商品の単価が決まったらいよいよ具体的なサービスを考えましょう。

商品に価値があればあるほどセールスがしやすくなるので、お客様がお得に感じるほど充実した内容にするのがコツです。

一般的に悩みの度合いが深いほど価格は高くなり、例えば50万円の商品と5万円の商品ではコンテンツの中身が全く違ってくるので、場合によっては今までのビジネスモデルを少し変える必要もあるかもしれません。

このように価格→サービス内容という順番で作ることによって月の売上目標達成ができる高単価商品を作ることができます。

1人起業家の高単価商品の作り方の具体例

高単価商品の作り方を知ってもいきなり1から自分で作るのは難しいですよね。

そこで商品を作るイメージができるよう、1人起業家の高単価商品の作り方の例をご紹介しましょう。

例えばブログで1日に何百、何千もアクセスを集めている人が起業したいと考えている場合、「アクセス数がアップするブログの作り方」を商品やサービスにできそうです。

次にターゲットの設定ですが、32歳の女性で、2人の子供がいて、家事の合間にブログを書いていて、SNS集客をしているが申し込みが全然来ないことに悩んでいて・・・と理想像を具体的に設定します。

月の売上目標が30万で、月に3名のお客様に対応できるとすれば商品の単価は10万円になります。

この10万円をベースに、「期間は1ヶ月」、「週に一度Zoomで直接質問ができる機会を作る」、「ブログに上がった記事は毎回添削してLINEでアドバイスを送る」など、単価に合うサービスを考えればブログ添削コーチングという高単価商品が完成します。

フロントエンドを作ろう。
高単価商品が出来たあとにすべきこと

高単価商品ができたら忘れずにしなければいけないことがあります。

それはフロントエンドを作ることです。

ビジネスで売上アップするためには高単価商品で売上の中心となるバックエンドとフロントエンドの2つを持っていなくてはいけません。

フロントエンドとはバックエンドの見込み客を集めるための商品で、集客するためにバックエンドとは違って求めやすい価格をつけるのが一般的です。

いくら魅力的な高単価商品があってもよく知らない人の商品をいきなり買う人はいません。

そこで、お試しで自分のことを知ってもらうためにフロントエンドを用意するのです。

高単価商品が出来上がったらその商品を買いそうな人を集められるようなフロントエンドを作りましょう。

まとめ

1人起業家が売上を上げるためには高単価商品を持つことが欠かせません。

数十万、数百万するような高単価商品を用意すれば、それが1つ売れるだけで月の売上は一気にアップします。

高単価商品を売るのは気が引けるという方もいると思いますが、役に立ち、嬉しいベネフィットが得られるものならお客様は喜んでお金を出してくれます。

そこで、勇気を出して自分の月の売上目標を達成できるような高単価商品を作りましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい