協会ビジネス

【基本編】協会ビジネスの仕組みや作り方を徹底解説

協会ビジネスの仕組みや作り方を徹底解説
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、協会ビジネスの作り方から収益化ポイント、仕組みなどを解説しています。

ビジネスのオンライン化にも有効な手段です。

これからオンラインでビジネスをされたい方はぜひ、協会ビジネスについても学んでみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

あなたは協会ビジネスというものを知っていますか?

協会ビジネスとは自分の知識をコンテンツにして、それを教えられる先生を養成し、資格を与え、先生達をサポートしながら協会を広めていくというビジネスです。

「〇〇協会」という言葉を聞いたことが一度はあるのではないでしょうか。

それを自分で作るのが協会ビジネスと呼ばれるものです。

私は経営者が売上アップするために協会ビジネスを始めることをよく提案します。

なぜなら協会ビジネスを始めれば客単価が上がり、収入が増えるからです。

また、どんなジャンルでも、特に資格を持っていなくても誰でも始められるのも色々な人におすすめできる理由の1つですね。

協会ビジネスをすることで月収2万、年収も10万くらいだったケーキ教室の先生が毎月50万円ほどの月商を達成したり、ヨガの先生が月商140万円を達成したという例もあります。

皆さんも持っている知識を生かして協会ビジネスを始めれば売上を一気にアップさせることも可能なのです。

そこで今回は協会ビジネスの仕組みや作り方を徹底解説していきます。

収入をもっと上げたい人はぜひ最後まで読んで協会ビジネスの基本を知ってくださいね。

自分の分身となる先生を養成する。
まずは協会ビジネスの仕組みを知ろう!

協会ビジネスについて、そもそもどのような仕組みになっているのかを知らないという方もいらっしゃると思います。

そこで協会ビジネスを構成する「

教室の生徒」

「資格を持つ人」

「資格を発行する人」

の3つの特徴をそれぞれまとめ、仕組みを解説していきましょう。

1.教室の生徒

まず、協会の基礎となるのが教室の生徒です。

例えば料理教室の生徒やヨガ教室の生徒などがここに当てはまります。

自分で教室を開いている方は既にこのお客様を抱えていますね。

2.資格を持つ人

教室の生徒の上には協会が発行する資格を持つ先生が存在します。

資格を持つためには協会が定める講座を受講し、認定を受けなければいけません。

資格を持てば協会の会員であることを名乗ることができ、協会のコンテンツを用いて自分で生徒を集めて教室を開けます。

3.資格を発行する人

さらに協会には資格を持った先生の上に資格を発行する人が存在します。

協会の資格を取得した人を対象に資格を発行する人になるための養成講座を開き、さらに自分の分身を増やしていきます。

資格を持つ先生は教室の生徒がお客様でしたが、資格を発行する人は資格を持ちたい人がお客様になります。

そのため、資格を持っているだけの場合に比べて一気に客単価が上がるという特徴があります。

協会によって細かいシステムは異なりますが、基本的にはこの3段階になります。

協会の会員が自宅で教室を開いたり、先生の養成講座を開いたりすればそれだけ協会の名前が広がり、資格を取りたいという人が増えてきます。

するとその分、協会の収入も増えます。

協会を作れば普通に教室をしている場合に比べて売上が大きくアップします。

協会ビジネスはどんなジャンルでも始められる!

協会ビジネスは基本的にジャンルを問わず、生徒が集まるものであれば始められます。

例えばケーキ、ヨガ、小顔エステ、ダイエットサポートといったあらゆるジャンルで協会を作った方々がいます。

自分が詳しい分野はどこでも簡単に情報が手に入れられるものだからわざわざ学びたいという人が集まるのか心配になるという方もいるでしょう。

しかし、例えばパソコンの操作方法はいくらでも本やネットで集められるのに世の中にはたくさんパソコン教室があり、生徒も集まっていますよね。

誰かに教えてもらいながら学びたいと考える人は多いので、協会ビジネスはどんなジャンルでも作れるのです。

更新料とコンテンツ使用料。
協会ビジネスのお金の仕組みを解説!

協会ビジネスのお金事情について気になっているという方もいると思います。

どのような仕組みでお金が入るのかを知っておくことは協会を運営する上で大事なポイントです。

そこで協会ビジネスの収入源3つをご紹介しましょう。

1.講座の受講料

協会ビジネスの収入源の1つは講座の受講料です。

細かい受講料は協会によって異なりますが、協会の先生を養成する講座は10〜20万円、資格を発行する資格を得るための講座はそれに5〜8万ほど上乗せするというパターンが多いです。

2.コンテンツ使用料

協会の先生達は教室や講座を開くときに協会のコンテンツを使用します。

そのため、生徒を持ったときにはその都度協会にコンテンツ使用料を払ってもらいます。

3.年間更新料

協会の資格を保有し続けるための年間更新料を設けている協会もあります。

もし、これを支払わなければ一度取得した資格も剥奪されてしまいます。

年間更新料は生徒が集客できてもできなくても関係なく支払われるものなので生徒が資格を取った後は協会にとって一番の収入源となります。

ただし、私は年間更新料を取らずに一度資格を取得した人は永久会員にして、コンテンツ使用料だけを受け取るようにするのが理想的だと考えています。

この場合は、協会の収入を確保するために先生が生徒を集められるように集客の方法を教えておくことが欠かせません。

実は誰でも作れる!
協会の作り方について解説

協会を設立すれば客単価が数十万円になります。

自分で教室を開いている場合と比べるとかなり差がありますよね。

協会ビジネスは収入アップしたい人にはぴったりのビジネスモデルです。

しかし、自分は資格がないから協会ビジネスは始められないと言う人がいます。

でも協会ビジネスを始めるために資格は必要ありません。

つまり、誰でも協会を作れるのです。

法人化しなくても「〇〇協会」と名乗れば任意の団体として活動することができます。

もちろん、協会を運営していくためには規約を用意したり、コンテンツを作ったりと準備が色々と必要です。

オンラインのコンテンツを作る。
協会ビジネスの講座の提供方法3つ

協会ビジネスでは先生を養成するために講座を準備しなくてはいけません。

そこで協会ビジネスでの主な講座の提供方法を3つご紹介しましょう。

1.オンラインのコンテンツを作る

よく資格を取得できる講座ではテキストが用意されていることもありますが、今はコンテンツをオンラインで用意するのがおすすめです。

なぜならオンラインのコンテンツなら全国どこにいても学べて、さらに紙のテキストを用意する場合に比べて利益率も高くなるからです。

動画のコンテンツを作るときに専門の業者に編集などをお願いすれば当然お金はかかりますが、後に先生にコンテンツ使用料を支払ってもらうことで回収できるので投資する価値があります。

2.ZoomやLINEを用いてサポート

講座を受講していると途中で分からないこと、質問したいことが出てくるはずです。

そこでZoomやLINEを用いていつでも質問できるようにしておくと受講生さんも安心して講座を進められます。

3.対面で講座を行う

もちろん講座は対面で行うことも可能です。

実際に会うことで信頼感も増すでしょう。

ただし、対面だとその都度材料費や交通費がかかったり、子育て中の人はなかなか参加できなかったりとお互いにとってデメリットがあるので、私は協会ビジネスのコンテンツは完全にオンライン化してしまうことが望ましいと考えています。

まとめ

協会ビジネスとは自分の知識をコンテンツにして講座を作り、それをもとに教室を開く先生や、資格を発行する人を養成するというビジネスモデルです。

講座の受講料はもちろん、資格を取得した後はコンテンツ使用料や年間の更新料を協会に支払ってもらうことで協会は収入を得られます。

月に100万円くらい稼ぎたい人は協会は入るものではなく作るものです。

ぜひ協会ビジネスを皆さんのビジネス選択肢の1つとして覚えておいてくださいね。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい