起業

【保存版】コーチングで起業するために必要な準備8選

【保存版】コーチングで起業するために必要な準備8選
売上コミット
コンサルタント
とみたつづみ

スクールに通ったり、通信講座を受けたりして身につけたコーチングスキル、せっかくなら仕事に生かしたいですよね。

今回はビジネス初心者の方でもコーチとして独立し、成功するまでに必要な準備を8つのステップに分けてご紹介します。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

コーチングとは目標を達成したり、悩みを解決したりしたいお客様に、対話を通して解決策やすべき行動に気づかせ、問題解決に導くお仕事です。

誰かの人生を変えるきっかけとなり、目的を達成すればお客様に喜んでいただけることから、とてもやりがいのある仕事です。

最近はブログやSNSで発信をするコーチの方が増えてきましたよね。

しかし、どんなに良いコーチングができるスキルがあっても、稼げるとは限りません。

なぜならコーチはコーチングのプロであっても経営のプロではないからです。

起業してしっかり稼げるようになりたいなら経営の知識は欠かせません。

私が主宰する売上コミットアカデミーでは「潜在意識覚醒コーチ」として活動している方が経営を学び、月商119万円を達成できた例があります。

ちなみにこの方、アカデミーに入って丸々1ヶ月は集客をせず、準備に費やしていました。

コーチとして独立するためには、いかに経営の知識をつけることが大切か分かりますよね。

そこで今回はコーチの起業の仕方について基本から専門的なことまで幅広く解説していきます。

コーチとして起業したい、独立するからにはしっかり売上を上げたいという方は必見ですよ。

コーチングでの起業に向いている人の特徴3つ 

コーチング起業に興味はあるけど、自分に出来るのか分からない・・・そんな風に思う方もいるでしょう。

そこで、まず初めにコーチングでの起業に向いている人の特徴をまとめました。

コーチングのスキルがある

コーチングとして働いた経験があったり、資格を持っていたりする方はコーチ起業に向いています。

既にスキルがあるため、起業に向けて準備をすればすぐにお客様を集めて収入を得られる可能性があります。

これまでにコーチングをした実績をアピールすればさらに集客しやすくなるでしょう。

コーチングを勉強し続ける好奇心がある

長い間コーチとして活動するつもりなら、スキルをより高めたいと思う好奇心が必要です。

既にある程度スキルはあっても、まだまだ学ぶことが必要だったり、これから新しいコーチングの手法が出てきたりするかもしれないからです。

常に成長して、お客様の問題を解決し続けたら「私もお願いしたい!」と思う方が増えていきますよ。

お客様の役に立ちたいと強く思っている

コーチに欠かせないのが誰かの役に立ちたいという思いです。

コーチングではお客様と徹底的に向き合い、目標達成に導きます。

そのため、あまり人に対して関心が持てない、一生懸命になれないという方ではビジネスとして続けていくのが辛くなるでしょう。

コーチングで起業して独立するメリット・デメリット

起業に憧れる方は多いでですが、良い面もあれば悪い面もあります。

ビジネスは人生の中で多くの時間を費やすものだからこそ、立ち上げてから後悔することはないようにしたいですよね。

そこで、コーチングで起業するメリットとデメリットをまとめました。

メリット

お客様の悩みを解決できたときの達成感が大きい

コーチのお客様は悩みや問題を抱えている人たちです。

場合によっては、悩みのせいで日常生活に支障を来している方もいるでしょう。

だからこそ、自分のコーチングのおかげで問題が解決したときの喜びはひとしおです。

月商100万円達成することも可能

コーチング起業では月商100万円以上稼ぐことも可能です。

過去には私が主宰する売上コミットアカデミーで、集客を始めてから1ヶ月目で81万円、2ヶ月目で119万円達成したコーチもいます。

この方へのインタビューをまとめた記事があるのでぜひ見てみてください。

コーチング能力が成長する

たくさんのお客様と接する中で、あなたのコーチング能力はどんどん成長していきます。

すると、さらに多くの方の力になれるでしょう。

売れっ子コーチになるのも夢ではありません。

お客様を選べる

独立すればお客様を選べるというメリットがあります。

もし、無料のセッションに来た人が「こちらの言うことを素直に聞いてくれなさそう」、「本気で解決しようと思っていないな」と感じたら、本格的に問題解決にアプローチするメインのサービスに誘導しなければ良いのです。

デメリット

まとまった売上にならないこともある

先ほど、月商100万円超えを達成したコーチの例を挙げましたが、一方で起業しても全然売上にならない人もいます。

しかし、不安になることはありません。

きちんとビジネスの正しいやり方を学んで、その通りに実践すれば初めての起業でも結果を出すことができます。

全て自分で責任を負わなくてはいけない

ビジネスをしていると、クレームが入ったり、料金が支払われなかったりと色々なトラブルに出くわします。

そんなときに全て自分で責任を負って対処しなければいけないのが起業家の大変なところです。

コーチングで起業するならトラブルの対処方法も考えておいたほうが良いでしょう。

コーチングで起業するために必要なステップ8つ 

コーチングを自分の仕事として成り立たせるためには正しい手順で準備をすることが欠かせません。

そこで、最後に売れっ子コーチになるために必要なステップを8つに分けてご紹介します。

スクールや講座でコーチングの知識をつける

コーチとして働くのに決まった資格は必要ありません。

しかし、コーチングの知識やスキルを持つことは欠かせません。

なぜなら、知識が不十分だとお客様の要望を叶えることができないからです。

スクールに通ったり、通信講座を受けたりして、まずはスキルを高めましょう。

自分の強みを見つける

世の中にコーチングをサービスとして販売している人はたくさんいます。

コーチングで収入を得るためにはその中からお客様に選ばれなくてはいけません。

そこで、あなたがどんなお客様のどんな悩みを解決できるのか明確にしましょう。

その悩みを解決できることをウリとして押し出すことで、それを求めている人からのお申し込みが入ります。

理想のお客様像を設定する

どんなビジネスでも欠かせないのがペルソナ設定です。

ペルソナとはここでは理想のお客様像のこと。

何歳で、どこに住んでいて、どんな性格で、どんな生活を送っていて・・・といったことをはっきりさせておくと、どんなSNSを使っているのか、どんな言葉が刺さるのかといったことが分かり、集客に役立ちます。

具体的な設定方法はこちらを参考にしてください。

お客様の悩みを徹底的に解決できる商品を作る

どんな悩みを解決できるのか、どんなお客様のお役に立てるのかといったことが分かったら、いよいよあなたのビジネスの核となる商品を作りましょう。

ポイントはお客様のお悩みを徹底的に解決できるものを作ること。

お客様が目標を達成するのに3ヶ月かかるとしたら、3ヶ月の長期コースを作り、具体的な内容も考えましょう。

期間が長ければそれだけ価値も価格も高くなると思いますが、堂々と相応しい金額をつけましょう。

ちなみにこうしたメイン商品のことは一般的にバックエンドと呼ばれ、売上の中心になります。

コーチングのお試し商品を作る

お客様はあなたに興味があっても、いきなり何十万もするような高額商品を買うのはためらってしまうでしょう。

そこで、あなたの商品の一部を体験できるお試し商品を作りましょう。

数千円程度、もしくは無料で利用できるセッションや短時間のコーチングを用意すれば気軽に利用してもらえるでしょう。

こうした商品はフロントエンドと呼ばれます。

ブログやSNSで発信して認知を広げる

ビジネスをするとき、いきなり集客から始める方が多いのですが、集客はビジネスの設計や商品が用意できてから行いましょう。

集客といえば、公式サイトを作ったりしないといけなくて大変そう・・・と思う方もいるかもしれませんが、コーチングならブログやSNSだけでも十分集客できます。

お役立ち情報やあなたのプライベートなどを発信してファンを増やしましょう。

お試しセッションを実施する

ブログやSNSを通してファンが増やせたら、フロンドエンドを販売しましょう。

このステップではコーチングのスキルを見せるのはもちろんのこと、あなたがお客様のお役に立てることをアピールすることが大切です。

セールスをする

フロントエンドで「自分のコーチングで悩みを解決できる!」、「この人は真剣に問題に向き合おうとしているからぜひ一緒に頑張りたい!」と思った方にはバックエンドをお勧めしましょう。

つまり、セールスを行うということですが、セールスは押し売りみたいで苦手という方が少なくありません。

こちらの記事でセールスをするときのマインドやテクニックをご紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ 

コーチングは誰かの悩みを解決するとても素敵なお仕事です。

せっかくスクールに通ったり、講座を受けたりしてスキルを身につけたなら、それを生かしてお仕事をしたいですよね。

今回ご紹介した8つのステップに沿って準備をして、一人でも多くの方の力になれるコーチを目指しましょう。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい