起業

プチ起業の基本を徹底解説|メリットやおすすめの職種、成功するコツなどをご紹介

プチ起業の基本を徹底解説|メリットやおすすめの職種、成功するコツなどをご紹介
売上コミット
コンサルタント
とみた つづみ

この記事では、今流行りのプチ起業について紹介しています。

いきなり、会社を作ってビジネスをしていかなくても、自分の得意なことを少しずつコンテンツとして提供していくことで、プチ起業から本格的なビジネスへも変わることもあります。

しかし、あなたのライフスタイルに合った働き方と好きなことを仕事にすることも大切です。

理想のライフスタイルを築いていくためのヒントになれればと思い記載していますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

集客やSNSの仕組み化、高単価商品の開発、成約率の高いセールスを身につけることでこのような結果に繋がってます。

  • ヨガ教室が4ヶ月で月商20万円→月商140万円
  • 女性コンサルタントが3ヶ月で月商0円→月商80万円
  • ケーキ教室の経営が4ヶ月で月商0円→月商60万円
  • コーチングビジネスで3ヶ月で月商0円→47万円→さらに77万円達成
  • 冨田自身は最高月商1200万、年商7000万円超えを達成 
  • 9ヶ月で最高月商2万円、当時の年収は10万円だけど、4ヶ月後には月商60万円の教室ビジネス
  • 月商0円の女性コンサルタントが2ヶ月で月商33万円達成
  • 最高月商30万円のコンサルタントが受講26日で140万円達成
  • 無料のSNSを活用して1ヶ月で公式LINEへの登録数が200人アップ
  • 集客を仕組み化して、利益率の高いコンサル業で年商3000万円の売上達成
  • LINE登録からのご相談申し込み率が25%を継続中
  • アメブロと公式LINEを使って受講3ヶ月で月商100万達成
  • インスタと公式LINEを使って受講9ヶ月で月商60万円達成
  • アメブロと公式LINEを使って受講2ヶ月で月商33万円達成
  • オンラインでの高額セールスの成約率が70%以上をキープ
  • オンラインでのコンサルで受講生の9割以上が月商3倍〜100倍以上の売上達成
  • 商品がなかった女性コンサルの商品を作り、単価18万円で販売。成約率が100%を継続中
  • 女性コンサルタントのオンラインでの高額セールスで月商140万円を達成(商品単価28万円)
  • 3ヶ月で単価100万円のコースをオンラインで販売し、成約達成
  • 教室ビジネスを協会ビジネスに変えて、月商60万超えを達成
  • 女性コーチングビジネスで商品がない状態から月商50万円超えを達成
  • インスタ広告とFaceBook広告を使って月商250万円を達成
  • インスタを活用し、フェイシャルサロンへの集客と物販で月商100万円超え
  • インスタライブからの集客で月商100万円達成
  • FaceBook集客からの売上2000万円超えを達成
  • FaceBook広告を使って、売上1300万円超えを達成
    など、他にも多数実績があります。

好きなことを生かして仕事をしたい

家で働きたい

自分でビジネスをしてみたい

こうした思いはあるものの、本格的に起業するのは気が引けて行動に移せていないという方は少なくありません。

確かに、いきなり会社を作るのはハードルが高く、リスクも大きいですよね。

実はこのように本格的にビジネスを始めるのではなく、リスクを抑えながら気軽に起業できる方法があります。

それはプチ起業です。

プチ起業とは簡単に言えば小さく自分だけのビジネスを始めること。

最初からお金をかけて会社を作る必要はありません。

好きなことや得意なことを仕事にできるため、女性でプチ起業を始める人は増えています。

しかし、今まで会社に勤めて働いていた方にとってはどんなビジネスをすれば良いのか、どうすれば収入を得られるのかなど起業について分からないことがたくさんあると思います。

そこで今回は女性におすすめのプチ起業の職種、ビジネスを成功させるポイントなど、プチ起業の基本を徹底解説していきます。

趣味や特技を生かして仕事をしたい方、隙間時間で働きたい方、将来起業をしたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

女性人気が高まっているプチ起業とは? 

プチ起業とは小さな規模でオリジナルのビジネスを始めることです。

普通の企業のように従業員を雇わず、個人で事業をするのが一般的です。

気軽に自分だけの仕事を始められるのが特徴で、本業がある人が別の仕事として始める場合もあります。

かつては起業するのは大変なことで、限られた人しかできないという考え方が一般的したが、現在は普通の主婦やサラリーマンでもビジネスを始めることが珍しくなくなり、プチ起業をする人も増えています。

会社で正社員やパートとして働いているときとは違い、自分がやりたいことをしながら働くため、プチ起業をすれば人生が充実し始めます。

プチ起業と副業の違い 

本業とは別に仕事をすると聞くと「副業」という言葉が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

副業とは本業以外で収入を得ることです。

例えば平日は本業をしている人が休みの日にアルバイトをするのは副業と言えます。

また、個人で事業をして本業以外で稼ぐ場合も副業になります。

一方でプチ起業は自分で始めたビジネスで稼ぐことのみを指します。誰かに雇われて働くことは起業とは呼びません。

つまり、プチ起業は副業の種類のうちの1つと言えます。

趣味や特技を仕事にできる。
プチ起業を始めるメリット8つ 

働いてお金を稼ぐ方法は色々あるにも関わらず、敢えてビジネスを始めることを選ぶ女性が増えているのは様々な面でメリットがあるからです。

そこでプチ起業を始めるメリットをまとめました。

1.好きなことを仕事にできる

プチ起業では自分で自由に仕事内容を決められるので、好きなことを仕事にすることが可能です。

例えば料理を作るのが好きなら料理教室の先生、恋愛が得意なら婚活コンサルタントなど人によって選択肢は無限にあります。

これまで

「好きなことを仕事にできたら幸せだけど、それができるのは一握りの人だけ」

と考える人も多かったですが、今や起業や副業を始めるのは珍しいことではなくなり、

さらにネットの普及により全国からお客様を集められるようになったことでビジネスを始めるハードルは低くなっています。

趣味や特技を生かした仕事をしたいと考えている方は今がその夢を叶えるチャンスです。

2.プチ起業で収入が増える

ビジネスを始めることで収入が増えるというメリットもあります。収入が増えれば今よりも経済的に余裕ができ、安心して暮らせたり、貯金をして将来に備えられるようになったりと嬉しい変化が生まれます。

ただし、こうしたメリットを得るためには副業でも収入を得られるように工夫して経営をすることが大切です。

3.自分のペースで仕事ができる

会社で働いていると毎日決まった時間に職場に行かなければいけません。

また、部下のミスをカバーしたり、上司からの無茶な指示をこなしたりと周りの影響を受けながら仕事をしなくてはいけません。

一方でプチ起業では基本的に一人で仕事をするので、周りに振り回されることなく自分のペースで仕事ができます。

家事や子育てなど家庭の用事があっても、プチ企業なら子供が寝ている間や学校に行っている間など隙間時間に仕事ができます。

このように余裕を持って柔軟に働けるのはプチ起業の魅力です。

4.好きな場所で働ける

一般的な仕事では職場があり、毎日通勤するのが普通ですが、プチ起業の場合は職場は基本的にありません。

特にネットを使って発信や商品の提供をするビジネスの場合やスマホやパソコンとネット環境さえあればいいので、家はもちろん、カフェや図書館など様々な場所で仕事ができます。

通勤がなく、職場を自由に選べるのはプチ起業ならではの特徴ですね。

5.人生に生きがいができる

企業に勤めているとお給料が毎月支払われるという安心感がありますが、仕事に行くのが嫌だと思っていたり、面倒に感じていたりしている人は多いです。

これでは毎日が辛くなってしまいますよね。

しかし、プチ起業なら好きなことを仕事にできるので、やりがいを持って楽しく働けます。

プチ起業はいきなり仕事を辞めて起業をする必要はなく、副業として始められるので、経済的な安心は残しつつ、人生をより充実させられます。

6.リスクが低い

本格的に起業する場合、法人を作るだけでお金がかかりますし、さらに広告や商品の制作に大きなコストをかければ、回収すべきお金が大きくなります。

しかし、プチ起業は小規模で始めるので初期投資は小さいです。そのため、普通の起業に比べるとリスクが低くなるのがメリットです。

7.社会貢献ができる

仕事を通して自分が持っているスキルを誰かのために生かすことは社会貢献になります。

そもそもビジネスとは誰かの悩みを解決することです。

例えば自分に合うファッションが分からない人のためにイメージコンサルタントとしてアドバイスをすれば、お客様はファッションを楽しめるようになりますし、エステサロンを開けばお客様は綺麗になることで自分に自信を持てるようになります。

プチ起業はこのように誰かのことを幸せにできるのはもちろんのこと、お客様の嬉しそうな顔を見て自分も嬉しくなれます。

8.本格的な開業も可能

プチ起業で始めたビジネスが軌道に乗り、収入が増え、お客様も増えてきたら本格的に開業することも可能です。

例えば自宅でサロンを開いていたら近くのテナントを借りて自分のお店を持つことができますし、他の職種でも誰かを雇ったりすることでさらに事業を大きくすることができます。

本格的な開業も考えているなら、そのときのために収入の一部を貯金しておくのが望ましいです。

お客様を集めるのが難しい。
プチ起業のデメリット4つ 

好きなことを仕事にできたり、空き時間で仕事ができたりと様々なメリットがあるプチ起業ですが、一方でデメリットもいくつかあります。

プチ起業についてさらに詳しく知るためにデメリットについても解説していきましょう。

1.集客することが難しい

起業する人の多くがぶつかる壁が集客です。

どんなに素敵な商品やサービスがあっても、お客様がいなければ売上は作れません。

私のところにも集客ができなくて悩む女性起業家の方がたくさんいらっしゃいます。

プチ起業をするときにはお客様を集められるよう、友人に声をかけたり、ブログやSNSで発信したり、近所にチラシを配ったりと色々な工夫をすることが求められます。

2.コストがかかる

小さく始めるプチ起業でも職種によっては初期費用がかかることがあります。

例えば、サロンをするなら施術をするベッドや化粧品が必要です。

オンラインでの仕事でもパソコンを用意してネット環境を整えなければいけません。

そこで、プチ起業のためにある程度は資金を準備しておきましょう。

3.本業や家事育児との両立が求められる

プチ起業をするときには本業や家事育児と上手く両立しなければいけません。

自分のビジネスに没頭して他のことがおろそかになってしまうと、会社の人や家族から不信感を抱かれてしまいます。

両立はかつて私にとっても大きな課題でした。

シングルマザーなので、自分がお金を稼がなくてはいけない。

そこで、平日は契約社員として働き、土曜日はアルバイト、日曜日は料理教室を開いていた時期がありました。

料理教室の集客はブログを使っていたので、仕事も家事も終わった夜11時からパソコンを開き、料理の写真の加工をして、半ば眠りながら朝の2時3時までブログを作っていました。

当時、睡眠時間は2〜3時間しかありませんでした。

プチ起業は空いた短時間でもできるものですが、成功を目指すなら、こうした努力も必要になることがあるかもしれません。

大変ですが、私はそれでも頑張り続けた結果、今では年商7,330万円を達成できるようになりました。

4.収入によっては確定申告が必要

副業をする場合に気をつけるべきなのが確定申告です。

本業ではない仕事でも収入が20万円を超えると確定申告が必要になります。

もし、これを忘れてしまえば所得を隠しているとみなされて罰金が課される可能性もあります。

そこでプチ起業で始めたらビジネスの収入は必ず記録しておき、年明けの確定申告の時期になったら申告をする必要があるか確認しましょう。

また、稼いだ額によっては税金を納める必要があるので、副業で稼いだ金額の一部は貯めておくと安心です。

女性におすすめのプチ起業の職種5つ 

プチ起業という働き方に憧れるけれど、具体的にどんな風にビジネスを始めたら良いか分からないという方もいるかもしれません。

そこで女性におすすめしたいプチ起業の職種を5つご紹介します。

1.コンサルタント・コーチ

コンサルやコーチはある特定の悩みを抱えている人にアドバイスやサポートをしながら問題解決をするお仕事です。

私も売上コミットコンサルタントとしてビジネスをしている人の集客・リピート・価格などのお悩みを解決しています。

他にも婚活コンサルタントやブログ添削コーチなど色々なコンサルタントやコーチ業をしている人がいます。

人の悩みを徹底的に解決するサービスため、長期間のコースを作れば商品単価を何十万円もの高額に設定することも可能です。

何か専門分野がある人や、困っている人の悩みを解決する仕事をしたい人に向いています。

2.自宅サロン

エステやアロマなど美容系のスキルを持っている人には自宅サロンを開いてプチ起業をするのがおすすめです。

サロンといえばテナントを借りて実店舗をオープンしなければできないのではと思う方もいるかもしれませんが、自宅の一部分にスペースを用意して施術をすれば家賃や光熱費をかけずに自分だけのサロンができます。

実際にエステサロンや痩身サロンなどを自宅で開いている人は多く、アメブロやインスタなどを使って発信し、お客様を集めています。

3.教室ビジネス

美容系に限らず、スキルを持っている人は教室を開いて副業をするという方法もあります。

私も友達に「料理を教えて欲しい」と頼まれて料理教室を開いたのが起業家としてのスタートでした。

他にも英会話やフラワーアレンジメントなどあらゆるジャンルで教室ビジネスが成り立ちます。教室は自宅や近くのレンタルスペースはもちろん、オンラインでも開けます。

実際にオンラインでビジネスをすることでケーキ教室の先生が月商60万円、ヨガ教室の先生が月商140万円を稼いだという例もあるんですよ。

4.在宅ワーク

自宅で自分のペースで働きたい、家事や育児の空き時間に仕事をしたいという方は在宅ワークがおすすめです。

在宅ワークには例えばライター、webデザイナー、プログラマー、イラストレーターなどのお仕事があります。

こうした職業はスキルシェアサービスやクラウドソーシングサービスといった企業や団体が仕事を外注するサービスに登録して、仕事を探すという働き方が一般的です。

納期にさえ間に合えばいつ作業をしても良いので、自由度が高いお仕事です。

5.ネットショップ

プチ起業には物を販売するという方法もあります。

今は誰でもネットショプを手軽に作れるため、個人が物を販売することが簡単になっています。

例えばハンドメイドやDIYが得意な人はオリジナルの作品をネットショップで売ることで稼げます。

また、自分で商品を作らなくても既にある商品を仕入れて販売することでも利益を得られます。

物販のビジネスでは最初から在庫を多く抱えず、様子を見ながら仕入れの量を調整することでリスクを抑えられます。

プチ起業におすすめの職種をもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

プチ起業を成功させるコツ5つ 

好きなことを仕事にしようとプチ起業を始めたものの、上手く収入を得られずに悩む人は少なくありません。

せっかく好きで始めたビジネスだからこそ、やるからにはやはり成功したいですよね。

そこで最後にプチ起業を成功させるコツをまとめました。

1.具体的な目標を決める

プチ起業を始めるなら目標設定をしましょう。

できるだけたくさん稼ぎたいという思いだけで、目標を定めずに仕事をしていても思うような結果は出ません。

これまで起業に限らず色々な目標を立ててきたけど、いつも達成できないという方がいるかもしれません。

そんな方のために目標を達成するときに大事なことをお伝えしましょう。

それは必ず目標達成するという覚悟を持つこと。

コミットする覚悟ができたら、達成するための選択肢を選ぶようになって、目標に近づけるようになります。

目標設定の方法はこちらで徹底解説していますよ。

2.あるものを生かして小さく始める

プチ起業を成功させるポイントは小さく始めることです。

いきなり大きく始めれば初期費用や維持費がかかり、売上が上がらないと支出だけが多くなって事業を畳まなければいけなくなることも考えられます。

そこで、最初から理想のビジネスを100%実現するのではなく、いつかは自分だけのサロンを持ちたいと思っていてもまずは自宅で開業したり、広告費にお金をかけずにまずはブログやSNSなど無料で使えるツールを使って集客をしたりとある物を生かして出来るだけ小さな規模で事業をすることを意識しましょう。

3.得意なことや経験があることを生かす

起業には1から新しいことを学んで知識をつけてから開業するという方法もあります。

しかし、早く成功したいなら得意なことや経験があることを生かすのがおすすめです。

経験があることの方が見込み客に対して実績をアピールできますし、新しくスキルを習得する場合に比べてどんどん行動できるため、結果が出るのが早くなります。

事業内容を考えるときには

「自分が得意なことは何か?」

「これまでどんな経験をしてきたか?」

「知人に何かを教えてと頼まれたことはなかったか?」

といったことを一度リストアップしてみましょう。

4.既に成功している人の真似をする

ビジネスで確実に結果を出すための簡単なコツがあります。

それはTTM!これは「徹底的にモデリング」の頭文字を取ったもので、結果を出している人をとことん真似するという意味です。

私が運営している売上コミットアカデミーでは実践した人みんなが結果を出している再現性が高いやり方を教えていて、それを自分でアレンジすることなくそのまま素直にすぐに実行する人ほど結果を出せています。

皆さんもプチ起業を始めるときには同じ分野で成功している人を見つけて、商品の作り方やブログやSNSでの発信方法をよく研究し、徹底的に真似をしましょう。

5.経営を学ぶ

スキルを生かして副業を始めたものの、思うように結果が出せないという人はたくさんいます。

人に教えられるほどの知識や技術があるのにどうしてお客様が集められないのか?

その答えは簡単。

経営の知識がないからです。

ある分野に詳しくても、経営のことは知らないから、ビジネスを始めても上手くいかないんです。

しかし、裏を返せば正しいビジネスの方法が分かればプチ起業も上手く行くということです。

そこで自分のやり方で経営をするのではなく、既に成功している人から結果が出せる方法を教えてもらいながら、ビジネスを成長させていきましょう。

まとめ 

プチ起業とは小さく自分だけのビジネスを始めることです。

誰にも雇われずに働くため、日々の空いた短い時間でビジネスができたり、好きなことを仕事にできたりと様々なメリットがあります。

ただし成功するためには既に成功している人に教えてもらったり、あるものを生かして小規模で始めたりといくつかコツを押さえることが大切です。

副業や起業をするのが珍しいことではなくなってきた今、やりたいことを仕事にするチャンスです。

ぜひ今回ご紹介したことを生かして夢を叶えてくださいね。

ABOUT ME
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミーとみたつづみ
売上コミットアカデミー(UCA)運営/主宰の株式会社つづみプロジェクト代表取締役 とみたつづみです。
5つの動画期間限定無料プレゼント
あわせて読みたい